Jump to content 日本-日本語
≫ お問い合わせ

サービス

コース詳細

HPE教育サービス

キャンペーン情報

キャンペーン一覧

定期コース

全コース一覧
製品別コースフロー
コーススケジュール
取得可能資格一覧
カタログデータシート
コースお申込
受講規定
お取引条件書

おトクな受講権

HPE Training Credits

一社向け研修

一社向け研修サービス
新人研修/新入社員研修

eラーニングソリューション

e-ラーニング・サービス

会場案内

よくあるご質問(FAQ)

認定試験

HPE認定プロフェッショナル・プログラム

パートナー関連サイト

本社会場で受講しよう!昼食無料、リフレッシュできます
データセンター受講者インタビュー
HPE教育サービス ガイド発行しました
HPE教育サービス紹介動画
Training Credits DirectPlusにてオンライン販売中
コンテンツに進む
コースコード コース名
HK835S RH200 RHCSA速習コース + RHCSA認定試験
日数   受講料
5日間( 9:30 〜 17:30 ) ¥305,000(税抜)
カテゴリ名  
Linux研修コース
スケジュール
スケジュール表はこちらから
≫ コースお申込フォームへ
概要
RHCSA速習コース + RHCSA認定試験(RH200)は、RHCSA認定資格の取得に必要なスキルセットを効率的に習得(あるいは確認)したい、経験豊かな Linux 管理者向けにデザインされたコースです。効果的な学習形態を通じて、システムのインストールから、既存のネットワークサービスへの接続など、広範囲に渡るシステム管理の手法を効率的・網羅的に学習していくことが可能です。
本コースでの受講対象者は、既にコマンドラインでの操作を(ある程度の速度で)使用出来ている必要があります。基本的なコマンド(cp / grep / sort / mkdir / tar /mkfs / sshなど)を実行するとともに、manなどのオンラインマニュアルを参照しながら作業を行う能力も事前に備わっていることが要求されるでしょう。
RH200コースでは、コースの最終日にRHCSA認定試験が含まれていますので、自身の学習効果をすぐに成果として証明することが可能です。
前提条件
  • フルタイムLinux管理者としての経験1〜3年
  • 次のスキル:
    • Bashシェルの使用とコマンドラインからのファイルとディレクトリの管理
    • ローカルおよびリモートプリンタの印刷キューの設定
    • 基本レベルでのシステムリソースの監視(ps、kill)
    • システムソフトウェアの管理(yumを使用したパッケージのインストールとアップデート)
    • DHCPを使用したネットワーク接続の確立
    • ローカルユーザー/グループアカウントの管理
    • ローカル物理ストレージの管理
    • GUIによるベアメタルシステムへのLinuxのインストール
対象者
  • 現在、企業レベルでサーバーを管理するLinuxまたはUNIXシステム管理者の経験者
  • RHCSA認定を所有したいLinuxシステム管理者の経験者
コース内容
  • ローカルストレージのインストール、設定、管理
  • ネットワークサービスの実装、保守
  • ネットワークサービス:VNC, SSH, FTP, web
  • ACLを用いたファイルのセキュリティ管理
  • Firewall, SELinuxを用いたネットワークサービスのセキュリティ管理
  • KVMを利用した仮想マシン管理
  • kickstartを利用したインストールの自動化

※本コースはレッドハット株式会社主催コースです。
・講習終了時間:17:00〜17:30(進行状況によって異なります)
・自習時間:18:00まで

このページのトップへ

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項