At a glance
スケジュールと申し込み ITIL/ITSM研修コース
コースお申込フォーム
コースコード HU0C7S
日数(開始時間〜終了時間) 1日間 (10:00〜18:30)
実施方法 ・クラスルーム (本社)
1社研修・オンサイト研修
受講料 80,000円(税抜)

コースの特徴

ITIL Version3 ファンデーションの資格をお持ちの方を対象に、ITIL 4との差分をご説明します。
認定試験に合格すれば、ITIL® 4ファンデーション認定資格を取得できます。
HPEオリジナルテキスト日本語版を使用します。

ITIL 4は日本語版がまだリリースされておりません。英語版開始からおよそ半年後に翻訳開始予定とされております。2019年2月に英語版がリリースされたので、日本語版は2019年8月以降になる予定です。日本語版がリリースされるまでは以下の構成で研修をご提供いたします。
試験は英語です。
ご注意!:ファンデーションブリッジ試験(Version3との差分だけを問う試験)はありません。本研修でご受験いただける試験は、ITIL® 4ファンデーションです。
模擬試験は英語です。
テキストは日本語です。日本人講師が日本語で研修を進めます。
研修で使用する「ITIL Foundation ITIL4 Edition」は英語です。この書籍は研修当日に教室にて差し上げます。ITIL®の公式書籍です。
講義は日本語テキストを中心に進めます。補助資料として「ITIL Foundation ITIL4 Edition」を適宜参照します。

コースの概要

ITIL Version 3とITIL 4のファンデーションの差分をご説明します。サービスバリューシステム(SVS)、サービスマネジメントの4つの側面(組織と人材、情報とテクノロジー、パートナーとサプライヤ、バリューストリームとプロセス)、サービスバリューチェーン、7つの原則(価値に着目する、現状から始める、反復して進化する、コラボレーションと見える化、包括的に考え働く、シンプルにする、最適化と自動化)、およびサービスマネジメントのプラクティスを習得できます。 ITIL 4は、特定のベンダーやテクノロジーに依存しないベストプラクティスです。カスタマーエクスペリエンス、バリューストリーム、デジタルトランスフォーメーションなどの視点から、ITIL V3で確立されたITSMのプラクティスを大幅に見直し、リーン、Agile、DevOpsなどを取り入れて進化させることで、サービスマネジメントの幅広い課題に対処します。

認定試験合格後に発行される認定証はPDFです。認定証は試験機関のWebサイトよりダウンロードできます。

ITIL試験の受験のためには、PEOPLECERT社にアカウントを登録しておく必要があります。 ご登録はご受講いただくコースの初日中には完了しておいてください。
こちらからご登録をお願いいたします。
既にPEOPLECERT社にアカウントをお持ちの方は、登録済みのプロファイルを確認して、未入力の必須項目がないか、入力内容に間違いがないかをご確認ください。
ご注意:アカウントのプロファイルに不備がある場合、PEOPLECERT社は試験結果を保留にし、訂正されるまで連絡しません。

前提知識

  • ITIL Version3ファンデーションの資格をお持ちである事。
事前に十分復習をしておいてください。

主な対象者

  • ITIL Version3 ファンデーションの資格をお持ちの方で、ITIL4フレームワークの基本的な概要を習得したい方
  • ITIL4とサービスマネジメントの概念を適用して、顧客にとっての価値を創造したい方
  • すでにITILを使用しており、ITIL 4の新しいサービスマネジメントのプラクティスに関する知識を深めたい方
  • ビジネスマネージャ、ビジネスプロセスオーナー、IT組織とやり取りするビジネスパーソン
  • その他、ITサービスのスピード、品質、およびコストの改善に関心のある方

コースの目的

このコースを修了すると以下のことができるようになります。
  • サービスマネジメントの4つの側面を理解し、それらをバランスよく使用して価値を創造するための方法を説明する
  • サービスバリューシステム(SVS)を理解し、SVSがどのようにビジネスと共同して価値を創造するかを説明する
  • サービスバリューチェーンを理解し、実装する
  • ITIL® 4ファンデーション認定試験の準備と受験に必要な知識を習得する

コースの説明

このコースでは以下のトピックを扱います: (内容は変更となる場合がございます)

1.サービスマネジメントの主な概念と定義
  • ・価値、およびプロバイダと顧客による共同での価値創造
  • ・製品とサービス
  • ・組織、サービスプロバイダ、サービスカスタマー、その他の利害関係者
  • ・サービスリレーションシップ
2.サービスマネジメントの4つの側面
  • ・組織と人材
  • ・情報とテクノロジー
  • ・パートナーとサプライヤ
  • ・バリューストリームとプロセス
3.ITILサービスバリューシステム(SVS)
  • ・従うべき原則
  • ・サービスバリューチェーン
  • ・ガバナンス
  • ・ITILマネジメントプラクティス
  • ・継続的改善
4.サービスバリューチェーン
  • ・計画
  • ・改善
  • ・エンゲージ
  • ・デザインとトランジション
  • ・調達と構築
  • ・提供とサポート
5.ITILマネジメントプラクティス
  • ・以下のプラクティスの概要
    • ・情報セキュリティ管理
    • ・関係管理
    • ・サプライヤ管理
    • ・IT資産管理
    • ・モニタリングおよびイベント管理
    • ・リリース管理
    • ・サービス構成管理
    • ・展開管理
    • ・継続的改善
    • ・変更コントロール
    • ・インシデント管理
    • ・問題管理
    • ・サービス要求管理
    • ・サービスデスク
    • ・サービスレベル管理
  • ・以下のプラクティスの詳細
    • ・継続的改善
    • ・変更コントロール
    • ・インシデント管理
    • ・問題管理
    • ・サービス要求管理
    • ・サービスデスク
    • ・サービスレベル管理
6. ITIL 4 ファンデーションの認定試験対策
7. ITIL 4 ファンデーション認定試験

ITIL®is a registered trade mark of AXELOS Limited