日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


 

OpenVMS ドキュメント
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第1章:ACL エディタ
第2章:会計情報ユーティリティ
第3章:ディスク構造分析ユーティリティ
第4章:監査分析ユーティリティ
第5章:登録ユーティリティ
第6章:AUTOGENコマンド・プロシージャ
第7章:バックアップ・ユーティリティ
第8章:CDDVDユーティリティ
第9章:EFIユーティリティ
第10章:Error Log Viewer
第11章:InfoServer
第12章:インストール・ユーティリティ
第13章:LAN制御プログラム・ユーティリティ
第14章:LAT制御プログラム・ユーティリティ
第15章:ログ・マネージャ制御プログラム・ユーティリティ
第16章:Monitor
第17章:MSAユーティリティ
第18章:Point-to-Point
第19章:PCSI
第20章:SASコントローラ
第21章:SCA Control Programユーティリティ
第22章:Show Clusterユーティリティ
第23章:System Generationユーティリティ
第24章:System Managementユーティリティ
第25章:USB構成ユーティリティ
第26章:XA Gateway Control Programユーティリティ
付録A:ACLエディタのキーパッド編集コマンド
付録B:ACL エディタのカスタマイズ
付録C:プログラマのための会計情報
付録D:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 段階チェック
付録E:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 使用量ファイル
付録F:セキュリティ監査メッセージの形式
付録G:BACKUP 修飾子の組み合わせ方
付録H:MONITOR におけるレコード形式
付録I:OpenVMS I64 シリアル・マルチプレクサのサポート
付録J:SHOW CLUSTER キーパッド・コマンド
付録K:システム・パラメータ
索引
PDF    Vol.1   Vol.2
OpenVMS ホーム

OpenVMS
システム管理ユーティリティ・リファレンス・マニュアル


目次 索引

次のように,ACP システム・パラメータ値を 16 進表記で出力しています。

Parameters in use: Active 
Parameter Name             Current   Default   Minimum   Maximum Unit  Dynamic 
ACP_MULTIPLE              00000000  00000001  00000000  00000001 Boolean     D 
ACP_SHARE                 00000001  00000001  00000000  00000001 Boolean 
ACP_MAPCACHE              00000034  00000008  00000001  FFFFFFFF Pages       D 
ACP_HDRCACHE              0000008A  00000080  00000002  FFFFFFFF Pages       D 
ACP_DIRCACHE              0000008A  00000050  00000002  FFFFFFFF Pages       D 
ACP_DNDXCACHE             00000025  00000019  00000002  FFFFFFFF Pages       D 
ACP_WORKSET               00000000  00000000  00000000  FFFFFFFF Pages       D 
ACP_FIDCACHE              00000040  00000040  00000000  FFFFFFFF File-Ids    D 
ACP_EXTCACHE              00000040  00000040  00000000  FFFFFFFF Extents     D 
ACP_EXTLIMIT              0000012C  0000012C  00000000  000003E8 Percent/10  D 
ACP_QUOCACHE              00000082  00000040  00000000  FFFFFFFF Users       D 
ACP_SYSACC                00000004  00000008  00000000  FFFFFFFF Directories D 
ACP_MAXREAD               00000020  00000020  00000001  00000040 Blocks      D 
ACP_WINDOW                00000007  00000007  00000001  FFFFFFFF Pointers    D 
ACP_WRITEBACK             00000001  00000001  00000000  00000001 Boolean     D 
ACP_DATACHECK             00000002  00000002  00000000  00000003 Bit-mask    D 
ACP_BASEPRIO              00000008  00000008  00000004  0000001F Priority    D 
ACP_SWAPFLGS              0000000E  0000000F  00000000  0000000F Bit-mask    D 
ACP_XQP_RES               00000001  00000001  00000000  00000001 Boolean 
ACP_REBLDSYSD             00000000  00000001  00000000  00000001 Boolean 

#4
SYSGEN>   SHOW/PQL

Alpha システムまたは Integrity システムでは,この例のコマンドは次のような出力を生成します。

 
Parameters in use: Active 
Parameter Name            Current    Default     Min.     Max.     Unit  Dynamic 
--------------            -------    -------    -------  -------   ----  ------- 
PQL_DASTLM                     24         24        -1        -1 Ast        D 
PQL_MASTLM                      4          4        -1        -1 Ast        D 
PQL_DBIOLM                     32         32        -1        -1 I/O        D 
PQL_MBIOLM                      4          4        -1        -1 I/O        D 
PQL_DBYTLM                  65536      65536        -1        -1 Bytes      D 
PQL_MBYTLM                   1024       1024        -1        -1 Bytes      D 
PQL_DCPULM                      0          0        -1        -1 10Ms       D 
PQL_MCPULM                      0          0        -1        -1 10Ms       D 
PQL_DDIOLM                     32         32        -1        -1 I/O        D 
PQL_MDIOLM                      4          4        -1        -1 I/O        D 
PQL_DFILLM                    128        128        -1        -1 Files      D 
PQL_MFILLM                      2          2        -1        -1 Files      D 
PQL_DPGFLQUOTA              65536      65536        -1        -1 Pagelets   D 
 internal value              4096       4096         0        -1 Pages      D 
PQL_MPGFLQUOTA               2048       2048        -1        -1 Pagelets   D 
 internal value               128        128       128        -1 Pages      D 
PQL_DPRCLM                     32         32        -1        -1 Processes  D 
PQL_MPRCLM                      0          0        -1        -1 Processes  D 
PQL_DTQELM                     16         16        -1        -1 Timers     D 
PQL_MTQELM                      0          0        -1        -1 Timers     D 
PQL_DWSDEFAULT               2000       2000        -1        -1 Pagelets 
 internal value               125        125         0        -1 Pages 
PQL_MWSDEFAULT               2000       2000        -1        -1 Pagelets 
 internal value               125        125       125        -1 Pages 
PQL_DWSQUOTA                 4000       4000        -1        -1 Pagelets   D 
 internal value               250        250         0        -1 Pages      D 
PQL_MWSQUOTA                 4000       4000        -1        -1 Pagelets   D 
 internal value               250        250       250        -1 Pages      D 
PQL_DWSEXTENT               12000      12000        -1        -1 Pagelets   D 
 internal value               750        750         0        -1 Pages      D 
PQL_MWSEXTENT                4000       4000        -1        -1 Pagelets   D 
 internal value               250        250       250        -1 Pages      D 
PQL_DENQLM                     64         64        -1        -1 Locks      D 
PQL_MENQLM                      4          4        -1        -1 Locks      D 
PQL_DJTQUOTA                 1024       1024        -1        -1 Bytes      D 
PQL_MJTQUOTA                    0          0        -1        -1 Bytes      D 



SHOW/STARTUP

現在の汎用スタートアップ・コマンド・プロシージャの名前を表示します。

形式

SHOW/STARTUP


パラメータ



なし

修飾子



なし

SYSGEN>  SHOW/STARTUP
Startup command file = SYS$SYSTEM:STARTUP.COM

このコマンドは,汎用スタートアップ・コマンド・プロシージャの名前を表示しています。



TERMINAL

Ctrl/C,Ctrl/O,Ctrl/Y,Ctrl/Z のエコー文字列を,システム単位で変更します。

形式

TERMINAL/ECHO


パラメータ



なし

修飾子



なし

説明

TERMINAL コマンドを実行する前に,SYS$EXAMPLES に格納されている SYSGTTSTR.MSG ファイルを編集してください。このファイルには,編集プロシージャに対する命令が格納されています。

ファイルを編集し,TERMINAL コマンドを実行すると,指定した変更内容が有効となります。



USE

システム・パラメータの値とサイトから独立したスタートアップ・コマンド・プロシージャの名前を使用して, SYSGEN 作業領域を初期化し,既存の値を変更します。ユーティリティを起動するときに,SYSGEN 作業領域の初期値がアクティブ値になります。

パラメータ値とプロシージャ名の両方のソースを指定します。これらはパラメータ・ファイル,ディスク上の現在のシステム・パラメータ・ファイル,メモリのアクティブ・システム,省略時のリストのいずれかから検索できます。


形式

USE ファイル指定


パラメータ



ファイル指定

データを検索するシステム・パラメータ・ファイルのファイル指定。パラメータ・ファイルを作成するには, SYSGEN の WRITE コマンドを使用します。省略時のファイル・タイプは .PAR です。

ファイル指定の代わりに,次のキーワードのいずれかを指定することができます。



CURRENT

ディスク上の現在のシステム・パラメータ・ファイルから情報を取り出すことを指定します。

Alpha システムでは,システム・パラメータ・ファイルは SYS$SYSTEM:ALPHAVMSSYS.PAR です。

Integrity システムでは,システム・パラメータ・ファイルは SYS$SYSTEM:IA64VMSSYS.PAR です。

ACTIVE

メモリに格納されているアクティブ・システムから情報を取り出すことを指定します。

DEFAULT

ソース情報を省略時のリストから検索することを指定します。 USE DEFAULT コマンドは,SYSGEN に組み込まれているパラメータ値を使用して,SYSGEN 作業領域を初期化します。これらの値を使用すると,オペレーティング・システムは標準構成であれば,どの構成でもブートできます。

システムをハングさせる可能性のある未調整のレイヤード・プロダクトがシステム上にあるような場合,すべてのレイヤード・プロダクトを起動させないでシステムを起動するには, STARTUP_P1 システム・パラメータを"MIN"に設定します。

SYSGEN> SET STARTUP_P1 "MIN"


修飾子



なし

#1
SYSGEN>   USE SYS$SYSTEM:SPECIAL

このコマンドは既存のパラメータ・ファイル SYS$SYSTEM:SPECIAL.PAR を使用します。

#2
SYSGEN> USE DEFAULT
SYSGEN> SET STARTUP_P1 "MIN"
 

最初のコマンドは省略時のパラメータ値を使用して, SYSGEN 作業領域を初期化します。2番目のコマンドは STARTUP_P1 パラメータを"MINIMUM"に設定します。



WRITE

システム・パラメータ値とサイトから独立したスタートアップ・コマンド・プロシージャの名前を SYSGEN 作業領域からパラメータ・ファイル,ディスク上の現在のシステム・パラメータ・ファイル,メモリのアクティブ・システムのいずれかに書き込みます。

形式

WRITE ファイル指定


パラメータ



ファイル指定

作成する新しいパラメータ・ファイル。省略時のファイル・タイプは .PAR です。

ファイル指定の代わりに,次のキーワードのいずれかを指定することができます。



CURRENT

ディスク上の現在のシステム・パラメータ・ファイルに情報を書き込むことを指定します。

Alpha システムでは,システム・パラメータ・ファイルは SYS$SYSTEM:ALPHAVMSSYS.PAR です。

Integrity システムでは,システム・パラメータ・ファイルは SYS$SYSTEM:IA64VMSSYS.PAR です。

WRITE CURRENT コマンドを使用するには,SYSPRV 特権が必要です。

ACTIVE

ソース情報をメモリのアクティブ・システムに書き込むことを指定します (動的パラメータ値だけがアクティブ・システムに書き込まれます)。

WRITE ACTIVE コマンドを使用するには,CMKRNL 特権が必要です。


修飾子



なし

説明

VAXシステムにおいて,SYSGEN内のセキュリティ監査では,システム・パラメータ・ファイルVAXVMSSYS.PARの変更の報告方法が変更されました。次の例に示すように,このようなイベントを通知するために,ファイルに対してアクセス制御リスト(ACL)を設定すれば,システム管理者はファイル変更の通知を受信できます。

$ SET ACL/ACL=(ALARM=SECURITY,ACCESS=WRITE+FAILURE+SUCCESS)- 
_$ SYS$SYSTEM:VAXVMSSYS.PAR 

ACLの設定についての詳しい説明は,『OpenVMS ユーザーズ・マニュアル』と『OpenVMS システム・セキュリティ・ガイド』を参照してください。

Alpha システムと Integrity システムでは, WRITE ACTIVE コマンドと WRITE CURRENT コマンドはどちらも OPCOM にメッセージを送信し,イベントを記録します。

  注意
バージョン 7.3-2 より前のバージョンでは, SYSGEN の監査またはアラームを有効にしても,変更されたパラメータに関する情報が出力されませんでした。バージョン 7.3-2 からは,監査またはアラームで,変更されたパラメータの一覧とその新旧の値が出力されるようになりました。


#1
SYSGEN>   WRITE SYS$SYSTEM:SPECIAL

このコマンドは新しいパラメータ指定ファイル, SYS$SYSTEM:SPECIAL.PAR を作成します。

#2
SYSGEN>   WRITE CURRENT
 

Alphaシステムでは,この例のコマンドはディスク上の現在のシステム・パラメータ・ファイル(SYS$SYSTEM:ALPHAVMSSYS.PAR)を変更します。

Integrity システムでは,この例のコマンドは,ディスク上の現在のシステム・パラメータ・ファイル (IA64VMSSYS.PAR) を変更します。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項