Jump to content 日本-日本語
≫ お問い合わせ

サービス

コース詳細

HPE教育サービス

キャンペーン情報

キャンペーン一覧

定期コース

全コース一覧
製品別コースフロー
コーススケジュール
取得可能資格一覧
カタログデータシート
コースお申込
受講規定
お取引条件書

おトクな受講権

HPE Training Credits

一社向け研修

一社向け研修サービス

eラーニングソリューション

e-ラーニング・サービス

会場案内

よくあるご質問(FAQ)

認定試験

HPE認定プロフェッショナル・プログラム

パートナー関連サイト

イベント・セミナー情報

HPE education world wide

教育サービスサイトマップ

サイトマップ

本社会場で受講しよう!昼食無料、リフレッシュできます
HPE教育サービス ガイド発行しました
HPE教育サービス紹介動画
Training Credits DirectPlusにてオンライン販売中
コンテンツに進む
コースコード コース名
HPE教育サービス Linux研修コース | HPE 日本(日本ヒューレット・パッカード株式会社)
YS61266 [キャンペーン中]RH301 RHCE (Red Hat Certified Engineer) 速習エキスパートコース
日数   受講料
4日間( 9:30 〜 17:00 ) ¥240,000  (税込¥252,000)
カテゴリ名
Linux研修コース
スケジュール
5月31日までに受講が完了するコースに限り20%割引のキャンペーン実施中!
専用申込書でのお申込みに限り割引いたします。専用申込書はこちらから。
※Web、FAX申込書等の専用申込書以外のお申込は割引が出来ませんのでご注意ください。

スケジュール表はこちらから
≫ コースお申込フォームへ
概要
以下の実務能力をもつシステム管理者となること。
  • Red Hat Enterprise Linuxのインストールおよび設定
  • ハードウェア仕様の理解
  • 基本的なネットワーク環境やファイルシステムの設定
  • X Window Systemの設定
  • 基本的なセキュリティ設定
  • 一般的なネットワーク(IP)サービスのセットアップ
  • 基本的な検証やトラブルシューティングの遂行
  • 必須とされるRed Hat Enterprise Linuxシステム管理の実践
前提条件
RH033、RH133、RH253コースを受講した方、またはUNIXで同等の経験をお持ちの方
(TCP/IPによるLAN/WANの基礎的なインターネット業務、NFS,HTTP,DNS,FTP,NIS,DHCPやその他のネットワークサービスを構築する知識または経験、およびセキュリティに関する知識や経験)

重要:本コースは難解です。
本コースは、実務としてシステム管理者を経験している方や、UNIX(あるいはLinux)のパワーユーザである方を対象としています。上記前提条件は、本コース受講にあたり必須の条件となります。
対象者
UNIX(あるいはLinux)のシステム管理の実務経験およびHTTP,DNS,NIS,DHCP等の重要なネットワークサービス運用経験を持ち、RHCE認定試験のために速習したいLinux(あるいはUNIX)システム管理者
コース内容
  1. ハードウェア、デバイス設定およびインストール
  2. ブートプロセス
  3. Linuxファイルシステム管理
  4. RPMによるソフトウェアの管理
  5. ユーザの管理
  6. システム管理ツール
  7. カーネルサービスと設定
  8. HTTPサービス
  9. ネットワークファイル共有サービス
  10. DNS
  11. 電子メール
  12. xintd、OpenSSH、DHCP
  13. X Window System
  14. サービスセキュリティ
  15. トラブルシューティング
※本コースはレッドハット株式会社主催コースです。
・講習終了時間 17:00〜17:30(進行状況によって異なります)
・自習時間 18:00まで

>>TOPへ

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項