At a glance
スケジュールと申し込み Networking/Aruba研修コース
コースお申込フォーム
コースコード H9TB5S
日数(開始時間〜終了時間) 5日間 (09:30 - 17:30)
実施方法 ・クラスルーム (芝会場)
1社研修・オンサイト研修
受講料 432,000円(税抜)

コースの概要

このコースでは、中規模〜大規模の企業ネットワークにおけるスケーラブルなAruba Switchの機能として、冗長化、OSPF、BGP、IPマルチキャスト、ゲストアクセス、セキュリティ機能の設計、設定、監視、トラブルシューティングについて、講義とラボを交えて学習します。

コースの目的

  • STP、VRRP、VSF、Stackingなど、冗長化の設定ができる
  • スケーラブルなルーティングプロトコルとしてシングルエリア・マルチエリアOSPF、BGPの設定ができる
  • IPマルチキャスト機能としてIGMP、PIM-DMの設定と、AirWaveによるスイッチの管理、QoSの設定ができる
  • 認証機能として802.X認証、MAC認証、キャプティブポータルページの設定ができる
  • ACL、トンネルノード、ポートセキュリティなど、セキュリティ機能の設定ができる

対象者

  • Arubaスイッチ、IAP(Instant Access Point)を設計・設定・操作する方
  • Aruba認定 「ACSP(Aruba Certified Switch Professional) 」 の取得を目指す方

コース内容

  • Module 1: Introduction to Aruba Solutions
  • Module 2: Data Link Layer Redundancy Technologies
  • Module 3: VRRP
  • Module 4: Aruba Backplane Stacking and Advanced VSF
  • Module 5: Advanced
  • Module 6: IGMP
  • Module 7: PIM
  • Module 8: BGP
  • Module 9: Access Control Lists
  • Module 10: 802.1X Authentication
  • Module 11: MAC Authentication
  • Module 12: Captive Portal and Other Guest Options
  • Module 13: Integrating with an Aruba Mobility Solution
  • Module 14: Secure Device Management
  • Module 15: Quality of Service
  • Module 16: Additional Security Features

  • 演習
  • Module 1:
    • Lab 1: Configure the Base Topology
  • Module 2:
    • Lab 1: Configure STP Protections
    • Lab 2: Configure Loop Protection
  • Module 3:
    • Lab 1: Configure VRRP on AOS-Switchess
    • Lab 2: Align VRRP and MSTP on AOS-Switches
  • Module 4:
    • Lab 1: Configure VRF
  • Module 5:
    • Lab 1: Review Open Shortest Path First (OSPF)
    • Lab 2: Implement Multiple OSPF Areas
    • Lab 3: Manage External OSPF Routes
    • Lab 4: Explore Redundant OSPF Networks
  • Module 6:
    • Lab 1: Configure IGMP
  • Module 7:
    • Lab 1: Configure PIM-DM
  • Module 8:
    • Lab 1: Establish BGP Sessions
    • Lab 2: Advertise and Receive Routes Using BGP
  • Module 9:
    • Lab 1: Configure ACLs
    • Lab 2: Configure More ACL Options
  • Module 10:
    • Lab 1: Configure 802.1X Authentication
    • Lab 2: Explore More 802.1X Authentication Options
  • Module 11:
    • Lab 1: Configure Local MAC Authentication (LMA)
  • Module 12:
    • Lab 1: Configure Captive Portal
  • Module 13:
    • Lab 1: Configure Port-Based Tunneled Node
    • Lab 2: Configure Role-Based Tunneled Node
  • Module 14:
    • Lab 1: Configure Remote Manager Authentication
    • Lab 2: Discover and Monitor Devices in Aruba AirWave
    • Lab 3: Monitor Traffic with Aruba AirWave
  • Module 15:
    • Lab 1: Honor QoS Markings
    • Lab 2: Configure a QoS Policy
  • Module 16:
    • Lab 1: Configure DHCP Snooping
    • Lab 2: Configure ARP Protection and Connection
  • Rate Filtering

※このコースはTop Out Human Capital株式会社主催コースです。