Jump to content 日本-日本語
≫ 

ITソリューション >  セキュリティ

認証と検疫ソリューション HPE Quarantine System

製品概要 −特徴−

HPE Quarantine System

製品概要
特徴
機能
動作環境
製品構成&価格
システム構成
ライセンス体系
資料
技術レポート
カタログ(PDF 1.2MB)
事例
FAQ
お問い合わせ
HP Quarantine Systemについてのお問合せはこちら
コンテンツに進む

HPE Quarantine Systemの実現する認証と検疫ネットワーク


HPE Quarantine Systemの特徴

  • MACアドレスに基づき、企業の認知するクライアントを認証する。
  • クライアントのOSのHot Fix、Patch、AntiVirusの定義ファイル等のセキュリティ対策の状況に応じて、疑わしい対象として検疫を実施する。(コンプライアンステスト)
  • クライアントがはじめに接続した、いつものネットワークポートに接続したままで、認証と検疫の各プロセス、検査、隔離、治療環境の提供、再接続まですべて実施する
HPE Quarantine Systemの特徴
[拡大画像を表示] このリンクをクリックすると、新しいウィンドウが開きます

HPE Quarantine Systemのメリット

  • 既存のネットワークの機器や構成の変更が不要で、既存システムに対する親和性が高く、投資保護の効果が高い。
  • システム構成要素となるQuControllerをユーザセグメントに配置するだけで、既存のネットワークがそのまま検疫ネットワークとなる。
  • クライアントのOSの制限なし、非802.1Xクライアントの認証接続制御を可能にする。

HPE Quarantine Systemで可能になること

認証と隔離:疑わしい対象かどうかを判断し対処
 
  • 認可クライアントに正常なネットワークアドレスを提供しユーザネットワークへの接続を提供。
  • 認可されないクライアントを切り離し、隔離セグメントへ移行。(接続ポートはそのままで)
  • 不正な成りすましクライアントの接続を遮断。IP通信不可能。
  検疫(治療):適切な検査と治療を実施
 
  • 隔離された未認可クライアントを検疫を実施するためのサーバ群に接続。
  • クライアントは検疫専用のGatewayを経由して、制限された環境で企業ネットワークに接続。
  • 本当に検疫が必要かどうかの検査
  • 必要があれば治療を実施
  再接続:検疫後ユーザネットワークに戻す
 
  • 検疫を終了したクライアントのステータスを変更。
  • 再接続処理
[TOP▲]

HPE Quarantine Systemを含む複合型認証検疫ソリューション

HPEのネットワークセキュリティ対策
クライアント認証接続と検疫(ワーム排斥)のための複合型システム
 
HPE Quarantine Systemを含む複合型認証検疫ソリューション


[TOP▲]
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項