日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


 

OpenVMS ドキュメント
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:概要
第 2 章:ロケールファイルの形式
第 3 章:文字セット記号ファイル
第 4 章:コマンド・リファレンス
 ≫ GENCAT
 ≫ ICONV COMPILE
 ≫ ICONV CONVERT
 ≫ LOCALE COMPILE
 ≫ LOCALE LOAD
 ≫ LOCALE UNLOAD
 ≫ LOCALE SHOW CHARACTER_DEFINITIONS
 ≫ LOCALE SHOW CURRENT
 ≫ LOCALE SHOW PUBLIC
 ≫ LOCALE SHOW VALUE
 ≫ zic
付録 A:日本語ロケール
索引
PDF
OpenVMS ホーム

OpenVMS
HPE C 国際化ユーティリティ・リファレンス・マニュアル


目次 索引




システム上の公用のロケールをすべてリストします。

形式

LOCALE SHOW PUBLIC


パラメータ



なし


修飾子



なし


説明

LOCALE SHOW PUBLIC コマンドは,システム上の公用のロケールをすべてリストします。公用のロケールのセットには,HPE Cランタイム・ライブラリで提供される,システム組み込みのロケールに加えて,論理名SYS$I18N_LOCALEで定義されるディレクトリにあるロケールがすべて含まれます。

#1
$ LOCALE SHOW PUBLIC 
 
C (Built-in) 
POSIX (Built-in) 
[SYS$I18N.LOCALES.SYSTEM]EN_GB_ISO8859_1 
[SYS$I18N.LOCALES.SYSTEM]EN_US_ISO8859_1 
[SYS$I18N.LOCALES.SYSTEM]FR_CA_ISO8859_1 
[SYS$I18N.LOCALES.SYSTEM]GRBAGE_LOCALE (bad file header checksum) 
[SYS$I18N.LOCALES.SYSTEM]JA_JP_DECKANJI (Permanently Loaded) 
 

この例は,SYS$I18N_LOCALEディレクトリに 3つのロケール・ファイルを持つシステムを示しています。 CおよびPOSIXロケールはシステムに組み込まれているため, SYS$I18N_LOCALEディレクトリにはありません。

この例は,公用ディレクトリに不良ファイルまたはロケールでないファイルがある場合の動作,およびLOCALE LOADコマンドでシステムのメモリにロードされたロケール・ファイルがある場合の動作も示しています。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項