Jump to content 日本-日本語

製品  >  ITサービス

HP & マイクロソフトソリューション
ユニファイド・コミュニケーション&コラボレーション

Step2 UC&Cが企業とビジネスにもたらす効果とメリットはなにか?

ユニファイド・コミュニケーション&コラボレーション

カテゴリ

概要
Step1 今なぜ、UC&Cなのか
Step2 UC&Cが企業とビジネスにもたらす効果とメリットはなにか?
Step3 UC&C導入成功のための最短ルールと必須ポイントは?
Step4 なぜHPのUC&Cソリューションか?
ID管理基盤構築サービス
HP UC&C Virtual Workplace
サイトマップ
コンテンツに進む
ユニファイド・コミュニケーション&コラボレーション

≫ 概要

≫ Step1

Step2

≫ Step3

≫ Step4


Step2 UC&Cが企業とビジネスにもたらす効果とメリットはなにか?

意志決定のスピードアップとデータ資産の有効活用を通じて、ビジネスの成長を加速する一方で、従来は削減できなかったコストを極小化します。
必要な時に必要な相手とコミュニケートでき、意志決定が格段にスピードアップ ビジネスの成長と抑制を可能にするUC&C
これまでは、例えば誰かに至急連絡を取りたい場合も、電話でつかまらなければメールを送り、返事が来るまで動けないといったタイムロスがしばしばでした。しかしUCシステムなら、プレゼンス情報を把握しながら、電話、メール、IMなど最適・最速の方法で確実に連絡をとれるようになります。

社内にある知識リソースの集約・活用や、社内外との連携・協働作業の基盤構築が実現
コンタクトセンタに来た顧客からの問い合わせを、即座に専門家のいる場所に転送すれば、より迅速に顧客満足度の高い対応が可能になり、社内に分散する知識リソースを集約したナレッジ・センタ化を実現します。
また、ビジネステレフォニーやコンタクトセンタなどの共通ソフトウェアプラットフォームを構築して、パートナーやサプライヤーと容易に連携し、リアルタイムに協力・協働できる体制もUC&Cならば可能です。

データベースなどの情報資産を活用し、より的確な営業アプローチや経営判断が可能
経営判断や意志決定にもUC&Cは大きく貢献します。例えば営業マンが社外から営業データベースにアクセスすることで、出先でも精度の高い確認やそのデータにもとづく具体的な提案が行えるようになります。
また、経営層やマネージャが財務、経理データベースのデータを自由に参照できれば、状況の変化に即座に対応した意志決定や判断が可能になり、経営のアジリティ向上に大きく貢献できます。

電子会議やインスタント・メッセージの活用により、出張の移動コストやタイムロスが一挙に削減
全国に拠点を展開する企業などでは、本社でのわずか1時間の会議のために出張するといったことも多く、交通費や時間など多くの移動コストをさいていました。これをテレビや電話を通じたビデオ会議に変更すれば、一挙にコスト削減できます。
また、会議室の確保も不要なので、必要な時にすぐミーティングを招集でき、急を要する事態にも即判断・即行動できる体制づくりが実現します。

「UC&Cが注目される理由と背景」を数字で見る

増大するデータ量を、離れた拠点の人々が共有するにはUC&Cが不可欠のインフラに
ある調査データによると…「この7年間に作成されたビジネスデータや情報の量は、1999年以前の全データの合計を上回ります。」「ナレッジワーカーの90%は本社以外で、また40〜70%は上司とは別の場所で勤務しています。」「ネットワーク上の従業員数(地理的に上司から離れたオフィスで勤務する従業員)は、2000年以降、800%増加しました。」「現代のナレッジワーカーは、平均で51件を超えるメッセージを最大7ヵ所で受信しています。」

これからのナレッジワーカーにとって、UC&Cは「当たり前のインフラ」として認識
現在の若手従業員は、既に子ども時代からインターネットに親しみ、当たり前の環境として使用してきています。このため、都市部の企業が採用する予定の新卒者の中には、インスタント・メッセージングを導入していない組織での勤務を拒否しているという報告もあるほどです。

このページのトップへ
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項