日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:移行プロセスの概要
第 2 章:移行方法の選択
第 3 章:アプリケーションの移行
第 4 章:再コンパイルと再リンクの概要
第 5 章:ページサイズの拡大に対するアプリケーションの対応
第 6 章:共用データの整合性の維持
第 7 章:アプリケーションデータ宣言の移植性の確認
第 8 章:アプリケーション内の条件処理コードの確認
第 9 章:OpenVMS I64コンパイラ
付録 A :アプリケーション評価チェックリスト
用語集
索引
PDF
OpenVMS ホーム

OpenVMS
OpenVMS VAX から OpenVMS I64 への
アプリケーションの移行


目次 索引

第 4 章
4 再コンパイルと再リンクの概要
     4.1     最新版のコンパイラによる VAX でのコンパイル
     4.2     ネイティブ I64 コンパイラによるアプリケーションの再コンパイル
     4.3     I64 システムでのアプリケーションの再リンク
     4.4     VAX システムと I64 システムの算術演算ライブラリ間の互換性
     4.5     ホスト・アーキテクチャの判断
第 5 章
5 ページ・サイズの拡大に対するアプリケーションの対応
     5.1     概要
         5.1.1         互換性機能
         5.1.2         特定のページ・サイズに依存する可能性のあるメモリ管理ルーチンのまとめ
     5.2     メモリ割り当てルーチンの確認
         5.2.1         拡張された仮想アドレス空間でのメモリの割り当て
         5.2.2         既存の仮想アドレス空間でのメモリの割り当て
         5.2.3         仮想メモリの削除
     5.3     メモリ・マッピング・ルーチンの確認
         5.3.1         拡張した仮想アドレス空間へのマッピング
         5.3.2         特定の位置への単一ページのマッピング
         5.3.3         定義されたアドレス範囲へのマッピング
         5.3.4         オフセットによるセクション・ファイルのマッピング
     5.4     ページ・サイズの実行時確認
     5.5     メモリをワーキング・セット内にロックする操作
第 6 章
6 共用データの整合性の維持
     6.1     概要
         6.1.1         不可分性を保証する VAX アーキテクチャの機能
         6.1.2         Intel Itanium の互換性機能
     6.2     アプリケーションにおける不可分性への依存の検出
         6.2.1         明示的に共用されるデータの保護
         6.2.2         無意識に共用されるデータの保護
     6.3     読み取り/書き込み操作の同期
     6.4     トランスレートされたイメージの不可分性の保証
第 7 章
7 アプリケーション・データ宣言の移植性の確認
     7.1     概要
     7.2     VAX データ型への依存の確認
     7.3     データ型の選択に関する仮定の確認
         7.3.1         データ型の選択がコード・サイズに与える影響
         7.3.2         データ型の選択が性能に与える影響
第 8 章
8 アプリケーション内の条件処理コードの確認
     8.1     概要
     8.2     動的条件ハンドラの設定
     8.3     依存している条件処理ルーチンの確認
     8.4     例外条件の識別
         8.4.1         I64 システムでの算術演算例外のテスト
         8.4.2         データ・アラインメント・トラップのテスト
     8.5     条件処理に関連する他の作業の実行
第 9 章
9 OpenVMS I64 コンパイラ
     9.1     I64 システムと VAX システム間の Ada の互換性
         9.1.1         タスクに関する相違点
         9.1.2         Ada を使用したイメージのトランスレート
     9.2     VAX BASIC と HPE BASIC の互換性
         9.2.1         HPE BASIC では利用できない VAX BASIC の機能
         9.2.2         VAX BASIC では利用できない HPE BASIC の機能
         9.2.3         VAX BASIC と HPE BASIC の動作の相違点
             9.2.3.1             浮動小数点データ型の演算
                 9.2.3.1.1                 HPE BASIC での (DOUBLE) D 浮動小数点データ型の使用
                 9.2.3.1.2                 HPE BASIC での VAX 浮動小数点データ型の使用
                 9.2.3.1.3                 HFLOAT データ型の暗黙的な使用
                 9.2.3.1.4                 CDD レコード中の HFLOAT データ
             9.2.3.2             浮動小数点データ型のデフォルトのサイズ
             9.2.3.3             パラメータの値渡し
             9.2.3.4             配列パラメータ
             9.2.3.5             DEF* ルーチン
             9.2.3.6             /LINES 修飾子
             9.2.3.7             DCL コマンド行でのファイルの追加
             9.2.3.8             制御が到達しないコードに関するエラー
             9.2.3.9             行番号
             9.2.3.10             エラー処理セマンティック
             9.2.3.11             オブジェクト・モジュールの生成
             9.2.3.12             RESUME と DEF
             9.2.3.13             例外
             9.2.3.14             コンパイラ・メッセージの相違点
             9.2.3.15             DCL に返されるエラー状態
             9.2.3.16             SYS$INPUT
             9.2.3.17             FSS$ 関数
             9.2.3.18             BAS$K_FAC_NO 定数
             9.2.3.19             結果が異なる算術関数
             9.2.3.20             浮動小数点エラー
             9.2.3.21             不正な MAT 演算に関するエラーの検出
             9.2.3.22             デバッグの相違点
             9.2.3.23             リスト・ファイルの相違点
         9.2.4         共通言語環境の相違点
             9.2.4.1             COMMON 文と MAP 文による PSECT の作成
             9.2.4.2             64 ビットの浮動小数点データ
     9.3     HPE C と VAX C の互換性
     9.4      VAX COBOL と HPE COBOL の互換性と移行
     9.5     OpenVMS VAX システムと OpenVMS I64 システムの HPE Fortran の互換性
         9.5.1         言語機能
             9.5.1.1             HPE Fortran 固有の言語機能
             9.5.1.2             HPE Fortran 77 固有の言語機能
             9.5.1.3             解釈方法の相違
         9.5.2         コマンド行修飾子
             9.5.2.1             HPE Fortran for OpenVMS I64 固有の修飾子
             9.5.2.2             HPE Fortran 77 固有の修飾子
         9.5.3         トランスレートされた共有イメージとの相互操作性
         9.5.4         HPE Fortran 77 データの移植
     9.6     HPE Pascal for I64 Systems と HPE Pascal for VAX Systems の互換性
         9.6.1         使用されない外部シンボル
         9.6.2         プラットフォームにまたがった環境ファイル
         9.6.3         列挙型と論理型のデフォルトのサイズ
         9.6.4         パックされていない配列とレコードのデフォルトのデータ・レイアウト
         9.6.5         デフォルトの浮動小数点形式
         9.6.6         IADDRESS と VOLATILE
         9.6.7         値が大きな符号なし数値での INT のオーバフロー
         9.6.8         バウンド・プロシージャ値
         9.6.9         整合配列パラメータ用のさまざまな記述子クラス
         9.6.10         OpenVMS I64 では利用できない Pascal の機能
         9.6.11         Pascal レコード・レイアウト・ガイド


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項