お見積、ご注文でお困りの場合は専門スタッフがお応え致します
まずは、お気軽にお電話ください

HPE DirectPlusコールセンター
0120-215-542

または 03-6743-6355
受付時間:月曜日~金曜日 9:00~19:00
(土曜日、日曜日、祝日、年末年始、および5月1日 お休み)

日本ヒューレット・パッカード合同会社が運営する
公式オンラインストア

HPE DirectPlus オンラインストア

電話0120-215-542 または03-6743-6355

受付時間:月曜日~金曜日 9:00~19:00 (土日祝、年末年始、5月1日お休み)

最新テクノロジーをご紹介、HPE ProLiant サーバー 解説記事

日本ヒューレット・パッカードの最新テクノロジーのご紹介や、弊社製品の詳しい解説をこちらからご覧いただけます。

「管理のための管理」からの解放―Compute Ops Managementは従来のサーバー管理の課題を解決する、中堅・中小企業にもメリットの大きい管理ツールだ。このたび国内発表に先立ち、SCSKと横河レンタ・リースの2社がいち早くCompute Ops Managementの評価検証を実施した。

「ハイブリッドワークだ」、「テレワークツール整備だ」と騒がれている昨今、チームで仕事をする際どんなことに気を付ける必要があるだろうか?日本HPEの社員が実際にハイブリッドワークを経験して気づいたことや、改めてどうしていくかという点について語る。

人気のカードゲーム「人狼」をベースにした「セキュ狼」をHPEの社員がプレイ。各社員がゲーム内の役職に扮して、サーバーをめぐるセキュリティ事情とその対策について話し合いながら、狼(人狼)にあたる「汚職者」を見つけ出す。

「ブレードサーバーねぇ、いいんだけどさ、うちの会社、200V引けないんだよね」
かつてブレードサーバーは200Vの電源が必須で、200Vはマシンルームに引けないという課題があった。そこで当時の製品担当者が、100Vで動作するブレードサーバーの実現に向けて奔走したストーリーを掲載。

パンデミックをきっかけに働き方の改革が急がれたのと同じく、企業の情報発信のあり方も工夫が必要となった。そうした背景があってHPEでは2020年に有志による動画制作チームが発足し、撮影から編集、公開まですべてHPE社内で行っている。「配信の品質が、企業そのもののプレゼンスになる」と考え、その品質向上のために心掛けていることを紹介する。

日本ヒューレット・パッカードのさまざまな社員の「こぼれ話」を綴る連載。今回は病院で使われているサーバーについて紹介する。最もイメージしやすいところでは電子カルテがあるが、その他にどのような使われ方がしているのか。また病院の電子化について、課題になっていることは何か。

パンデミックの影響によってテレワークが普及し、働き方の多様化が加速した。そして現在、次世代の働き方として注目されているのがハイブリッドワークである。実際のハイブリッドワークの経験を通して得たポイントを、日本ヒューレット・パッカードのシニアコンサルタントが紹介する。

当時のブレードサーバーの製品責任者が米国本社の開発チームと共に、それまでなかった冷却ファンを開発した話の続き。この冷却ファンのスゴさをお客さまに伝えるため、製品発表会で行ったデモの内容とは。
「目に見えない差」をお伝えするために試行錯誤した過去を振り返る。

日本ヒューレット・パッカードのさまざまな社員の「こぼれ話」を綴る連載。今回は、コロナ禍が始まった2020年に入社した”リモート第1世代”が、リモートではなく初のリアル海外出張をしたときのお話。バンコクの「邦画を上映している映画館」で見た、謎のアイドル集団とは?

過去には半導体不足がニュースになったこともあるが、その半導体の作り方はご存じだろうか。本記事ではその製造過程から始まり、半導体メーカーが如何にして不良品の割合を減らす取り組みをしているかを紹介する。
「半導体メーカーはDX最先端企業なのです。」(本文より)

サイバーセキュリティの重要性が高まっている昨今、特に注意が叫ばれているのがハードウェアに関するセキュリティである。セキュリティ対策を考える上で重要な視点、具体的に何をすべきかなどを、ホワイトハッカーの第一人者として知られる日本ハッカー協会 代表理事の杉浦隆幸氏に話を聞いた。

日本ヒューレット・パッカードのさまざまな社員の「こぼれ話」を綴る連載の第二回は、ワークスタイル・トランスフォーメーション(WX)について。新型コロナウィルスの発生と広がりによって急激なテレワークの導入を強いられた企業がある。そして今オフィス回帰(Back to Office)の流れが到来する中、リモートワークかオフィス回帰か、企業はどちらを向くべきなのだろうか。

日本ヒューレット・パッカードのさまざまな社員の「こぼれ話」を綴る連載。第一回は、ブレードサーバーの製品責任者が米国本社の開発チームと共に「今までになかった」冷却ファンを開発したときのお話。

建築物の建築確認検査を専門に手掛ける指定確認検査機関の日本ERI。その日本ERIがいま力を入れて推進しているのが「建設業界のデジタルトランスフォーメーション(DX)」である。具体的にどのような施策に取り組んでいるのか、日経BP総合研究所 イノベーションICTラボの所長、大和田尚孝氏がインタビューした。

2回にわたりサーバー乗り換えの最適解を模索していく。第2回目では最新サーバーに実装されている先進的な機能として、HPE InfoSight for Serversを詳しく解説する。

2回にわたりサーバー乗り換えの最適解を模索する記事。第1回ではマイナビニュースが2022年2月に実施した「自社サーバー管理に関するアンケート」をもとに、Windows Serverの移行における課題を確認し、最適なアプローチを導き出していく。

企業のITインフラやさまざまなITサービスを実現するうえで欠かせない「サーバ」。連載第一回ではハードウェアの視点でサーバを解説したが、第2回はソフトウェアの視点から「サーバOSにはどのようなものがあるか」について解説。各サーバOSの特徴と「どれを選ぶべきか?」について触れている。

企業のITインフラやさまざまなITサービスを実現するうえで欠かせない「サーバ」。
その利用方法や種類などの基礎的な知識とともに、セキュリティ対策や仮想化、サーバレスなど効率的にサーバを利用・管理するうえでのポイントを紹介していく。

とある企業が、5年前に導入済みのサーバーをリプレースすることになった。だがIT予算をめぐる状況は厳しく、コストはかけられない。さて、5年前と比べて同等構成で何割くらいコスト削減することかできるか?

リモート監視/管理はもちろん、導入から廃棄までライフサイクル全体を支援するiLO、存在は知っているがあまり活用できていないという管理者もいるかもしれない。ここではその機能を詳しく解説する。

テレビアニメ『富豪刑事 Balance:UNLIMITED』を制作したCloverWorksは、アニメ制作にサーバーとストレージをフル活用している。サーバーを使う理由やメリットは何なのか。

その存在を知らずに使わないのは「もったいない」。このサービスで提供される機能が運用管理現場にもたらすメリット、そしてどんなユーザーにオススメなのかを考えてみたい。

HPE DirectPlusコールセンターでは「人によるサポート」を大切にしており、専任エージェントが「見積コンシェルジュ」として構成に悩む顧客をサポートする。そんなコールセンターの「中の人」への突撃取材を実施した。

リモートでのシステム管理、DXやテレワーク対策などで負荷を増す企業の情シス部門。人手不足のなか、なんとか効率化する方法はないのか。ここでは機器の購入にまつわる業務を時短、効率化する方法を紹介する。

AMD EPYC搭載サーバーをシステムインテグレーターや販売代理店が安心して提案でき、エンドユーザー企業が安心して導入できるようにするための取り組みとは。

変化に対応できるIT基盤の実現を多面的な取り組みで強力に支援。スペシャルインタビュー

HPEの最新超小型サーバーを分解、“ネジ1本”まで観察しつくた結果、気がついた3つの視点とは。

自宅からリモート管理できる、超小型&実力しっかりの新しいMicroServerの “4つのユースケース” について考えてみる。

昨今、注目されているサプライチェーンの脅威に対しては、ハードウェアからのセキュリティ対策が重要。その最前線の対策をまとめた。

サーバ向けCPUの最新動向を紹介。予算が限られるなかのサーバ選定に悩みを感じるとき、検討すべき「別の」選択肢とは。

日本の企業ユーザーの声を生かした設計、ProLiantシリーズならではの管理性能など、業務サーバーとして注目すべきポイントをHPEのサーバー担当が解説。

HPEのセキュリティ担当ディレクターを務めるBob Moore(ボブ・ムーア)が、サイバーセキュリティ製品戦略について語った。

IT予算が限られがちな中堅・中小企業にとって、レガシーシステムのリプレースに割り当てられる予算に余裕はない。そうしたコスト問題を回避する方法とは。

Developers Summit 2020 「エッジコンピューティングの時代にサーバーはどこにいくのか、自社製品をハッキングしてもらった話」セッションレポート。

2020年3月、小規模オフィスやリモートオフィス、店舗向けの超小型x86サーバー「HPE ProLiant MicroServer Gen10 Plus」を発売。その最大の特徴は。

巧妙化するサイバー攻撃、守りが手薄な中堅・中小企業が踏み台にされる。セキュリティ対策が重要な調達基準になっている。

新たなサイバー攻撃の脅威に対抗するための、ハードウェア選定に求められる新標準のあり方などについて、HPE担当者がセッション。

サイバー犯罪は日に日に巧妙化し、輸送中のサーバハードウェアにマルウェアを仕込む手法すら存在する。ゼロトラストセキュリティを実現する方法とは。

日本HPEがサイバーディフェンス研究所に依頼し、HPE ProLiant Gen10サーバーがファームウェア改ざんにどれだけ耐えられるかを独自にテストした。

Security Online Day 2018 イベントレポート。NISTも重視するファームウェア攻撃からの復旧と最新ハードウェアセキュリティを解説した。

※掲載ページがリンク切れになる場合がございますがご了承ください。

お求めのサーバーが決まっている方はこちらからお見積へお進みください

お得なキャンペーン

サーバー導入をご検討中のお客様へ

製品ガイド

製品カテゴリ

お客様サポート

まずはHPE DirectPlusでお見積を

日本ヒューレット・パッカード(HPE)が運営する「HPE DirectPlus」は、公式オンラインストアならではのメリットが満載です。
お見積からご購入までWebサイトで完結!もちろんコールセンターでも対応いたします。
また、日頃お取引のあるHPE販売パートナー様へのご発注時には、作成したお見積の構成IDをお使いいただけるので便利です。

お問い合わせ

ご購入前のお見積・ご注文のご相談(HPE DirectPlusコールセンター)

経験・知識豊富な専門スタッフが、製品選定、構成、お見積をサポート
お客様のお悩みにお応えします。まずは、お気軽にご相談ください。
販売パートナー様もお気軽にご相談ください。

0120-215-542

フリーダイヤルをご利用できない場合
03-6743-6355

受付時間:月曜日~金曜日 9:00~19:00(土曜日、日曜日、祝日、年末年始、および5月1日 お休み)
応答メッセージが流れましたら1→2を押してください。 販売店のお客様で再販をご検討の方は、1→1を押してください。
複数台導入のご相談もこちらにお電話ください。担当のスタッフが対応致します。

お見積・ご購入のご相談・製品に関するご質問などにEメールでご返答いたします。

WEBフォームはこちら

ご購入前の製品仕様についてのお問い合わせ(カスタマーインフォメーションセンター)

電話 0120-268-186

フリーダイヤルをご利用できない場合
03-6743-6370

受付時間:月曜日~金曜日 9:00~19:00(土曜日、日曜日、祝日、年末年始、および5月1日 お休み)

ご購入後の修理依頼や技術的なお問い合わせ(レスポンスセンター)

ご登録頂いている保証・保守などにより、お問い合わせ方法が異なります。こちらをご参照ください。

HPEサポートセンター 修理・問い合わせ窓口のご案内
  • ※本ページに掲載されるHPE DirectPlus価格には配送料・消費税は含まれておりません。ご購入の際には別途配送料・消費税がかかりますので、あらかじめご了承ください。
  • ※本ページに掲載されるHPE DirectPlus価格は、カスタマイズ内容によって価格が異なりますので、あらかじめご了承ください。
  • ※本ページに掲載される製品の色、デザイン、仕様、価格、その他の情報は、予告なしに変更されることがあります。
  • ※本ページに掲載される製品画像は構成によって実際の製品と異なる場合があります。