At a glance
スケジュールと申し込み Storage研修コース スケジュール
コースお申込フォーム
コースコード H0LU6S
日数(開始時間〜終了時間) 2日間 (10:00〜16:00)
実施方法 ・クラスルーム (本社)
受講料 120,000円(税抜き)

コースの概要

昨今、ITを取り巻く環境も大きく変化しており、企業が保有するデータ容量は増加の一途にあります。
一方でストレージ技術や製品の多様化が進んでおり、ITシステムに求められる要件が多様化している中
ストレージの選定に困っている方も多く、またストレージの知識を基礎から習得したいというニーズが増えております。
このトレーニングはストレージの基礎から、最新トレンドまでを学ぶことの出来るコースになっております。

コースの特徴

  • テキスト、講義共に日本語で実施いたします。
  • ハンズオン形式のトレーニングです。
  • 今トレンドの、Software Defined Storageを使ったiSCSIの接続方法をハンズオンで実施できます。

前提知識

  • 特に必要無

主な対象者

  • ストレージで使われる技術の基本原理を理解したいエンジニア
  • iSCSI、FC等SAN接続のストレージを含むシステムの管理、保守、提案をされる方
  • フラッシュストレージやSoftware Defined Storage等最新のストレージ技術の動向も確認したい方
  • 新入社員や中途社員等ストレージの知識を学ぶ必要が出てきた方

コース目的

このコースを修了すると以下の知識や技能を習得できます。

  • ストレージの基礎技術の習得
  • SANの基礎技術の習得
  • ストレージの最新トレンドの習得

コースの説明

このコースでは以下のトピックを扱います: (内容は変更となる場合がございます)


目次
第1章 ストレージ概要
  -ストレージとは
  -ハードディスクの構成
  -ハードディスクの記録単位
  -ハードディスクのインターフェース
  -SCSI
  -パラレル転送の問題点
  -SAS
  -ATA
  -ハードディスクの性能の違い

第2章 RAID
  -RAID とは
  -RAID レベル
  -RAID0(ストライピング)
  -RAID1
  -RAID5
  -RAID6
  -RAID10
  -RAID50
  -RAID まとめ
  -ディスク障害時の対応方法

第3章 ネットワークストレージ
  -ストレージシステムの種類
  -ストレージシステムとの接続
  -ネットワークストレージ
  -NAS 概要
  -SAN
  -DAS、NAS、SAN の比較
  -ストレージ接続形態のまとめ
  -FC-SAN
  -IP-SAN(iSCSI)

第4章 ストレージシステムの基本機能
  -コンポーネント
  -コントローラ
  -キャッシュ
  -キャッシュの書き込み方式
  -ライトスルーモード
  -ライトバックモード
  -キャッシュの保護
  -Active-Active コントローラ
  -ホストポート
  -ディスクエンクロージャ
  -物理ディスク
  -LUN の作成
  -LUN の認識
  -LUN の拡張
  -シンプロビジョニング

第5章 マルチパス
  -冗長構成
  -マルチパスソフトウェア
  -負荷分散

第6章 FC-SAN
  -ファイバチャネルとは
  -FC-SAN の構成コンポーネント
  -FC-HBA
  -FC スイッチ
  -ファイバチャネルケーブル
  -トポロジ
  -ポートタイプ 
  -FC-AL
  -ファブリック
  -ノードのログイン手順
  -フレームフォーマット
  -FC スイッチの機能
  -ポートゾーニング
  -WWN ゾーニング
  -LUN マスキング
  -サーバの設定手順
  -WWN の確認
  -マルチパスソフトウェアのインストール
  -ファイルシステムの作成
  -FCoE(Fibre Channel over Ethernet)
  -FCoE の構成

第7章 IP-SAN(iSCSI)
  -iSCSI とは
  -iSCSI の構成コンポーネント
  -iSCSI の仕組み
  -IQN(iSCSI Qualified Name)
  -サーバ側の設定

第8章 ストレージシステムの活用
  -複製(レプリケーション)機能
  -従来のバックアップ
  -複製を利用したバックアップ
  -コピーオンライト方式
  -スプリットミラー方式
  -リモートレプリケーション
  -同期モードと非同期モード
  -重複排除とは

第9章 ストレージシステムの導入事例と、ストレージのトレンド技術
  -HA クラスタでの活用
  -仮想環境での活用4
  -仮想化ソフトとの連携機能
  -フラッシュストレージ
  -Software Defined Storage