日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


 

OpenVMS ドキュメント
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:概要
第 2 章:ロケールファイルの形式
第 3 章:文字セット記号ファイル
第 4 章:コマンド・リファレンス
 ≫ GENCAT
 ≫ ICONV COMPILE
 ≫ ICONV CONVERT
 ≫ LOCALE COMPILE
 ≫ LOCALE LOAD
 ≫ LOCALE UNLOAD
 ≫ LOCALE SHOW CHARACTER_DEFINITIONS
 ≫ LOCALE SHOW CURRENT
 ≫ LOCALE SHOW PUBLIC
 ≫ LOCALE SHOW VALUE
 ≫ zic
付録 A:日本語ロケール
索引
PDF
OpenVMS ホーム

OpenVMS
HPE C 国際化ユーティリティ・リファレンス・マニュアル


目次 索引




指定されたタイム・ゾーンのソース・ファイルのデータを使用して,タイム・ゾーン変換情報を格納したバイナリ・ファイルを作成します。

形式

zic [--v] ["--L" leapseconds] [--d directory] [--y yearistype] infile


パラメータ



infile

必須。

zic が読み込むソース・ファイル。


修飾子



--v

省略可能。

データ・ファイルに指定されている年が,時刻値によって表現可能な年の範囲をこえている場合は通知します。

"--L"

省略可能。

指定された名前のファイルから,うるう秒情報を読み込みます。このオプションを使用しない場合は,うるう秒情報が出力ファイルに格納されません。

--d

省略可能。

標準ディレクトリではなく,指定されたディレクトリに時間変換情報ファイルを作成します。

--y

省略可能。

年のタイプを確認するときに,yearistype ではなく,指定されたコマンド・ファイルを使用します。


説明

zic コマンドを使用すると, ZIC コンパイラはコマンド行に指定されたファイルからテキストを読み込み,この入力に指定された時間変換情報ファイルを作成できます。

ファイル名が - の場合には,標準入力が読み込まれます。

入力行は複数のフィールドで構成されます。フィールドの間は任意の数のスペース文字で区切ることができます。入力行の先頭と末尾の空白は無視されます。入力行で,引用符で囲まれていないシャープ記号 (#) はコメントの先頭を示し,この記号から行の末尾までがコメントであると解釈されます。スペース文字とシャープ文字をフィールドの一部として使用するときは,二重引用符 (" ") で囲みます。コメントの後の空白行は無視されます。

空白行以外の行は,次の 3 種類のいずれかであると解釈されます。


#1
$ zic -v  "-L" leapseco -d [-] myafrica 
 

ZIC コンパイラは myafrica というタイム・ゾーンのソース・ファイルをコンパイルします。指定されたパラメータをもとに,ZIC は次の処理を行います。

  1. 表現可能な範囲をこえる年を通知します。

  2. うるう秒を適用して出力ファイルを作成します。

  3. 現在のディレクトリに結果を格納します。

日付/時刻関数についての詳細は,『HPE C ランタイム・ライブラリ・リファレンス・マニュアル』を参照してください。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項