Jump to content 日本-日本語
≫ お問い合わせ

サービス

コース詳細

HPE教育サービス

キャンペーン情報

キャンペーン一覧

定期コース

全コース一覧
製品別コースフロー
コーススケジュール
取得可能資格一覧
カタログデータシート
コースお申込
受講規定
お取引条件書

おトクな受講権

HPE Training Credits

一社向け研修

一社向け研修サービス

eラーニングソリューション

e-ラーニング・サービス

会場案内

よくあるご質問(FAQ)

認定試験

HPE認定プロフェッショナル・プログラム

パートナー関連サイト

イベント・セミナー情報

HPE education world wide

教育サービスサイトマップ

サイトマップ

本社会場で受講しよう!昼食無料、リフレッシュできます
HPE教育サービス ガイド発行しました
HPE教育サービス紹介動画
Training Credits DirectPlusにてオンライン販売中
コンテンツに進む
コースコード コース名
YS61203

SSS-F 情況対応シリーズ:基礎編
対人関係を円滑化する鍵はここにある!ソーシャルスタイルの理解
日数   受講料
1日間( 9:00 〜 18:00 ) ¥48,000(税抜)
カテゴリ名  
プロフェッショナルスキル研修コース
スケジュール
スケジュール表はこちらから
≫ コースお申込フォームへ
概要
組織で働いている限り、対人関係での摩擦は避けることができません。対人関係の問題から逃げることもできますが、それでは仕事で結果を出すことができません。一方、対人関係の問題解決に積極的に取り組んでも、打つ手が裏目に出てしまい、さらに関係が悪くなってしまうこともあります。対人関係はどうして難しいのでしょうか。
対人関係を円滑にする鍵のひとつとして、周囲の人々の個々人の特性を理解し、相手が安心できる形で対応することが挙げられます。相手の長所を認め、無理のない範囲で、相手の好む雰囲気や仕事の進め方を受け入れて対応することにより、相手との間の対人関係を良好にし、相手と自分、さらには周囲の仕事の生産性を高めることができます。
前提条件
事前調査:「SSP ソーシャル スタイル プロフィール調査」
参加者の言動が周囲からどのように受け取られているかという点に関する調査を、事前に実施します。
その結果は、研修中、参加者に直接渡されます。
対象者
若手、中堅などを含む、すべての社員
コース内容
  1. ソーシャルスタイルと対応性の理解
    • オリエンテーション:対人対応力の重要性
    • 言動の認識とその影響:他者に対して持つ異なる認識/ソーシャル スタイルの前提
    • 4つのソーシャル スタイル:4つのソーシャル スタイルの構成要素
    • スタイルの理解:各スタイルの言動上の特徴/スタイル調査結果のフィードバック/各スタイルが組織にもたらす強みや価値
    • 対応性の必要性:対応性のケーススタディ/対応性に関する結論/ 対応性の調査結果のフィードバック
    • スタイル調整のスキル:それぞれのソーシャル スタイルへの対応のポイント

※本プログラムは「SSS:情況対応シリーズ」のモジュールTと同じ内容です。
※本コースはウィルソン・ラーニング ワールドワイド株式会社主催コースです。

このページのトップへ

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項