日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:移行プロセスの概要
第 2 章:移行方法の選択
第 3 章:アプリケーションの移行
第 4 章:再コンパイルと再リンクの概要
第 5 章:ページサイズの拡大に対するアプリケーションの対応
第 6 章:共用データの整合性の維持
第 7 章:アプリケーションデータ宣言の移植性の確認
第 8 章:アプリケーション内の条件処理コードの確認
第 9 章:OpenVMS I64コンパイラ
付録 A :アプリケーション評価チェックリスト
用語集
索引
PDF
OpenVMS ホーム

OpenVMS
OpenVMS VAX から OpenVMS I64 への
アプリケーションの移行


目次 索引


ポータビリティ
    互換性を参照
マッピング・メモリ
    メモリ・マッピングを参照
マルチプロセシング
命令
    不可分性 #1
    不可分性 #2
    メモリ・フェンス
命令ストリーム
    調査
メカニズム・アレイ
    depth 引数の使用
    アーキテクチャの詳細への依存
    形式
メカニズム・アレイ構造体
メッセージ・ユーティリティ (MESSAGE)
    ネイティブ Alpha
メモリ管理機能
    ページ・サイズへの依存
        まとめ
メモリ管理システム・サービス
メモリのマッピング
    $CRMPSC システム・サービスの使用
    拡張した仮想アドレス空間への
        ページ・サイズへの依存
    単一ページのマッピング
        ページ・サイズへの依存
    定義されたアドレス範囲へのマッピング
        必要な変更
        ページ・サイズへの依存
メモリのロック
    ページ・サイズへの依存 #1
    ページ・サイズへの依存 #2
メモリの割り当て
    $CRETVA システム・サービスの使用
    $EXPREG システム・サービスの使用
    アドレス範囲の指定
    仮想アドレス空間の拡張による
        ページ・サイズへの依存
    既存の仮想アドレスの再割り当て
        ページ・サイズへの依存
    ページ・カウントの指定
    ページ・サイズへの依存 #1
    ページ・サイズへの依存 #2
    ページ・サイズへの依存の確認
    割り当て済みメモリの解放
        ページ・サイズへの依存
メモリ・フェンス命令
メモリ保護
    ページ・サイズへの依存
    ページ・サイズ粒度
メモリ・マッピング
    ページ・サイズへの依存
モジュール管理システム (Module Management System)
    MMSを参照 #1
    MMSを参照 #2
戻りアドレス
    スタック上の変更
ユーザ作成デバイス・ドライバ
    OpenVMS Alpha システム上の
ユーザ・モード・イメージ
    スライシング
呼び出し
    非標準
        ジャケット・ルーチンの作成
呼び出し規則
    に依存するコード
    への依存
呼び出しフレーム
    内容の解釈
読み取り/書き込み操作
    順序 #1
    順序 #2
    順序 #3
読み取り/書き込みの順序
    同期に対する影響
ライブラリ (LIB$) ルーチン
    LIB$ESTABLISH
    LIB$REVERT
    OpenVMS I64 にない
ライブラリアン・ユーティリティ (LIBRARIAN)
    ネイティブ Alpha
ランタイム・ライブラリ・ルーチン
    LIB$ESTABLISH
    LIB$REVERT
    ページ・サイズへの依存
    呼び出しインタフェースの無変更
ランタイム・ライブラリ・ルーチン
    OpenVMS I64 での異なる動作
リトル・エンディアン・データ型
粒度
リンカ・ユーティリティ
    /NONATIVE_ONLY オプション
    OpenVMS I64 固有の機能
    オプション・ファイルの変更
    コマンド
    デフォルトのページ・サイズ
    ネイティブ I64
リンク
    ネイティブ I64 イメージの作成
リンク・コマンド
    必要な変更
リンク・プロシージャ
例外処理
    条件処理を参照
例外ハンドラ内のアンワインド
例外報告
    アーキテクチャの詳細への依存
    コンパイラ・オプション
    即時性
レコード管理サービス
    RMSを参照
ロック・サービス
    $DEQ #1
    $DEQ #2
    $ENQ #1
    $ENQ #2
ワーキング・セット
    変更
割り当て,メモリ
    $CRETVA システム・サービスの使用
    $EXPREG システム・サービスの使用
    アドレス範囲の指定
    仮想アドレス空間の拡張による
        ページ・サイズへの依存
    既存の仮想アドレスの再割り当て
        ページ・サイズへの依存
    ページ・カウントの指定
    割り当て済みメモリの解放
        ページ・サイズへの依存
割り込み優先順位レベル
    IPLを参照

目次 索引
印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項