PDU対象
再試験無料(受講後1年間)
コア書籍「継続的サービス改善」プレゼント

At a glance
スケジュールと申し込み ITIL/ITSM研修コーススケジュール
コースお申込フォーム
コースコード HF442S
日数(開始時間〜終了時間) 5日間 (10:00〜18:30)
実施方法 ・クラスルーム (本社)
1社研修・オンサイト研修
受講料 280,000円(税抜)

コースの特徴

  • ITIL Expert認定資格を取得するための必須コースです
  • サービスのライフサイクル・プラクティスの実装と管理に必要な知識とスキルを学習します
  • 最終日の試験に合格すると、「ITILライフサイクル全体の管理」認定資格を取得できます。また、ITIL Expert認定資格を取得できます。

コースの概要

ITILのライフサイクル プラクティスの実装と管理に必要な知識とスキルを学習します。
ITIL エキスパート認定の必須コースです。
コース最終日にITIL ライフサイクル全体の管理 認定試験を実施します。
試験に合格することによって、ITILの資格認定の履修単位(credit)制度における5単位を取得できます。これはITIL エキスパート認定のために必須の単位です。
講義は日本人講師により日本語で行われます。テキスト、試験とも日本語です。英語試験も承りますが、特別手配となりますのでご希望の方はお問い合わせ下さい。

資格取得応援します!受講後1年間、HPEで開催する再試験を無料で受験できます。
不合格になってしまった方は dl1.cec@hpe.com までその旨ご連絡ください。
(ただし本社、西日本会場でコースを受講された方に限ります)

PDU/CPEクレジットポイント申請可能コースです。詳しくはこちら


【試験機関の変更】
2018年1月よりITILの試験機関が変わります。
詳しくはこちら

【認定証のPDF提供】
2018年1月より、認定試験合格後に発行される認定証はPDFでのご提供となります。
認定証は試験機関のWebサイトよりダウンロードできます。

ITIL試験をご受験されるかたは、あらかじめPEOPLECERT社にアカウントを登録しておくようお願いいたします。
ご登録はご受講いただくコースの初日中には完了しておいてください。 登録方法はこちらの マニュアルをご参照ください。
既にPEOPLECERT社にアカウントをお持ちの方は、登録済みのプロファイルを確認して、未入力の必須項目がないか、入力内容に間違いがないかをご確認ください。

また、Intermediate、Practicioner、MALCなどをご受験される方で、必要な前提資格をPEOPLECERT社以外で取得されている方は、その認定証のPDFを受講・受験日の約1週間前までにご自身のアカウントにアップロードしておいてください(アップロード後、PEOPLECERT社による確認に数日かかるため)。アップロード方法はこちらのマニュアルをご参照ください。
ご注意:アカウントのプロファイルに不備がある場合、前提資格が確認できない場合、PEOPLECERT社は試験結果を保留にし、訂正されるまで連絡しません。

前提知識

「ライフサイクル全体の管理」の受講要件は以下のとおりです。
ITILファンデーション認定資格(必須) +インターミディエイトまたはプラクティショナの認定資格(選択)による合計17単位以上
次の組み合わせがあります。
ファンデーション + SOA + PPO + RCV + OSA = 18(単位)
ファンデーション + PPO + RCV + OSA + プラクティショナ = 17(単位)
ファンデーション + SOA + RCV + OSA + プラクティショナ = 17(単位)
ファンデーション + SOA + PPO + RCV + プラクティショナ = 17(単位)
ファンデーション + SOA + PPO + OSA + プラクティショナ = 17(単位)

主な対象者

  • ITILの全ライフサイクルステージとプロセスの統合に必要となるスキルの習得を目指す方

お得な情報

  • PDU/CPEクレジットポイント申請可能コースです。詳しくはこちら
  • 受講後1年間、HPEで開催する再試験を無料で受験できます。
    不合格になってしまった方は dl1.cec@hpe.com までその旨ご連絡ください。
    (ただし本社、西日本会場でコースを受講された方に限ります)

コースの目的

ライフサイクル全体を通じて、ITILのベストプラクティスの計画、実装、管理のための専門的なナレッジを習得します。

  • サービスのライフサイクルを管理するための鍵となる概念を説明できる
  • 利害関係者を特定し、コミュニケーション計画の立案および管理ができる
  • サービス・ライフサイクル全域にわたって、プロセスを統合できる
  • サービス・ライフサイクルすべての段階で、サービスを管理できる
  • サービス・マネジメントのための組織作りができる
  • サービス・マネジメントの能力の実装と改善ができる

コースの説明

  • サービス・ライフサイクルの重要な概念
  • コミュニケーションと利害関係者の管理
  • サービス・ライフサイクル全体でのサービス・マネージメント・プロセスの統合
  • サービス・ライフサイクル全体でのサービスの管理
  • ガバナンスと組織化
  • 測定
  • サービス・マネジメントの能力の実装と改善
  • ライフサイクル全体の管理 試験対策
  • ライフサイクル全体の管理 認定試験

ITIL® is a registered trade mark of AXELOS Limited