日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:移行プロセスの概要
第 2 章:移行方法の選択
第 3 章:アプリケーションの移行
第 4 章:再コンパイルと再リンクの概要
第 5 章:ページサイズの拡大に対するアプリケーションの対応
第 6 章:共用データの整合性の維持
第 7 章:アプリケーションデータ宣言の移植性の確認
第 8 章:アプリケーション内の条件処理コードの確認
第 9 章:OpenVMS I64コンパイラ
付録 A :アプリケーション評価チェックリスト
用語集
索引
PDF
OpenVMS ホーム

OpenVMS
OpenVMS VAX から OpenVMS I64 への
アプリケーションの移行


目次 索引

付録 A
付録 A アプリケーション評価チェックリスト
用語集
用語集 用語集
索引
索引
4-1 アーキテクチャ・タイプを判断するための ARCH_TYPE キーワードの使用
5-1 仮想アドレス空間の拡張によるメモリの割り当て
5-2 既存のアドレス空間でのメモリの割り当て
5-3 拡張された仮想アドレス空間へのセクションのマッピング
5-4 仮想アドレス空間の定義された領域へのセクションのマッピング
5-5 前の例を I64 システムで実行するのに必要なソース・コードの変更
5-6 CPU 固有のページ・サイズを確認するための$GETSYI システム・サービスの使用
6-1 AST スレッドを含むプログラムにおける不可分な処理への依存
6-2 前の例の同期バージョン
8-1 C で作成した条件処理ルーチン
8-2 条件処理プログラムの例
1-1 VAX アプリケーションを I64 システムに移行する方法
2-1 プログラムの移行
5-1 仮想アドレスのレイアウト
5-2 オフセットによるマッピングでアドレス範囲に与える影響
6-1 同期に関する判断
6-2 前の例での不可分性の仮定
6-3 I64 システムでの読み取り/書き込み操作の順序
7-1 VAX C による mystruct のアラインメント
7-2 C for OpenVMS I64 システムによる mystruct のアラインメント
8-1 VAX システムと I64 システム上の 32 ビット・シグナル・アレイ
8-2 VAX システムでのメカニズム・アレイ
8-3 I64 システムでのメカニズム・アレイ
8-4 SS$_ALIGN 例外のシグナル・アレイ
2-1 移行方法の比較
2-2 移行方式の選択: アーキテクチャに依存する部分の取り扱い
2-3 浮動小数点データ型のサポート
3-1 OpenVMS の開発ツール
3-2 OpenVMS VAX と OpenVMS I64 の CLUE の相違点
3-3 コンパイル時の参照を報告するためのコンパイラ・スイッチ
4-1 OpenVMS I64 システム固有のリンカ修飾子とオプション
4-2 I64 システムではサポートされない OpenVMS VAX リンカ修飾子とオプション
4-3 I64 システムでは無視される OpenVMS VAX リンカ修飾子とオプション
4-4 ホスト・アーキテクチャを指定する$GETSYI 項目コード
5-1 メモリ管理ルーチンでページ・サイズに依存する可能性のある部分
5-2 ランタイム・ライブラリ・ルーチンでページ・サイズに依存する可能性のある部分
7-1 VAX と I64 のネイティブ・データ型の比較
8-1 アーキテクチャ固有のハードウェア例外
8-2 ランタイム・ライブラリ条件処理サポート・ルーチン
9-1 OpenVMS での Ada 言語のサポート
9-2 浮動小数点データ型の対応
9-3 HPE Fortran 77 にない HPE Fortran の修飾子
9-4 HPE Fortran で使用できない HPE Fortran 77 の修飾子
9-5 VAX システムと I64 システムでの浮動小数点データ

目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項