At a glance
スケジュールと申し込み ネットワーク研修コース
コースお申込フォーム
コースコード H4C26S
日数(開始時間〜終了時間) 2日間 (09:30〜17:00)
実施方法 ・クラスルーム (駒沢)
受講料 120,000円(税抜)

コースの概要

企業向け無線LANに携わるネットワークエンジニアを対象としたコースです。
ネットワークのライフサイクル(計画→設計→構築→運用)において、各フェーズで必要となる知識を、座学と実機演習を通して学習します。
RADIUSサーバや認証局の設定も実機で確認できるため、WPA/WPA2エンタープライズモードを導入予定の方に最適なコースです。

(学習目標)

  • 求められる無線LAN要件を理解し、適切な伝送規格、セキュリティ方式、その他必要な機能を選定することができる
  • 無線LAN導入前の電波環境調査(サイトサーベイ)を実施することができる
  • WPA/WPA2エンタープライズモード(IEEE802.1X/EAP認証)を導入することができる

対象者

  • 無線LANに携わるSE/CE

前提条件

  • OSI参照モデルを理解している
  • IPアドレスの計算を行える
  • ルータ、スイッチ、ハブの違いを理解している
  • 通信の仕組みを体系立てて説明できる

コース内容

無線LAN概要

  • 無線LANとは
  • 無線LANの規格(IEEE & Wi-Fi)
  • 無線LANの構成要素
  • SSID
  • チャネル
  • CSMA/CA
  • RTS/CTS
  • 無線LANの高速化技術
    −MIMO/SDM
    −チャネルボンディング
    −フレームアグリゲーション
  • IEEE802.11アソシエーション

無線LANのライフサイクル

  • 「計画」フェーズ
  • 「設計」フェーズ
  • 「構築」フェーズ
  • 「運用」フェーズ
  • 無線LANの管理設定
  • 集中管理型無線LANの特徴

トポロジ設計

  • 物理トポロジ設計のための事前調査
  • 2.4/5GHz帯の相違点
  • 適切な周波数の選択
  • AP数の検討
  • チャネル設計
  • サイトサーベイ
  • 論理トポロジ設計の評価基準
  • 論理トポロジ設計例

セキュリティ対策

  • 無線LANの脅威
  • 技術面の対策
    −APステルス機能(SSID隠ぺい/ANY接続拒否)
    −MACアドレスフィルタリング
    −WEP
    −WPA/WPA2パーソナル(PSK認証)
    −WPA/WPA2エンタープライズ(IEEE802.1X/EAP認証)
  • 管理面の対策
    −電波の伝搬範囲の適切な設定
    −ログの収集・保存・分析
    −電波状況の監視
  • 「計画/設計/構築/運用」の各フェーズで実施すべきセキュリティ対策

コース環境

  • アクセスポイント
  • ノートPC
    −電波環境調査ツール
    −無線LANパケットアナライザ
  • RADIUSサーバ+CA(認証局)
  • テキスト、演習資料は紙を使用いたします。

※このコースはCTCテクノロジー株式会社主催コースです。