Jump to content 日本-日本語
≫ お問い合わせ

サービス

PostgreSQL + Pacemaker + DRBD による HA クラスタ構築トレーニング

HPE教育サービス

キャンペーン情報

キャンペーン一覧

定期コース

全コース一覧
製品別コースフロー
コーススケジュール
取得可能資格一覧
カタログデータシート
コースお申込
受講規定
お取引条件書

おトクな受講権

HPE Training Credits

一社向け研修

一社向け研修サービス
新人研修/新入社員研修

eラーニングソリューション

e-ラーニング・サービス

会場案内

よくあるご質問(FAQ)

認定試験

HPE認定プロフェッショナル・プログラム

パートナー関連サイト

イベント・セミナー情報

HPE education world wide

教育サービスサイトマップ

サイトマップ

本社会場で受講しよう!昼食無料、リフレッシュできます
HPE教育サービス ガイド発行しました
HPE教育サービス紹介動画
Training Credits DirectPlusにてオンライン販売中
コンテンツに進む
At a glance
スケジュールと申し込み OSS/PostgreSQL/データベース関連研修コース
コースお申込フォーム
コースコード H8C15S
日数(開始時間〜終了時間) 1日間 (10:00〜17:30)
実施方法 ・クラスルーム (北品川)
1社研修・オンサイト研修
受講料 78,000円(税抜)

コースの概要

PostgreSQL は、バージョンを重ねるたびに機能の追加や性能の改善が行われ、ミッションクリティカルなシステムや大規模なシステムへの導入も進んでいます。しかし、1 台のサーバで構成されるシングル構成には限界があります。それに対して HA (High Availability; 高可用性) クラスタ構成では、複数台のサーバを連携して 1 つのシステムとして動作させることにより、シングル構成には困難な高可用性を実現できます。

本トレーニングは、Pacemaker、DRBD による PostgreSQL の HA クラスタ構成について実習を中心に学習いただける 1 日間のコースです。本トレーニングでは、ソフトウェアの安定性と実績を重視し、HA クラスタソフトウェアには Pacemaker 1.1 系列と Corosync の組み合わせ、ノード間のデータ引き継ぎには DRBD によるファイルシステムのレプリケーションを採用しています。

前提知識

  • Linux (Unix 系 OS) の基本的な操作ができる
  • ネットワークの基本的な知識がある
  • PostgreSQL の基本的な知識があり、基本的な操作ができる

主な対象者

  • PostgreSQL を運用しており、可用性に不安をもっている方
  • PostgreSQL の HA クラスタを構築しようとしたが、導入や運用が難解だったため断念してしまった方
  • PostgreSQL の HA クラスタの構築をひととおり経験してみたい方

コースの説明

HA クラスタの基礎
HA クラスタを構築するのに理解しておくべき概念や用語、HA クラスタの構成例と特徴、HA クラスタの基本的な動作、ソフトウェアの概要について説明します。

HA クラスタの導入
HA クラスタの構築に使用する PostgreSQL、Pacemaker、Corosync、DRBDのインストールと設定、DRBD によるレプリケーション、データベースクラスタの作成、リソースの作成について実習を交えながら説明します。

HA クラスタの運用
PostgreSQL、Pacemaker、Corosync、DRBD の操作、ハートビート通信の切断、Corosync、DRBD におけるスプリットブレインの障害対応、ログメッセージの解析について実習を交えながら説明します。

※本コースはSRA OSS, Inc. 日本支社主催コースです。

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項