Jump to content 日本-日本語
≫ 

ソリューション  >  大企業向け >  ITソリューション

セキュリティ

情報セキュリティセミナー 「これからの情報セキュリティリーダーにむけて」〜米日CISOの最新事情

セキュリティ

概要
課題
  解決策
  Why HP?
シナリオ
製品・サービス
導入事例
サイトマップ
コンプライアンス
HPソリューションに関するお問い合わせはこちらから
コンテンツに進む 情報セキュリティセミナー 「これからの情報セキュリティリーダーにむけて」〜米日CISOの最新事情

イベント概要

ビジネスや社会基盤としてITの利活用が進展する中で、各省庁において、高度なセキュリティを備えたIT基盤構築・組織横断、多面的・総合的能力を有する実務家育成の必要性が指摘されています。このような実務家としての国内CISO (Chief Information Security Officer)育成を促進するため、世界水準の情報セキュリティ教育機関としてトップクラスのカーネギーメロン大学と日本ヒューレット・パッカードの共催により、情報セキュリティセミナを開催いたします。本セミナーでは、これからの情報セキュリティリーダーにむけて、情報セキュリティ戦略、情報セキュリティマネジメント、法規制・ガイドライン、先端技術動向の分野を中心に取り上げ、数回にわたり開催してまいります。

イベント詳細

日 時 2007年3月26日(月) 13:30〜17:30(13:00 受付開始
会 場 東京コンファレンスセンター 品川 コンファレンスルーム406(MAP このリンクをクリックすると、HP社外へリンクします。
主 催 カーネギーメロン大学日本校
共 催 日本ヒューレット・パッカード株式会社
定 員 100名
申込Web こちらからお申込下さい。 お申込みページ このリンクをクリックすると、HP社外へリンクします。

第一回 プログラムアジェンダ

13:30-13:40 ご挨拶
13:40-14:30
Advanced Risk Management of Information Security
CMU教授 Professor Rahul Telang (通訳あり)
14:30-14:40 休憩
14:40-15:30
企業情報セキュリティ・アーキテクチャーの考え方
日本ヒューレット・パッカード シニア・ソリューション・アーキテクト 藤田政士
企業におけるリスク管理のケーパビリティを高めるという視点から、企業の情報セキュリティ・アーキテクチャーをITガバナンスや全体最適の視点から再検討し、CISOおよびセキュリティ・アーキテクトの役割の明確化と今後の方向性について、米国HPの事例を交えて解説します。
15:30-15:40 休憩
15:40-16:30
パネルディスカッション‐これからのCISOに求められるもの
【モデレーター】 CMU日本校教授 Dr.武田圭史
【パネリスト】 CMU教授 Professor Rahul Telang
内閣官房情報セキュリティセンター参事官補佐 佐藤 慶浩
米国における研究事例や国内の政策動向等の観点から、企業・組織において期待されるCISOの役割と責任、求められるスキルなどに関して、パネルディスカッションを行ないます。
16:30-17:30
リフレッシュメント
講師陣へのご質問、ネットワーキングの場としてご活用ください。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項