Jump to content 日本-日本語

ホーム  /  サービス  /  オペレーショナルサポートサービス

AGC 旭硝子が、全社ポータルを刷新し
世界50,000ユーザーを結ぶコラボレーション基盤を構築

旭硝子株式会社

お客様事例

旭硝子株式会社
サイトマップ
コンテンツに進む

HPコンサルティングサービスが、Microsoft SharePoint 2013の導入と災害対策システムの構築・運用を全面的に支援

「HPには、山積する課題に対して、逃げることなく最後まで粘り強く取り組んでもらえたと思います。プロジェクトを通じて、HPのチームには、技術力、解決力に加え“やり遂げる意思”を改めて強く感じました」

旭硝子株式会社 グローバルITリーダー
情報システムセンター長
神庭 基 氏
お客様背景
ソリューション
効果と今後の展望
旭硝子株式会社概要
PDF(237MB)

目的

日本・アジア圏を中心に50,000ユーザーが活用する「全社ポータル」の刷新。コラボレーション機能と文書管理機能を統合し、組織や国境を越えた知識・情報の共有を促進して“オールAGC”としての競争力を高める。同時にDRシステムを構築し災害に備える。

アプローチ

Microsoft SharePoint 2007から同2013に移行し、SNS機能、スマートデバイス対応、セキュリティ機能を活用。セールス部門を中心に1,300台のスマートフォンを配布し、時間と場所を選ばないコミュニケーションと、より生産性の高いワークスタイルの実現を目指す。

ITの効果

国内実績のなかったMicrosoft SharePoint 2013の採用に際して、HPコンサルティングサービスが導入・移行・運用まで全面的に支援
最新バージョン導入時の特有の課題に対してHPがノウハウを提供
HPが課題の抽出・分類をリードし着実な解決を実行
数百件の課題に対し、AGC−HP−マイクロソフトがチームとして目標を共有し迅速な解決を実現

ビジネスの効果

SNS/モバイル機能を活用し組織の壁を越えたコラボレーションを推進可能に
DRシステム構築により災害に際してビジネスへの影響を最小化
スマートデバイスからの時間と場所を選ばないアクセスとセキュリティを両立


お客様背景

知識と情報の結合を促進して競争力を高める
AGC 旭硝子が「全社ポータル」を刷新し、組織の壁を越えたコラボレーションを加速させている。全社の知識と情報の結合を促進して、“オールAGC”としての競争力を高めることが狙いだ。日本・アジア圏で16,000ユーザー、北米および欧州圏を加えると合計50,000ユーザーが接続するポータルには、最新のMicrosoft SharePoint 2013を採用。HPのコンサルティングサービスは、山積する課題の解決をリードしながらプロジェクトを全面的に支援した。

グローバル競争を勝ち抜くために総力を結集
旭硝子株式会社 グローバルITリーダー 情報システムセンター長 神庭 基 氏
旭硝子株式会社
グローバルITリーダー
情報システムセンター長
神庭 基 氏
旭硝子株式会社 情報システムセンター グローバルIT企画グループ プロフェッショナル(IT基盤、IT運用技術) 三堀 眞美 氏
旭硝子株式会社
情報システムセンター
グローバルIT企画グループ
プロフェッショナル
(IT基盤、IT運用技術)
三堀 眞美 氏

30日間にわたる熱戦を繰り広げた「2014 FIFAワールドカップ」――開催国であるブラジルの12会場に設置された競技者用ベンチには、圧倒的な透明性と耐衝撃性、耐傷性を備えた化学強化ガラス「Dragontrail X」が採用された。提供したのはAGC 旭硝子(以下、AGC)である。

「私たちは、素材型のBtoB企業として初めて、ワールドカップブラジル大会へのAGC製品の提供に関するブランドライセンス契約を締結しました。2013年10月には、AGCガラス・ブラジル社の操業を開始しています。これらは、成長戦略のひとつである『第2のグローバリゼーション』を象徴する事例と言えるでしょう」とグローバルITリーダー 情報システムセンター長の神庭基氏は語る。

1907年に創業し、100年を超える革新と挑戦の歴史の中で、AGCはガラス・化学・セラミックスのコア技術を確立させた。そして、それぞれの技術を融合させた新材料や新製品の開発、新市場の開拓、世界の新興市場への展開を加速させている。

「世界規模でコミュニケーション基盤を統合するプロジェクト(Global Communication Enhancement Project:GCEP)に取り組み、2012年11月にこれを完了させました。このインフラ上で情報や知識を結合させ、マネージメントやワークスタイルを変革していくことが現在の大きなテーマです」(神庭氏)

背景には、社会インフラやスマートシティに代表される事業部門を超えたビジネス領域の広がりがある。AGCを全社レベルでの変革へと突き動かすのは、「グローバル競争を勝ち抜くために“オールAGC”の総力を結集する必要がある」(神庭氏)との強い意思だ。

「2009年から、SharePoint 2007を文書管理システムとして利用してきました。段階的にこれに機能集約を進めて、2012年の後半には“全社ポータル”へ格上げしました。単なるリンク集ではなく、コラボレーション基盤という位置付けです」と説明するのは、情報システムセンター グローバルIT企画グループの三堀眞美氏である。

2014年2月、AGCは次の計画を実行に移した。全社ポータルのSharePoint 2013へのバージョンアップである。


全社ポータルをSharePoint 2007から同 2013へ移行
旭硝子株式会社 情報システムセンター OA・ネットワークグループ 主席 浅沼 勉 氏
旭硝子株式会社
情報システムセンター
OA・ネットワークグループ
主席 浅沼 勉 氏

AGCの全社ポータルは、日本・アジア圏で約16,000ユーザーが活用している。北米と欧州の拠点を加えると、合計約50,000ユーザーが接続可能な環境である。SharePoint 2013への移行に際して、AGC情報システムセンターは
4つの方針を掲げた。

1. SharePoint 2013の機能により組織の壁を超えたコラボレーションを推進すること
2. SharePoint 2007のデータを継承し最新バージョンの2013環境で活用可能にすること
3. ドキュメント・知財管理におけるセキュリティを強化すること
4. 災害時の事業継続を可能にするデータ保護の仕組みを確立すること

「組織横断的にコミュニケーションを活発化させる、という目標が第一にあります。これをさらに進めて『もっと広く技術情報を共有し、新商品を共同開発し、マーケティングでも連携しよう』『オールAGCでもっと多くのビジネスチャンスを獲得しよう』というようなコラボレーションを加速させたいと考えています」と
神庭氏は話す。

AGCでは、たとえば大手顧客に対して、板ガラス事業部門、ディスプレイ事業部門、化学品事業部門など、各事業部門が多様な商品を提供しており、クロスセルのチャンスも少なくない。一方、セールスやエンジニアに求められる製品や技術の情報・知識は膨大な量になる。チームとしての連携強化は不可欠だ。

「だからこそ、実効性の高いコラボレーション基盤が必要でした。自由なコラボレーション環境は新たな発想を生み出す場ともなります。情報と知識と人を結びつけて、新たなビジネス価値を生み出す。そのためのSharePoint 2013への移行です」(神庭氏)

神庭氏らが着目した1つは、SharePoint 2013が備える“SNS機能”である。これを利用すれば、企業内ポータルにソーシャルネットワーキングサービスを実装できる。プロジェクト専用のコミュニティサイトを立ち上げるだけで、ニュースフィード上で情報共有やメッセージ交換が容易に行える。PCだけでなく、スマートフォンから社外でも利用できることがポイントだ。

「業務システムから参照できるようなデータと、外に出なければわからない今起こっている変化――情報というのはその両方あるわけです。社内SNSには、ひらめきやアイディアを結びつけて有益な情報にまで高めるポテンシャルがあると思っています」と、移行プロジェクトをリードした情報システムセンター OA・ネットワークグループ 主席の浅沼勉氏は言う。移行プロジェクトがスタートしたのは、2013年3月である。


ソリューション

SharePoint 2013への移行に立ちはだかった数百の課題
日本ヒューレット・パッカード株式会社 テクノロジーコンサルティング事業統括 製造・流通サービス事業本部 第十部 吉川 由 氏
日本ヒューレット・パッカード
株式会社
テクノロジーコンサルティング
事業統括
製造・流通サービス事業本部
第十部
吉川 由 氏
日本ヒューレット・パッカード株式会社 テクノロジーコンサルティング事業統括 製造・流通サービス事業本部 第十部 関口 豪 氏
日本ヒューレット・パッカード
株式会社
テクノロジーコンサルティング
事業統括
製造・流通サービス事業本部
第十部
関口 豪 氏

AGCがSharePoint 2013移行のパートナーに選んだのは、HPコンサルティングサービスである。HPは、従来から「GCEP」の推進パートナーとして中心的な役割を果たしてきた。また、認証/メール/クライアント管理/セキュリティなど、AGCの情報系システムの構築・運用にも深く関わっている。

「当時、SharePoint 2013は国内での導入例がほとんどなく、2007から2013への移行実績は皆無でした。2013ではユーザーインターフェースも大きく変わりましたので、2007からデータを引き継ぐにあたって問題が発生するであろうことは予測していました。だからこそ、SharePointに精通したHPの協力が不可欠だったのです」と浅沼氏は振り返る。

HPとマイクロソフトは長年にわたりグローバルレベルでの緊密な協調関係を築いてきた。実際にこの強固なアライアンスは、移行中に明らかになった問題を解決する上で大きな力となった。だが、山積する課題を抽出・分類し、優先順位を付けて解決をリードしたのは、SharePointの深い知識を持ったHPのコンサルタントだった。

「SharePoint 2007から引き継いだデータをSharePoint 2013で表示させた際に、多くのサイトにおいて画面レイアウトが大きく崩れる現象が発生しました。製品上の不具合の場合、原則、開発元の対応を待たなければなりませんが、問題がどのような条件下で発生するのか、再現性はあるのか、設定値によって現象がどう変わるのか、といった情報を体系的に整理してタイムリーにマイクロソフト社と共有することで、解決をスピードアップさせました」と、日本ヒューレット・パッカード テクノロジーコンサルティング事業統括 製造・流通サービス事業本部の吉川由氏は話す。

「毎日数件の課題が発生するような状態が続きました。これまでのSharePoint環境の構築・運用経験から得たノウハウを活かして、解決の突破口をつくることが私たちのミッションと捉えて取り組みました」と同事業本部の関口豪氏は言う。

吉川氏らHPのプロジェクトメンバーは、数百件に及ぶ課題をインフラ、アプリケーション機能、画面レイアウトという3つのカテゴリーに分類し、それぞれの関連性を含めて可視化。過去の実績で有効だった解決手順を示すなど、一手先を見据えた動きで浅沼氏をサポートした。

「課題解決を開発元に任せているだけでは時間が経過するばかりです。HPのコンサルタントは、豊富な知見と過去の事例に照らして不具合の原因を予測し、先手を打って解決の道筋を描いてくれました」と浅沼氏は振り返る。 AGC−HP−マイクロソフトが課題をタイムリーに共有し、並行して解決に取り組んだことで、移行スケジュールへの影響は最小限となった。

「初期段階でHPから提示された移行スケジュールには説得力がありました。必要な作業工数だけでなく、予見される課題とその解決を見通した緻密な計算がなされていたのです。今回のプロジェクトを通じて、製品に対する深い理解があってこそこれが可能なのだと実感しました」(浅沼氏)


災害対策システムを構築しビジネス継続性を確保
日本ヒューレット・パッカード株式会社 テクノロジーコンサルティング事業統括 プリセールス本部 モビリティソリューション部 コンサルタント 日向 直人 氏
日本ヒューレット・パッカード
株式会社
テクノロジーコンサルティング
事業統括
プリセールス本部
モビリティソリューション部
コンサルタント
日向 直人 氏

SharePoint 2013への移行と並行してスマートフォンの導入も進められた。社外での滞在時間の長いセールス、セールスエンジニアを中心に、約1,300ユーザーがスマートフォンから全社ポータルへアクセス可能になる計画だ。

「スマートフォンでの利用を前提にクライアントセキュリティの強化を図りました。具体的には、ファイルを暗号化して参照や編集・印刷を権限のある社員に制限するとともに、いつ誰が操作や編集を行ったか履歴を管理できるようにしています」と日本ヒューレット・パッカード テクノロジーコンサルティング事業統括 プリセールス本部 モビリティソリューション部 日向直人氏は話す。

これらの機能は、SharePoint 2013のInformation Rights Management(IRM)とActive DirectoryベースのID管理システムによって実装された。暗号化されたファイルは、別のデバイスにコピーしたり、メールを転送しても権限のない第三者は参照できない。

「さらに、災害への備えとしてDRシステムを構築しました。全社の主要な文書が管理され、日本・アジア圏だけで16,000ユーザーが毎日の業務に活用するシステムです。データ保護とビジネス継続性の確保は喫緊の課題でした」と三堀氏は話す。

本DRシステムにおいては、本番サイト−DRサイト間で確実にデータを同期させること、被災時にシンプルな手順で切り替えを行えることが重視された。 「SQL Serverのログシッピングを利用し、DRシステムにデータベースの複製を作成する方法を採用しました。これにより、15分前の状態までデータを戻して復旧させることが可能です」(三堀氏)



効果と今後の展望

知識と情報を結びつけ、新たな価値を創造

2014年2月、SharePoint 2013による全社ポータルの運用が始まった。導入から4か月が経過したが、この間、情報システムセンター主導で社員600人へのトレーニングが実施されたという。早くも変化が表れ始めた。

「いくつかの部門で独自サイトが立ち上がり、情報共有や意見交換にSNS機能を使い始めています。部門横断的な活用も見受けられ、まさに狙い通りと思っています。ユニークなのは、会議を終えた後にニュースフィード上で議論が継続されるようなシーンです。オンライン上で建設的な議論が進んで、翌週の会議を待たずに解決の方向性が見えてくるような例もありました」(浅沼氏)

知識と情報を結びつけ、新たな価値を創造する――全社ポータルを活用したAGCの新しいチャレンジが始まった。コラボレーションの成果が“オールAGC”として発揮されたとき、AGCは次の成長のステージに立つことになるだろう。

「アイディアはある、だが会議で発表するほどのことでもない、それならフィードに書き込んで意見を聞こう――こうした流れで議論が交わされているのを見ると、新しい可能性を感じます。創造的な意見を出しやすくなって、それが実現に向けて素早く動き出すような組織や仕組みに変えていかねばなりません。そのような“文化”に変えなければと考えています」と神庭氏は言う。

そして神庭氏は、プロジェクトを振り返って次のように語った。
「HPには、山積する課題に対して、逃げることなく最後まで粘り強く取り組んでもらえたと思います。たとえ製品の仕様に起因する問題であっても、きっちり受け止めて解決方法を提示してくれました。プロジェクトを通じて、HPのチームには、技術力、解決力に加え“やり遂げる意思”を改めて強く感じました」



ソリューション概略

検討支援サービス
・HP UC&C(Unified Communication & Collaboration)オフィスツアー
導入サービス
・情報共有基盤設計構築サービス
導入ソフトウェア
・Microsoft SharePoint Server 2013
・Microsoft Windows Server 2012
・Microsoft SQL Server 2012
・Microsoft System Center 2012
・Microsoft Active Directory Rights Management サービス

旭硝子株式会社概要

旭硝子株式会社
所在地: 〒100-8405 東京都千代田区丸の内一丁目5番1号
URL: http://www.agc.com/このリンクをクリックすると、HP社外へリンクします。

事例キーワード

業種: 製造
ソリューション: 企業ポータル、コンサルティングサービス、ビジネスコンティニュイティ
キーワード: 情報共有、コラボレーション、SharePoint、Windows、System Center、SQL、AD、災害対策
DR、スマートデバイス、スマートフォン、モバイル、SNS、セキュリティ、コンサルティング


  本ページに記載されている情報は取材時におけるものであり、閲覧される時点で変更されている可能性があります。予めご了承下さい。  
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項