日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


 

OpenVMSマニュアル
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第1章:インストールに関する注意事項
第2章:関連製品に関する注意事項
第3章:一般ユーザ向けの注意事項
第4章:システム管理に関する注意事項
第5章:プログラミングに関する注意事項
第6章:ハードウェアに関する注意事項
付録A:インターロックされたメモリ命令の使用
索引
PDF
OpenVMS ホーム

OpenVMS
V8.4 リリース・ノート【翻訳版】


目次 索引

第 5 章
5 プログラミングに関する注意事項
     5.1     lib$routines.h ファイルにおけるプロトタイプ宣言の修正
     5.2     シンボリック・デバッガ
     5.3     C ランタイム・ライブラリ
     5.4     プロセス/アプリケーションがハングする
     5.5     POSIX スレッドを使用しているプログラムでの AST 実行要求の明確化
     5.6     ディレクトリ・ファイルの RMS $PARSE 検証
     5.7     IOLOCK8 を使わない FibreChannel ポート・ドライバ
     5.8     C++ コンパイラ
     5.9     DCE IDL C++ アプリケーションのビルド
     5.10     特権プログラムの再コンパイルが必要 (Alpha のみ)
     5.11     特権データ構造体の変更
         5.11.1         KPB 拡張
         5.11.2         CPU の名前空間
         5.11.3         64 ビットの論理ブロック番号 (LBN)
         5.11.4         動的スピンロックのフォーク
         5.11.5         UCB と DDB のアップデート
         5.11.6         PCB$T_TERMINAL のサイズの拡張
         5.11.7         スレッド単位のセキュリティは特権付きコードとデバイス・ドライバに影響する
     5.12     浮動小数点型データを使用するアプリケーション
         5.12.1         IEEE 浮動小数点フィルタ (Integrity のみ)
         5.12.2         Ada イベントのサポート (Integrity のみ)
         5.12.3         C++ 言語の問題 (Integrity のみ)
     5.13     Ada コンパイラ (Integrity のみ)
     5.14     Backup API: ジャーナリング・コールバック・イベントの制限事項
     5.15     C プログラム: CASE_LOOKUP=SENSITIVE を設定したコンパイル
     5.16     C ランタイム・ライブラリ
         5.16.1         C RTL TCP/IP ヘッダ・ファイルのアップデート
         5.16.2         バックポート・ライブラリが提供されなくなった
         5.16.3         ヘッダ・ファイル <time.h> の変更
         5.16.4         ヘッダ・ファイル <time.h> での非 ANSI の *_r 関数の参照
         5.16.5         ヘッダ・ファイル <builtins.h> の __CMP_SWAP* と _Interlocked* が C++ から参照可能
         5.16.6         Integrity システムへのビルトイン __fci の追加
         5.16.7         DECC$*.OLB オブジェクト・ライブラリに新しいエントリがない
     5.17     呼び出し標準規則とローテートするレジスタ (Integrity のみ)
     5.18     Common Data Security Architecture (CDSA) に関する考慮
         5.18.1         Secure Delivery
         5.18.2         インストールと初期化に関する注意事項
     5.19     デバッグ・モード: CPUSPINWAIT バグ・チェックの回避
     5.20     Delta/XDelta デバッガ
         5.20.1         XDelta のレジスタ表示に関する考慮 (Integrity のみ)
     5.21     ファイル・アプリケーション: 『Guide to OpenVMS File Applications』の訂正
     5.22     RMS 構造体についての BLISS コンパイラの警告 (Integrity のみ)
     5.23     RMS の Must-Be-Zero エラーの可能性: FAB 内に新しいファイル・オプション用の場所を確保
     5.24     HPE COBOL ランタイム・ライブラリ (RTL)
         5.24.1         COBOL CALL 文の性能改善
     5.25     HPE Fortran for Integrity Servers
     5.26     HPE MACRO for OpenVMS
         5.26.1         Macro-32 コンパイラの拡張
         5.26.2         OpenVMS Integrity 用 HPE MACRO
         5.26.3         OpenVMS Alpha システム用の HPE MACRO
         5.26.4         /OPTIMIZE=VAXREGS 修飾子は Integrity サーバではサポートされない
         5.26.5         浮動小数点数のゼロ除算エラーが検出されない (Integrity のみ)
     5.27     Hypersort ユーティリティ
         5.27.1         弊社への問題の報告
         5.27.2         ラージ・ファイルの制限事項
         5.27.3         Hypersort と VFC ファイルの制限事項
         5.27.4         /FORMAT=RECORD_SIZE の制限事項
         5.27.5         Hypersort と検索リスト,および論理名の使用
         5.27.6         作業ファイルの空き領域不足
         5.27.7         入力アスタリスク (*) の制限事項
         5.27.8         最適化されたワーキング・セット・エクステントとページ・ファイル・クォータの設定
     5.28     Intel® アセンブラ (Integrity のみ)
     5.29     Librarian ユーティリティ
         5.29.1         data-reduced ELF オブジェクト・ライブラリとのリンクは推奨できない (Integrity のみ)
         5.29.2         Integrity サーバ・ライブラリへの .STB ファイルの挿入または置き換えの失敗 (Integrity のみ)
         5.29.3         プロセス・クォータが低すぎると Librarian がエラーを通知しない問題
     5.30     OpenVMS Alpha 用 Linker ユーティリティ
         5.30.1         SYMBOL_VECTOR リンカ・オプションの制限事項
         5.30.2         多数のファイルを指定した場合に Linker がハングアップしたように見える
         5.30.3         ライブラリ・チェックにおける Linker のデフォルト動作の変更
         5.30.4         スタックのエレメント数は最大 25 に制限
     5.31     OpenVMS Integrity 用 Linker ユーティリティ
         5.31.1         SYMBOL_VECTOR リンカ・オプションの制限事項
         5.31.2         正しくないイメージ間デバッグ・フィックスアップをリンカがデバッグ・シンボル・ファイルに書き込む
         5.31.3         /SELECTIVE_SEARCH がトランスファー・アドレスを誤って無視することがある
         5.31.4         最大セクション数
         5.31.5         マップ・ファイル中の共用可能イメージの作成日が正しくない
         5.31.6         demangler 情報を検索するとアクセス違反になる
         5.31.7         NOGLOSYM エラー・メッセージに対する誤った二次メッセージ
         5.31.8         未定義シンボルについての誤った情報
         5.31.9         誤った UNMAPFIL エラー
         5.31.10         共用可能イメージ・マップ内の識別子の最大長の変更
         5.31.11         共用可能イメージに対するリンケージ・タイプ・チェック
         5.31.12         プログラム・セクションの ABS 属性が無視される
         5.31.13         コマンド行に FP_MODE リテラルを指定していないとリンカはアクセス違反となる
         5.31.14         OpenVMS Integrity のオブジェクト・モジュールとイメージ・ファイルの情報が現在利用できない
         5.31.15         Integrity リンカと Alpha リンカの違い
         5.31.16         LINK_ORDER セクション・ヘッダ・フラグはサポートされていない
         5.31.17         data-reduced ELF オブジェクト・ライブラリとのリンクは推奨できない
         5.31.18         初期化されたオーバレイ・プログラム・セクションの取り扱いについての誤りの修正
         5.31.19         リンカの修飾子 /EXPORT_SYMBOL_VECTOR と /PUBLISH_GLOBAL_SYMBOLS の削除
         5.31.20         オプションでの長いシンボル名のサポート
         5.31.21         リンカが作成したコード・スタブのメモリの使用方法の改善
         5.31.22         コンパイラでのデマングル化されたシンボル名のサポート
     5.32     LTDRIVER: CANCEL SELECTIVE の制限事項
     5.33     Mail ユーティリティ: 呼び出し可能メールのスレッドの制限事項
     5.34     OpenVMS のシステム・ダンプ・アナライザ (SDA)
         5.34.1         CLUE コマンドは OpenVMS Integrity に移植されていない
     5.35     OpenVMS Integrity Version 8.2 に含まれない PL/I ライブラリ
     5.36     POSIX スレッド・ライブラリ
         5.36.1         プロセス共有オブジェクトのサポート
         5.36.2         pthread_mutex_lock の新しい戻り状態値
         5.36.3         新しい API pthread_mutex_tryforcedlock_np のサポート
         5.36.4         例外処理中のスタック・オーバフロー (Integrity のみ)
         5.36.5         Integrity サーバでの THREADCP コマンドの動作
         5.36.6         浮動小数点のコンパイルと例外 (Integrity のみ)
         5.36.7         C 言語コンパイル・ヘッダ・ファイルの変更
         5.36.8         新しい優先順位調整アルゴリズム
         5.36.9         プロセス・ダンプ
         5.36.10         動的 CPU 構成の変更
         5.36.11         デバッガ計測機能は動作しない
     5.37     RTL ライブラリ (LIB$)
         5.37.1         RTL ライブラリ (LIB$) のヘルプ
         5.37.2         RTL Library (LIB$): 呼び出し標準ルーチン (Integrity のみ)
     5.38     Screen Management (SMG$) のドキュメント
     5.39     SORT32 ユーティリティ
         5.39.1         DFS サービス・ディスクでの CONVERT の問題
         5.39.2         一時作業ファイルが削除されないことがある
         5.39.3         複合条件のある SORT/SPECIFICATION: 要件
         5.39.4         可変長レコードでの性能の問題
         5.39.5         作業ファイル・ディレクトリの制約事項
     5.40     タイマ・キュー・エントリ (TQE)
     5.41     Watchpoint ユーティリティ (Integrity のみ)
     5.42     プログラム全体の浮動小数点モード (Integrity のみ)


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項