Jump to content 日本-日本語
≫ お問い合わせ

サービス

コース詳細

HPE教育サービス

キャンペーン情報

キャンペーン一覧

定期コース

全コース一覧
製品別コースフロー
コーススケジュール
取得可能資格一覧
カタログデータシート
コースお申込
受講規定
お取引条件書

おトクな受講権

HPE Training Credits

一社向け研修

一社向け研修サービス

eラーニングソリューション

e-ラーニング・サービス

会場案内

よくあるご質問(FAQ)

認定試験

HPE認定プロフェッショナル・プログラム

パートナー関連サイト

イベント・セミナー情報

HPE education world wide

教育サービスサイトマップ

サイトマップ

本社会場で受講しよう!昼食無料、リフレッシュできます
HPE教育サービス ガイド発行しました
HPE教育サービス紹介動画
Training Credits DirectPlusにてオンライン販売中
コンテンツに進む
コースコード コース名
H8601S

Serviceguard 実践編 -CFSとSGeRAC-
日数   受講料
2日間( 10:00 〜 18:00 ) ¥136,500  (税抜¥130,000)
カテゴリ名  
HP-UX研修コース
スケジュール
スケジュール表はこちらから
≫ コースお申込フォームへ
概要
「Serviceguard Workshop 前編・後編」コースでは、クラスタの構成方法やパッケージの動きなどを主にご紹介しました。
本コースでは、より実践に則したSGeRACやVERITAS製品との連携などについて演習を交えて紹介しています。
前提条件
「Serviceguard Workshop 前編・後編」コースをご受講済みの方。
(「VERITAS Volume Manager」コースをご受講済みであることが好ましい)
対象者
HP-UXシステムにおけるServiceguardクラスタの提案、設計、構築、運用管理に携わる方。
特にOracleデータベースをご利用の方。
コース内容
  1. クォーラムサーバのクラスタ構成
  2. Serviceguard と Oracle 9i による耐障害性アーキテクチャ
  3. Serviceguard 11.17 と VERITAS Storage Foundation (CFS)
  4. 「遠距離クラスタ」とその他のクラスタ
  5. Serviceguard と Oracle 10g RAC による耐障害性アーキテクチャ

このページのトップへ

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項