Jump to content 日本-日本語
≫ 

ITソリューション >  セキュリティ

認証と検疫ソリューション HPE Quarantine System

製品概要 −機能− QuController Central/LiveOS

HPE Quarantine System

製品概要
特徴
機能
動作環境
製品構成&価格
システム構成
ライセンス体系
資料
技術レポート
カタログ(PDF 1.2MB)
事例
FAQ
お問い合わせ
HP Quarantine Systemについてのお問合せはこちら
コンテンツに進む
 

基本構成と
その働き

 

QuController
for Remote

QuController
Central/LiveOS

 

DHCPサーバ
との連携

 

情報漏えい
防止機能


小規模拠点へのHPE Quarantine Systemの展開が容易に

軽量エンフォーサを活用することで、小規模拠点に対する認証・検疫システムの導入・運用がより容易になります。
HPE Quarantine System v2では各拠点にサーバベースのQuControllerを配置する必要がありましたが、v3では各拠点には軽量のQuController Live OSを配備するだけで済みます。
センター側にQuController Centralを導入し、すべてのLive OSを集中管理することで、拠点の運用管理の負荷を下げます。
 
  • QuController Cenrtal/LiveOSの特徴
    • QuController CentralとQuController LiveOSは、QuController for LANの機能を分散することで、小規模LAN拠点への認証DHCPと検疫機能の導入を容易にします。
    • QuController for LANと同等機能を実現します。
  • QuController Central/LiveOSのメリット
    • QuController Centralをセンター側に導入し、拠点側にはQuController LiveOSを導入することで、小規模拠点での導入と運用負荷が軽減されます。
    • QuController LiveOSはCDブート方式の軽量エンフォーサでオフィス環境での設置も可能です。
    • QuController LiveOSの導入はLANセグメントに接続し電源を投入するだけです。
    • QuController LiveOSの構成情報はQuContoller Centralからダウンロードします。
  • QuController Central/LiveOSの構成と働き
    • QuController Centralはセンター側に導入されるサーバ機能です。QuController CentralはDHCPサーバ機能、検疫検査機能を受け持ちます。
    • QuController LiveOSは拠点側に導入されるコントローラ機能です。DHCP中継機能、不正クライアント検出と通信阻害機能、セキュアゲートウェイ機能を受け持ちます。

小規模拠点へのHPE Quarantine Systemの展開が容易に
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項