At a glance
スケジュールと申し込み クラウド/OpenStack®研修コース
コースお申込フォーム
コースコード H0DS3S
日数(開始時間〜終了時間) 2日 (10:00〜18:00)
実施方法 ・クラスルーム (本社)
受講料 160,000円(税抜)

コースの特徴

  • 日本語のテキストを使用
  • 一人複数台の実習環境を使用
  • 演習用PCはHPEで用意します
  • HPE本社社員食堂での無料ランチが付きます
  • Free WiFi 完備

コース概要

Linuxコンテナは、企業におけるサービスの開発と展開についての考え方を変えています。コンテナは、最新のデータセンターで重要な役割を果たしており、Dockerはその最先端をリードしています。
このコースでは、コンテナ技術の基礎、コンテナの作成と管理、Dockerハブとのやりとり、Dockerfileを使用したカスタムイメージの作成と管理、高度なDockerネットワーク(コンテナサービスを世界に安全に公開する方法、コンテナをリンクする方法)、 Dockerボリュームを使用した永続データの管理、Docker Composeを使用した複数コンテナアプリケーションの構築、Dockerログの管理をカバーします。
各章で演習を行い、複数台の仮想マシン環境でDockerをインストールしこれらの内容を確認しながら学習を進める事ができます。

主な対象者

  • Dockerを使ったコンテナ環境を計画、構築、管理するシステム管理者、エンジニア、コンサルタント

前提条件

  • 演習を行う上で、Linuxの基礎知識が必要です。

コースの目的

このコースを受講すると以下のことができるようになります。


  • コンテナテクノロジーの理解
  • Dockerのインストール
  • コンテナの作成、起動、停止、削除、管理
  • Dockerイメージのダウンロード、アップロード
  • Docker Fileを使ったイメージの作成
  • Dockerボリュームの管理
  • Docker Compose/Swarmによるコンテナの管理
  • コンテナ環境でのネットワーク設定
  • コンテナログの管理

コースの説明

※各章で演習を実施します

  • コンテナテクノロジーオーバービュー
      コンテナテクノロジー
      コンテナセキュリティ
      Dockerエコシステム
  • Dockerインストール
      Dockerインストール
      Dockerアーキテクチャ
      Dockerデーモンの起動と構成
  • コンテナ管理
      新しいコンテナの作成
      コンテナの実行
      コンテナの起動、停止、削除
      コンテナの検査、更新
  • Dockerイメージの管理
      イメージの検索
      イメージのダウンロード
      イメージのアップロード
  • Docker Fileを使ったイメージの作成
      Docker Fileについて
      イメージの作成
      コンテナ実行ファイル
  • Dockerボリュームの管理
      ボリュームコンセプト
      インターナル、エクスターナルボリュームの作成と使用
      ボリュームの管理
  • Docker Compose/Swarm
      Compose/Swarmコンセプト
      Compose CLI
      Swarmによるコンテナ管理、サービスの作成
  • Dockerネットワーキング
      ネットワークオーバービュー
      コンテナ間のコミュニケーション
      コンテナネットワーク管理
  • Dockerログ
      コンテナログの管理と構成