Jump to content 日本-日本語

製品  >  ITサービス

HP & マイクロソフトソリューション
ユニファイド・コミュニケーション&コラボレーション

Step3 UC&C導入成功のための最短ルールと必須ポイントは?

ユニファイド・コミュニケーション&コラボレーション

カテゴリ

概要
Step1 今なぜ、UC&Cなのか
Step2 UC&Cが企業とビジネスにもたらす効果とメリットはなにか?
Step3 UC&C導入成功のための最短ルールと必須ポイントは?
Step4 なぜHPのUC&Cソリューションか?
ID管理基盤構築サービス
HP UC&C Virtual Workplace
サイトマップ
コンテンツに進む
ユニファイド・コミュニケーション&コラボレーション

≫ 概要

≫ Step1

≫ Step2

Step3

≫ Step4


Step3 UC&C導入成功のための最短ルールと必須ポイントは?

すべてを新しいシステムに入れ替え・購入する必要はありません。今既にあるコミュニケーション・インフラを活用すればUC&Cが即実現します。
今の企業にはグループウェアやIPフォンなどが導入済みで、これを放っておく手はない
企業がUC&Cソリューションの必要性を感じながら導入をためらう理由の1つが「手間もコストも膨大にかかる」という思いこみです。しかし、今や企業内には、グループウェアやIPフォン、ポータルシステムなど、様々なコミュニケーション&コラボレーション関連のツールが導入されつつあります。
これらをうまくネットワークでつないで統合できれば、ゼロからのハードウェア/ソフトウェア導入は必要ありません。「今あるモノを活用して、新しいシステムを作る」のが、UC&C導入の最短ルートにして成功の秘訣なのです。

マイクロソフトのコミュニケーション・ツールを結んでいくと、たちまちUC&Cシステムに
とりわけUC&C導入にメリットを発揮するのが、マイクロソフトのBPIO(Business Productivity Infrastructure Optimization)製品群です。やや耳慣れないかもしれませんが、グループウェアであるExchangeやポータル製品のMOSS(SharePoint)と言えば、「ああ、それならウチも使っている」という人は多いでしょう。
これらはすべてWindowsプラットフォーム上でのシームレスな連携が保証されているため、UC&C構築ツールであるMicrosoft Office Communications Server(以下OCS)などを使って統合すれば、即座にUC&Cシステムを構築できます。
また普段使い慣れたMicrosoft Officeをフロントエンド・ツールとして使えるため、特別なトレーニングなしにUC&Cが利用できます。更に、OCSのクライアントアプリケーションであるMicrosoft Office Communicatorは、インスタント・メッセージやプレゼンス確認などの機能を提供し、モバイルまでを含んだ多彩なリアルタイム・コミュニケーションを実現します。

成功のポイントは高度な専門知識と技術力、そして数多くの実績を持つSIerを選ぶこと
それでは、実際に社内にあるマイクロソフト製品群を使ってUC&Cを導入するには、どうしたらよいのでしょうか? UC&Cは複数の多彩なアプリケーションやサービスを統合して作り上げるシステムだけに、専門の知識と経験を持つインテグレーターの存在は欠かせません。またUC&Cは導入までのスピードが重視される点でも、システムを熟知したSIerを探すことが最優先であり最速のルートです。こうした条件を満たすSIerの1つがHPです。

クライアントPC環境最適化(VDI)
このページのトップへ
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項