At a glance
スケジュールと申し込み Linux研修コース
コースお申込フォーム
コースコード HT2U3M
日数(開始時間〜終了時間) 1日間(9:30〜13:30)
実施方法
受講料 50,000円(税抜き) 55,000円(税込み)

試験の概要

実技形式の Red Hat Enterprise Linux 8 向け RHCE 認定試験 (EX294) では、Red Hat® Ansible® Engine を使用して複数のシステムを管理し、Ansible で多数のシステムで一般的なシステム管理タスクを実行するための知識とスキルを試験します。この認定試験で試されるスキルは、多数の Red Hat 製品のシステム管理の基礎をなすものです。

この試験に合格すると、Red Hat 認定エンジニアに認定されます。RHCE® の取得以降も学習を継続する受講者については、最高レベルの認定である Red Hat 認定アーキテクトの取得に向けた学習パスの基礎ステップにもなります。

このコースは Red Hat® Enterprise Linux 8 と Red Hat Ansible Engine 2.8 に基づいています。

(学習内容サマリー)

主な対象者

  • スキルの検証を望む、または組織または通達 (DoD 8570 指令) の要請により資格が必要な、熟練した Red Hat Enterprise Linux システム管理者
  • Red Hat システム管理 III: Linux Automation with Ansible (RH294) を受講済みで、Red Hat 認定エンジニア (RHCE) を目指す受講者
  • Red Hat 認定アーキテクト (RHCA) を目指す受講者
  • 複数のシステムを管理する能力を実証したいシステム管理者
  • DevOps 環境で作業し、ワークロードの一部を自動化する能力を実証したい IT プロフェッショナル
  • 資格が最新ではない、またはまもなく最新ではなくなるので RHCE として再認定を望む、Red Hat 認定エンジニア

前提知識

  • Red Hat システム管理 I (RH124) と Red Hat システム管理 II (RH134) の両方、または RHCSA 速習コース (RH199) を受講済み、または Red Hat Enterprise Linux のシステム管理者として同等の業務経験を有する
  • Red Hat システム管理 III: Linux Automation with Ansible (RH294) を受講済みであるか、同等の実務経験を有する
  • RHCSA 認定試験 (EX200) の試験内容を確認する
  • Red Hat Enterprise Linux 8 向け RHCE 認定試験 (EX294) の試験内容を確認する

試験の内容

試験の学習ポイント
RHCE 試験の受講者は、Red Hat 認定システム管理者が担当する、以下のようなタスクをすべて処理できることが前提となります。


Red Hat 認定システム管理者として担当するすべてのタスクを実行する能力

  • 基本的なツールの理解と使用
  • 稼働中のシステムの運用
  • ローカルストレージの設定
  • ファイルシステムの作成と設定
  • システムのデプロイ、設定、保守
  • ユーザーとグループの管理
  • セキュリティの管理

Ansible のコアコンポーネントの理解

  • インベントリー
  • モジュール
  • 変数
  • ファクト
  • Play
  • Playbook
  • 設定ファイル
  • 提供されたドキュメントを使用した、Ansible モジュールとコマンドに関する特定の情報の検索

Ansible 制御ノードのインストールと設定

  • 必要なパッケージのインストール
  • 静的ホスト・インベントリー・ファイルの作成
  • 設定ファイルの作成
  • 静的インベントリーと動的インベントリーの両方を使用した、ホストのグループの定義
  • 並列処理の管理

Ansible 管理対象ノードの設定

  • SSH キーを作成して管理対象ノードに配布
  • 管理対象ノードで特権エスカレーションを設定
  • Ansible のアドホックコマンドを使用して作業用設定を検証

管理タスクのスクリプト作成

  • シンプルなシェルスクリプトの作成
  • Ansible のアドホックコマンドを実行するシンプルなシェルスクリプトの作成

Ansible の Play と Playbook の作成

  • 一般的に使用される Ansible モジュールの処理方法についての知識
  • 変数を使用したコマンド実行結果の取得
  • 条件文を使用した Play の実行制御
  • エラー処理の設定
  • システムを特定の状態に設定するための Playbook の作成

以下に対応する、Ansible モジュールを使用したシステム管理作業

  • ソフトウェアパッケージとリポジトリ
  • サービス
  • ファイアウォールルール
  • ファイルシステム
  • ストレージデバイス
  • ファイルコンテンツ
  • アーカイブ
  • スケジュールされたタスク
  • セキュリティ
  • ユーザーとグループ

Role を使用した作業

  • Role の作成
  • Ansible Galaxy からの Role のダウンロードと使用

高度な Ansible 機能の使用

  • テンプレートの作成および使用による、カスタマイズ済み設定ファイルの作成
  • Playbook で Ansible Vault を使用した機密データの保護

Red Hat のすべての実技試験と同様に、再起動後も自動で設定が維持されるようにする必要があります。

準備

Red Hat では、準備として Red Hat システム管理 I (RH124)、 Red Hat システム管理 II (RH134)、および Red Hat システム管理 III: Linux Automation with Ansible (RH294) の受験を検討することをお勧めします。このコースへの参加は必須ではなく、試験のみを受けることもできます。

Red Hat のトレーニングコースに参加することは、試験対策として重要ですが、試験の合格を保証するものではありません。それまでの経験、訓練、適性なども試験に合格するための重要な要素となります。

Red Hat 製品のシステム管理に関するさまざまな書籍や情報が提供されています。Red Hat では、そのような資料のいずれも試験対策ガイドとして公認していません。とはいえ、そのような追加情報は理解を深めるのに役立つことがあります。

試験の形式

この実践的で実用的な試験では、Red Hat Ansible Engine を使用して現実的なタスクを実行することが求められます。与えられた複数のシステムで Ansible Engine をインストールして構成し、実際の業務で行うものと類似した標準的なシステム管理タスクを実行する必要があります。

Ansible Playbook を作成し、この Playbook を使用してシステムの特定のロールと動作を設定します。作業内容は、試験中に作成された Playbook を新たにインストールされたシステムに適用し、このシステムとサービスが指定どおりに動作するかどうかを検証することで、評価されます。

試験中に、試験の目的に関して達成すべきタスクの一覧が提供されます。ほとんどの場合、それぞれのタスクで最終的に達成すべき状態が説明されています。試験結果は、システムが指定された基準に達しているかどうかに応じて評価されます。

試験中、受験者はインターネットにアクセスすることはできず、資料や電子文書を持ち込むことも許可されません。ノートや書籍、その他の資料も持ち込めません。大半の試験では、製品に付属のドキュメントを試験中に使用できます。

この試験は、リモート試験形式としてバーチャルに受験することもできます。

試験結果と通知方法

試験の正式な結果は、Red Hat Certification Central から送付されます。試験官やトレーニングパートナーが受験生に直接結果を報告することは認められていません。通常、試験結果は米国の 3 営業日以内に送付されます。

試験結果には合計得点のみ記載され、個々の項目ごとの成績は通知されません。また、それに関するお問い合わせには回答しかねますので、あらかじめご了承ください。

※本コースはレッドハット株式会社主催コースです。