Jump to content 日本-日本語
≫ 

ITソリューション >  セキュリティ

クライアントPCの認証・検疫とウイルス対策の連携

−管理工数を軽減しながらより強固なセキュリティを実現−

HPE Quarantine System

製品概要
特徴
機能
動作環境
製品構成&価格
システム構成
ライセンス体系
資料
技術レポート
カタログ(PDF 1.2MB)
事例
FAQ
お問い合わせ
HP Quarantine Systemについてのお問合せはこちら
コンテンツに進む

Symantec製ウイルス対策ソフトウェア + HP Quarantine System

HP Quarantine Systemでは「検疫」の機能を提供しますが、万一ウイルスが蔓延した場合にもクライアントの感染を速やかに検知し、ウイルスの排除を行うウイルス対策ソフトウェアなどのクライアントを「保護」する機能を別途組み込む必要があります。
従来、「検疫」と「保護」の機能はそれぞれ個別に管理が必要でした。

新しいHP Quarantine Systemのソリューションでは、シマンテック社の協力のもと、PCクライアントの「検疫」と「保護」の連携を可能にしました。

新しいHP Quarantine Systemのソリューションでは、Symantec Antivirus Corporate Edition(以下 SAVCE)、Symantec Client Security(以下 SCS)の状態チェックを、HP Quarantine Systemを介して実施することができます。

SAVCEは、世界中で高い評価を受けているウイルス対策ソフトです。高いウイルス検出機能、自動更新機能、未知のウイルスを検出する機能、そして優れた管理機能を備えており、スパイウェア/アドウェア対策機能を強化追加することで、企業の情報資産を最新のウイルスやスパイウェアなどから保護します。
SCS は、アンチウイルス、クライアントファイアウォール、そして侵入検知システムを統合したクライアント用の統合型セキュリティ製品です。   

Symantec製ウイルス対策ソフトウェアとHP Quarantine Systemとの連携により、クライアントの検疫と保護のポリシー管理をワンストップで行え、管理効率を向上させるとともに、より正確で確実なPCクライアントのセキュリティを実現します。


Symantecとの連携により検疫ソリューションの機能拡張を実現

Symantec製ウイルス対策ソフトウェアとHP Quarantine Systemとの連携により、クライアントの検疫と保護のポリシー管理の一元化、管理効率の向上を提供します。また、検疫ポリシーも拡張します。

  • マネージャ間の管理ポリシーの引継ぎ

SAVCE及びSCSの管理サーバに設定されたウイルス対策ポリシーを、HP Quarantine Systemの管理サーバであるQu Managerが引き継ぎ、クライアントに対するQu Agentを通じた通常の認証・検疫に加えてSAVCE,SCSの管理ポリシーの反映が可能です。

【SAVCE、SCS + HP Qu Manager】

 
  • SAVCE,SCSからHP Qu Managerへのポリシー情報の引継ぎ
  • ポリシー連携することによって、運用簡素化
  • PCクライアントにおける、ポリシー反映の連携

クライアントにインストールされるQu AgentとSAVCE及びSCSのエージェントが、APIによる連携を行い、HP Quarantine Systemの検疫項目の中に各クライアントにおけるSAVCE及びSCSの状態チェック(最終スキャン日時、パーソナルファイヤーウォールの設定など)を含めることができます。

【SAVCE、SCS + HP Qu Agent】

 
  • SAVCE,SCSとAPI連携することにより、HP Quarantine Systemの検疫ポリシーを拡張
  • 最終スキャン日時、パーソナルファイヤーウォールの設定情報などの検疫が可能に
 
Symantec製ウイルス対策ソフトウェア + HP Quarantine System
 
以上のように、HP Quarantine Systemが提供する「検疫」機能と、Symantec SAVCE,SCSが提供するクライアント「保護」機能の連携により、より高度でセキュアなクライアント環境のご提供を実現致します。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項