Jump to content 日本-日本語

製品  >  ITサービス

HP & マイクロソフトソリューション
ユニファイド・コミュニケーション&コラボレーション

概要

ユニファイド・コミュニケーション&コラボレーション

カテゴリ

概要
Step1 今なぜ、UC&Cなのか
Step2 UC&Cが企業とビジネスにもたらす効果とメリットはなにか?
Step3 UC&C導入成功のための最短ルールと必須ポイントは?
Step4 なぜHPのUC&Cソリューションか?
ID管理基盤構築サービス
HP UC&C Virtual Workplace
サイトマップ
コンテンツに進む
ユニファイド・コミュニケーション&コラボレーション

概要

≫ Step1

≫ Step2

≫ Step3

≫ Step4


4Stepで理解するUC&C

「ユニファイド・コミュニケーション&コラボレーション(以下UC&C)」というキーワードが、企業の間で大きな注目を浴びています。不況下にあっては、かぎられた人手で最大のビジネス・パフォーマンスとコストダウンを実現することが、生き残る上での至上命題です。
HPが提供するUC&Cソリューションは、マイクロソフトとの20年にわたるパートナーシップをもとに、導入のためのコンサルティングからプラン策定、開発、そしてサポートまでをワンストップで提供します。最新のテクノロジーと圧倒的な導入実績を誇り、トータルUC&Cソリューションとして高い評価を獲得しています。

コミュニケーション・インフラの乱立により、ビジネスはかえって遅くなる

例えば、平均的な従業員への調査によれば、同僚への連絡の33%以上は1回でつながりません。業務で使用するインスタント・メッセージの50%以上は電話に転送されてしまいます。また複数の通信手段の存在がネットワークに過負荷を与え、伝送時間の遅延や過大な運用コストを生んでいます。

情報へのアクセスという点でも、同じ問題が生じています。営業担当者が最新の売上や在庫データを知るために、各部門のデータベースからそれぞれデータを出してもらう必要があります。複数の業務システムから上がってくる経営指標を、経営陣がひと目で把握できるデスクトップがありません。…といった例は枚挙にいとまがありません。

このように、迅速な意志決定のために導入されたはずのコミュニケーション&データアクセス環境が、部分最適を深めた結果、かえって社員の手間を増やし、ビジネスの効率を引き下げてしまうという逆の結果を生んでいます。

人と人とのコミュニケーションをICT(Information and Communication Technology)で効率化すればビジネスは変わる

こうした事態を打破するには、通信機能やワークフローアプリケーションなど、乱立・錯綜したコミュニケーション・インフラをネットワークで統合化し、リアルタイムかつシームレスな意志決定&遂行を実現する仕組み=UC&CのためのICTシステムが欠かせません。
このページのトップへ
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項