HPE教育サービス | HPE 日本(日本ヒューレット・パッカード株式会社)
Jump to content 日本-日本語
≫ お問い合わせ

サービス

コース詳細

HPE教育サービス

キャンペーン情報

キャンペーン一覧

定期コース

全コース一覧
製品別コースフロー
コーススケジュール
取得可能資格一覧
カタログデータシート
コースお申込
受講規定
お取引条件書

おトクな受講権

HPE Training Credits

一社向け研修

一社向け研修サービス
新人研修/新入社員研修

eラーニングソリューション

e-ラーニング・サービス

会場案内

よくあるご質問(FAQ)

認定試験

HPE認定プロフェッショナル・プログラム

パートナー関連サイト

イベント・セミナー情報

HPE education world wide

教育サービスサイトマップ

サイトマップ

本社会場で受講しよう!昼食無料、リフレッシュできます
HPE教育サービス ガイド発行しました
HPE教育サービス紹介動画
Training Credits DirectPlusにてオンライン販売中
コンテンツに進む
コースコード コース名
HH254S
[新コース]ProCurve Security v7.31
日数   受講料
4日間 ( 10:00 〜 17:00 ) ¥262,500  (税抜¥250,000)
カテゴリ名  
ProCurve研修コース
スケジュール
スケジュール表はこちらから
≫ コースお申込フォームへ
概要
ProCurveのセキュリティ機能を設定、トラブルシューティング、実装するネットワークエンジニアおよびネットワーク管理者向けのコースです。ProCurveのセキュリティ機能は、機器への管理アクセスの制御、ネットワークへのユーザーアクセスの制御を行い、ネットワークをさまざまなセキュリティ侵害から保護します。

【このコースを修了すると次のことができるようになります】

  • ローカルパスワード、フロントパネルのセキュリティオプション、オーソライズドIPマネージャを使用した、ProCurveスイッチの基本的な管理セキュリティについて説明し、実装する。
  • RADIUS認証、SNMPv3、SSH、SSL、セキュアな管理VLANを使用した、ProCurveスイッチの高度な管理セキュリティ機能について説明し、実装する。
  • ポートベースのACL、ユーザーベースのACL、ポートセキュリティの設定、SNMPトラップの制限、DHCP保護、ダイナミックARP保護、コネクションレート フィルタリングを使用した、ネットワーク保護機能について説明し、導入する。
  • ProCurve機器のモニタリングおよびトラフィックミラーリング機能を使用して、ネットワークの問題を示すイベントをトラッキングする。
  • ProCurveがサポートする802.1X、Webベース、MACアドレスベースの認証を使用した、アクセス制御セキュリティについて説明し、実装する。
  • 導入したセキュリティ機能について基本的なトラブルシューティングを行う。
  • このコースで紹介するProCurveのさまざまなセキュリティ機能を使用して、ネットワークセキュリティソリューションを設計し、導入する。
前提条件
Adaptive Edge Fundamentals v8.41 受講済みまたは同等のレベル
対象者
ネットワークのセキュリティソリューションの設計と導入を行う、ProCurve Networkingチャネルパートナーのシステムエンジニア、ネットワークエンジニア、ネットワークスペシャリストProCurveのエンドユーザーのネットワークエンジニアも対象としています。
コース内容
  1. ProCurveセキュリティの概要
  2. ProCurveの危機管理セキュリティ
  3. ProCurveネットワークの保護
  4. ProCurveネットワークのアクセス 制御セキュリティ
  5. ProCurveネットワーク セキュリティの設計

※本コースは株式会社IPイノベーションズ主催コースです。

このページのトップへ

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項