Jump to content 日本-日本語
≫ お問い合わせ

サービス

コース詳細

HPE教育サービス

キャンペーン情報

キャンペーン一覧

定期コース

全コース一覧
製品別コースフロー
コーススケジュール
取得可能資格一覧
カタログデータシート
コースお申込
受講規定
お取引条件書

おトクな受講権

HPE Training Credits

一社向け研修

一社向け研修サービス

eラーニングソリューション

e-ラーニング・サービス

会場案内

よくあるご質問(FAQ)

認定試験

HPE認定プロフェッショナル・プログラム

パートナー関連サイト

イベント・セミナー情報

HPE education world wide

教育サービスサイトマップ

サイトマップ

本社会場で受講しよう!昼食無料、リフレッシュできます
HPE教育サービス ガイド発行しました
HPE教育サービス紹介動画
Training Credits DirectPlusにてオンライン販売中
コンテンツに進む
コースコード コース名
HK265S JB295 JBoss Enterprise Application Development コース
日数   受講料
4日間( 9:30 〜 17:30 ) ¥294,000  (税抜¥280,000)
カテゴリ名  
Linux研修コース
スケジュール
スケジュール表はこちらから
≫ コースお申込フォームへ
概要
初級から中級のJava開発者を対象とするコースで、Java EEのフレームワークや仕様、APIについて学習していただきます。また、EclipseベースのJBoss Developer Studioを使用し、Java EE対応のアプリケーションの作成に必要な知識とスキルを身につけることができます。

更にSeamやHibernateそして機能的なJavaアプリケーションを作成する為に必要な技術について、豊富なハンズオンを用いたトレーニングを実施致します。
前提条件
次のような基本的な知識をお持ちの方向けのコースです。
  • Javaプログラミングの経験があり、できればJava EE経験者の方
  • 初めてJBossへのマイグレーションを経験するJEE開発経験者の方
  • HTMLやJavaでのWebアプリケーション開発を経験し、業務上問題無く対応できる方
  • JavaスクリプトやRDBMS(SQL)の基本的スキルをお持ちの方
対象者
Javaアプリケーション開発者
コース内容
  • Unit 1 - Introduction to the JEE application stack, and JBoss EAP server technologies with a focus on web UI development
  • Unit 2 - Unit testing tools and methodologies, as well as integration of tests with JBDS and Ant for continuous testing
  • Unit 3 - Beginning discussion about the business layer, including topics of code separation, business logic, and how the JEE stack separates the various layers
  • Unit 4 - Details of JEE's asynchronous messaging technologies, compare and contrast various messaging constructs, and how to integrate messaging into an application
  • Unit 5 - Representation of business data in Java, as well as managing transactions to the database layer. Final portion of the three-tier architecture, the persistence layer
  • Unit 6 - Expose business services as web services, for simpler distribution of the application functionality to outside businesses. Available tooling for the consumption of web services via JBoss is also covered
  • Unit 7 - Using Seam as a migration tool for an application. This unit begins our discussion of JBoss enhancements to JEE development, to make the process more streamlined
  • Unit 8 - Explore the various security features available in JBoss EAP 5.0
  • Unit 9 - Advanced data model concepts are introduced, supported by Seam tooling, and used to produce robust web application feature
  • Unit 10 - A survey of integration testing technology and concepts
  • Unit 11 - Examine how caching can enhance the functionality of a web application. Some of the pitfalls of caching are discussed, and how to use JBoss tooling for caching is covered
  • Unit 12 - Advanced UI features, including details on usability, and designer-provided interfaces

※コーステキストは英語です。講師は日本語で講義を致します。
※本コースはレッドハット株式会社主催コースです。
・講習終了時間:17:00〜17:30(進行状況によって異なります)
・自習時間:18:00まで

このページのトップへ

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項