Jump to content 日本-日本語
≫ 

ITソリューション >  セキュリティ

認証と検疫ソリューション HPE Quarantine System

製品概要 −機能− QuController for Remote

HPE Quarantine System

製品概要
特徴
機能
動作環境
製品構成&価格
システム構成
ライセンス体系
資料
技術レポート
カタログ(PDF 1.2MB)
事例
FAQ
お問い合わせ
HP Quarantine Systemについてのお問合せはこちら
コンテンツに進む
 

基本構成と
その働き

QuController
for Remote

 

QuController
Central/LiveOS

 

DHCPサーバ
との連携

 

情報漏えい
防止機能


QuController for Remoteの検疫実施ポイント

ウィルスやワームは、従来のサービス妨害だけでなく、ディスク上のファイルをランダムにメールで送信をするなどのふるまいもあり情報保護の観点からも重大な脅威となりつつあります。

検疫は、クライアントが接続するリモートアクセスゲートウェイの後段で実施し、リモートアクセス経由で企業ネットワークに接続しようとするすべてのクライアントを対象とします。検疫に合格した場合は、すぐに接続、不合格のクライアントは、治療等の適切な対策が完了するまで、企業ネットワークに接続できないため、ワームやウィルスが侵入する経路への強固な防衛ポイントとなります。
   
  HPE Quarantine System for Remote の検疫実施ポイント

QuController for Remoteの特徴

  • リモートアクセスでネットワーク接続しようとするクライアントに対し、MACアドレスに基づき、企業が管理するクライアントの認証を実施する。
  • 企業が認可するクライアントについて、クライアントのOSのHot Fix、Patch、AntiVirusの定義ファイル等のセキュリティ対策の状況に応じて、疑わしい対象の企業ネットワークへの接続を制限する。(コンプライアンステスト)
  • 認証、検疫で疑わしいと判断されたクライアントに対し、限定されたネットワーク環境を提供し、安全な治療対策を実施を可能にする。
HPE Quarantine System for Remote の特徴
[拡大画像を表示] このリンクをクリックすると、新しいウィンドウが開きます

QuController for Remoteのメリット

  • リモートアクセスの方法※や、特定の機種等との連携はなく、任意のシステム共存可能。既存のリモートアクセス環境を活用する事で投資保護の観点に優れている。(※Proxy Typeのものは対象としません)
  • 構成要素であるQuController for Remoteをゲートウェイと企業ネットワークの間に追加配置し、企業ネットワークへの接続の検疫を実施。

QuController for Remoteの構成と働き

  • QuManager
    • クライアントのIDとセキュリティ対策状況を集中管理
    • 検疫ポリシー管理
    • 企業ネットワークのバックボーンエリアに配置
  • QuController for Remote
    • クライアント毎のコンプライアンステスト
    • Gatewayとしてクライアント毎の接続制御
    • リモートアクセスGWと企業ネットワークの間に配置
  • QuAgent
    • クライアントのセキュリティインベントリをQuControllerに報告
    • クライアント上にインストール
HPE Quarantine System for Remote の構成と働き
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項