日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


 

OpenVMS ドキュメント
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第1章:ACL エディタ
第2章:会計情報ユーティリティ
第3章:ディスク構造分析ユーティリティ
第4章:監査分析ユーティリティ
第5章:登録ユーティリティ
第6章:AUTOGENコマンド・プロシージャ
第7章:バックアップ・ユーティリティ
第8章:CDDVDユーティリティ
第9章:EFIユーティリティ
第10章:Error Log Viewer
第11章:InfoServer
第12章:インストール・ユーティリティ
第13章:LAN制御プログラム・ユーティリティ
第14章:LAT制御プログラム・ユーティリティ
第15章:ログ・マネージャ制御プログラム・ユーティリティ
第16章:Monitor
第17章:MSAユーティリティ
第18章:Point-to-Point
第19章:PCSI
第20章:SASコントローラ
第21章:SCA Control Programユーティリティ
第22章:Show Clusterユーティリティ
第23章:System Generationユーティリティ
第24章:System Managementユーティリティ
第25章:USB構成ユーティリティ
第26章:XA Gateway Control Programユーティリティ
付録A:ACLエディタのキーパッド編集コマンド
付録B:ACL エディタのカスタマイズ
付録C:プログラマのための会計情報
付録D:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 段階チェック
付録E:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 使用量ファイル
付録F:セキュリティ監査メッセージの形式
付録G:BACKUP 修飾子の組み合わせ方
付録H:MONITOR におけるレコード形式
付録I:OpenVMS I64 シリアル・マルチプレクサのサポート
付録J:SHOW CLUSTER キーパッド・コマンド
付録K:システム・パラメータ
索引
PDF    Vol.1   Vol.2
OpenVMS ホーム

OpenVMS
システム管理ユーティリティ・リファレンス・マニュアル


目次 索引

第 23 章
System Generation ユーティリティ (SYSGEN)



System Generation ユーティリティ (SYSGEN) は,使用するハードウェアとソフトウェアに合わせてシステムを調整するシステム管理ツールです。次のように,オペレーティング・システムのさまざまな部分をSYSGEN コマンドで処理できます。

  • システム・パラメータ - DISABLE,ENABLE,SET,SHOW,USE,WRITE
    デバイスとデバイス・ドライバについての詳しい説明は『OpenVMS VAX Device Support Manual』を参照してください。このマニュアルは,アーカイブ扱いになっています。

  • システム・ファイル - CREATE,INSTALL

  • スタートアップ・コマンド・プロシージャ - SET/STARTUP, SHOW/STARTUP

  • マルチポート・メモリ - SHARE,SHARE/INITIALIZE

ブート時に SYSBOOT 機能を呼び出す際,いくつかの SYSGEN コマンドを使用することができます。詳細については,プロセッサのインストール・マニュアルと『OpenVMS システム管理者マニュアル』を参照してください。

23.1.1 SYSGEN の修飾子とパラメータの値の指定

通常,整数,キーワード,ファイル指定のいずれかを値として指定します。 SYSGEN の DISABLE CHECKS コマンドを指定しないかぎり,整数値は,最小値以上,最大値以下でなければなりません。

16 進基数や 8 進基数を指定できる修飾子やパラメータもあり, ASCII 文字列を指定できるものもあります。8 進値を指定する場合は %0, 16 進値を指定する場合は %X を値の前に付けます。ASCII 文字を指定する場合,文字列を二重引用符 ("  ") で囲みます。

付録 K にシステム・パラメータのリストがあります。

23.1.2 アクティブなパラメータ値と現在のパラメータ値の使用

システム・パラメータの値は,'アクティブ'または, '現在'になります。

  • アクティブ・パラメータとは,システムが実行しているときに有効 (アクティブ) であるパラメータ値です。実行中システムで変更できるアクティブ・パラメータは,動的パラメータだけです。 付録 K を参照してください。

  • 現在のパラメータとは,ディスク上の, Alpha システムでは SYS$SYSTEM:ALPHAVMSSYS.PAR に,I64 システムでは SYS$SYSTEM:IA64VMSSYS.PAR に格納されている,システムのブート時に使用する値です。現在のパラメータは,システムをブートするとアクティブ・パラメータとなります。

SYSGEN でアクティブ・パラメータを変更しても保存済みの現在のパラメータには影響しません。値はシステムの実行中にのみ変更されます。システムを次に起動したときには,現在のパラメータの従来の値がアクティブ・パラメータとして設定されます。ディスクに保存されている現在のパラメータを変更する場合は, SYSGEN の WRITE CURRENT コマンドを実行します。 DYNAMIC (動的) カテゴリではないアクティブ・パラメータを変更する場合は, WRITE CURRENT コマンドを実行し,システムを再起動します。

23.2 SYSGEN 使用法の要約

System Generation ユーティリティ (SYSGEN)は,特権付きのシステム構成機能を実行するシステム管理ツールです。 SYSGEN を使用すれば,システム・パラメータの作成と変更,デバイス・ドライバのロード,ページ・ファイルやスワップ・ファイルの作成が行えます。


形式

RUN SYS$SYSTEM:SYSGEN


パラメータ



なし

説明

SYSGEN を実行するには,DCL コマンド・プロンプトに対して RUN SYS$SYSTEM:SYSGEN と入力します。 SYSGEN> プロンプトが表示されるので,このプロンプトに対し,この章で説明する SYSGEN のコマンドを入力できます。 SYSGEN コマンドは,『OpenVMS DCL ディクショナリ』規定の標準文法規則に準拠しています。

SYSGEN を終了するには,SYSGEN> プロンプトに対して EXIT コマンドを入力するか,または Ctrl/Z を押します。 SET/OUTPUT コマンドを実行すれば,SYSGEN セッションの出力をファイルに格納できます。省略時の設定では,SYS$OUTPUT に出力されます。

  注意
システム・パラメータの変更,デバイス・ドライバのロード,または追加ページ・ファイルとスワップ・ファイルの作成では,なるべく AUTOGENコマンド・プロシージャを使用してください。



この節では,SYSGEN のコマンドについて,例を挙げて説明します。

CREATE

ページ・ファイル,スワップ・ファイル,ダンプ・ファイルのいずれかに使用できるファイルを作成します。通常,このコマンドは,コマンド・プロシージャ SYS$UPDATE:SWAPFILES を実行することによって間接的に使用します。

形式

CREATE ファイル指定


パラメータ



ファイル指定

作成するファイルの名前です。

修飾子



/CONTIGUOUS

/NOCONTIGUOUS

作成するファイルを連続ファイルとするか (/CONTIGUOUS) または連続最適トライ (/NOCONTIGUOUS) とするかを指定します。 OpenVMS ブートストラップ中に使用される基本ファイル・システムは,ページ・ファイル,スワップ・ファイル,およびダンプ・ファイルを 1 つのファイル・ヘッダに限定します。この制限事項のため,OpenVMS はバインドされたボリューム・セットからの信頼性のあるブートストラップができず,バインドされたボリューム・セットではサポートされていません。

/SIZE=ブロック数

作成するファイルのサイズをブロック単位で指定します。

SYSGEN>  CREATE DISK$PAGE:[NODE1]PAGEFILE.SYS /SIZE=200000

このコマンドは,DISK$PAGE: というディスクの [NODE1] ディレクトリに PAGEFILE.SYS というファイルを作成します。このファイルは連続最適ファイルとして作成されます。これは省略時の設定です。 SYSGEN は 200,000 ブロックのファイルを作成するか,またはディスク上で可能な数だけブロックを割り当て,CREATE コマンドに指定されたブロック数をファイルに完全に割り当てることができなかったことを警告するメッセージを表示します。

SYSGEN コマンドの INSTALL にファイルとその使い方を指定するまで,ファイルはページングやスワッピッングのために使用されません。



DEINSTALL

ページ・ファイルまたはスワップ・ファイルのインストールを解除します。 CMKRNL 特権が必要です。SYSGEN の INSTALL コマンドを使用してインストールしたファイルはすべて,インストールを解除できます。

指定したファイルを使用しているプロセスがある場合,このファイルに "deinstall pending" のマークが付きます。この結果,このファイルに対する新たな割り当てや予約が発生しません。このファイルへの参照がすべて削除されたとき,インストール解除が完了します。

"deinstall pending" 状態にあるファイルは,DCL コマンド SHOW MEMORY/FILES で表示できます。


形式

DEINSTALL ファイル指定

DEINSTALL/ALL

DEINSTALL/INDEX=n


パラメータ



ファイル指定

ページ・ファイルまたはスワップ・ファイルとしてインストール解除するファイルの名前を指定します。

修飾子



/PAGEFILE

ファイルをページ・ファイルとしてインストール解除することを指定します。

/SWAPFILE

ファイルをスワップ・ファイルとしてインストール解除することを指定します。

/ALL

システムに現在インストールされているページ・ファイルとスワップ・ファイルを,すべてインストール解除します。ディスク・ボリュームをすべてディスマウントする,通常のシステム・シャットダウン・プロシージャでは,このコマンドが非常に便利です。

他のパラメータや修飾子は使用できません。

/INDEX=n

ページ・ファイル・インデックスで指定したページ・ファイルまたはスワップ・ファイルを,インストール解除します。ページ・ファイル・インデックスは,DCL コマンド SHOW MEMORY/FILES/FULL の出力の "Page File Number" に表示されます。

他のパラメータや修飾子は,使用できません。


SYSGEN>  DEINSTALL DRA1:[SYSEXE]PAGEFILE.SYS /PAGEFILE



DISABLE

SYSGEN によるパラメータ値のチェックを禁止します。省略時の設定では,範囲チェックが許可されます。

形式

DISABLE CHECKS


パラメータ



なし

修飾子



なし


ENABLE

SET コマンドで変更したパラメータ値を SYSGEN が許容範囲内に維持することを指示します。省略時の設定では,範囲チェックが許可されます。

形式

ENABLE CHECKS


パラメータ



なし

修飾子



なし


INSTALL

ページ・ファイルまたはスワップ・ファイルを新たにインストールします。 CMKRNL 特権が必要です。

形式

INSTALL ファイル指定


パラメータ



ファイル指定

ページ・ファイルまたはスワップ・ファイルとしてインストールするファイルの名前を指定します。/SYSTEM を付けてマウントされたボリュームに常駐するファイルであれば,どれでも指定できます。性能を考慮した場合,連続したファイルの方がよいでしょう。

修飾子



/PAGEFILE

ファイルをページ・ファイルとしてインストールすることを指定します。このページ・ファイルは,ブート時にインストールされたページファイルをすべて補完します。

/SWAPFILE

ファイルをスワップ・ファイルとしてインストールすることを指定します。このスワップ・ファイルは,ブート時にインストールされたスワップ・ファイルをすべて補完します。

SYSGEN>  INSTALL DRA1:[SYSEXE]PAGEFILE.SYS /PAGEFILE



SET

SYSGEN ワーク・エリアのシステム・パラメータに値を設定します。

このコマンドは,パラメータ・ファイル,ディスク上の現在のシステム・パラメータ,アクティブ・システムは変更しません。これらを変更する方法については,WRITE コマンドを参照してください。


形式

SET パラメータ名値


パラメータ



パラメータ名

システム・パラメータの名前を指定します。ピリオド (.) を入力した場合,最後の SET コマンドまたは SHOW コマンドで指定したシステム・パラメータを要求したと解釈されます。パラメータ名の代わりにピリオドを使用する例については, SHOW パラメータ名コマンドの説明を参照してください。

通常,整数またはキーワード DEFAULT を指定します。 SYSGEN の DISABLE CHECKS コマンドを指定しないかぎり,整数値は,定義されている最小値以上,最大値以下でなければなりません。

キーワード DEFAULT は,パラメータの省略時の値を指定します。 SYSGEN の SHOW パラメータ名コマンドを実行すれば,パラメータの最大値,最小値,省略時の値を表示できます。

16 進基数や 8 進基数を指定できるパラメータもあり, ASCII 文字列を指定できるパラメータもあります。 8 進値で指定する場合は %0,16 進値で指定する場合は %X を値の前に付けます。ASCII 文字列を指定する場合,文字列を二重引用符
(" ") で囲みます。


修飾子



なし

#1
SYSGEN>  SET PFCDEFAULT 20

このコマンドは,PFCDEFAULT パラメータの値として 20 を割り当てます。

#2
SYSGEN>  SET GBLSECTIONS DEFAULT

このコマンドは,省略時の値 40 を GBLSECTIONS パラメータに設定しています。



SET/OUTPUT

セッション中の出力に使用するファイルを指定します。省略時の設定では SYS$OUTPUT に出力されますが,SET/OUTPUT コマンドを指定すればディスク・ファイルに出力できます。

SET/OUTPUT=SYS$OUTPUT コマンドを実行すれば,いつでも SYS$OUTPUT に出力することができます。


形式

SET/OUTPUT[=] ファイル指定


パラメータ



ファイル指定

出力ファイルの名前です。省略時のファイル・タイプは LIS です。等号 (=) は,省略可能です。

SYSGEN>  SET/OUTPUT=PARAMS.LIS
SYSGEN>  SHOW/ALL
SYSGEN>  SHOW/SPECIAL
SYSGEN>  EXIT

弊社で予約している SPECIAL パラメータを含むすべてのシステム・パラメータとそれらの値を PARAMS.LIS ファイルに出力しています。



SET/STARTUP

以降のブートで使用するパラメータ・ファイルに対応づける汎用スタートアップ・コマンド・プロシージャを指定します。

形式

SET/STARTUP ファイル指定


パラメータ



ファイル指定

システム・ディスク上のスタートアップ・コマンド・プロシージャの 31 文字以内のファイル指定です。ソフトウェア・ディストリビューション・キットで指定されている汎用スタートアップ・コマンド・プロシージャは, SYS$SYSTEM:STARTUP.COM です。

SYSGEN>   SET/STARTUP SYS$SYSTEM:XSTARTUP.COM

このコマンドは,現在の汎用スタートアップ・コマンド・プロシージャとして,
SYS$SYSTEM:XSTARTUP.COM を設定しています。



SHOW

SYSGEN ワーク・エリアに格納されているシステム・パラメータ値をはじめ,これらのパラメータの省略時の値,最小値,最大値,単位を表示します。

形式

SHOW パラメータ名


パラメータ



パラメータ名

システム・パラメータの名前を指定します。ピリオド (.) を指定すると,最後の SET パラメータ名または SHOW パラメータ名コマンドで指定したシステム・パラメータを要求したものと解釈されます。

OpenVMS Version 8.2 からは,廃止されたパラメータが指定された場合, Units 欄に「OBSOLETE」と表示されます。


修飾子



/ACP

すべての ACP パラメータ値を表示することを指定します。

/ALL

SPECIAL パラメータ値以外のすべてのパラメータ値を表示することを指定します。

/BI

VAXBI バスの入出力空間に現在マップされているデバイス・アドレスを表示することを指定します。

/CLUSTER

すべての CLUSTER パラメータ値を表示することを指定します。

/DYNAMIC

すべての DYNAMIC パラメータ値を表示することを指定します。

/GEN

すべての GEN パラメータ値を表示することを指定します。

/HEX

すべてのパラメータ値を 16 進表記で表示することを指定します。/HEX のシステム・パラメータ名またはパラメータ・タイプを指定します。/HEX 修飾子に /NAMES 修飾子を付けて指定すると,/HEX は無視されます。

/JOB

すべての JOB パラメータ値を表示することを指定します。

/LGI

すべての LGI パラメータ値を表示することを指定します。

/MAJOR

すべての MAJOR パラメータ値を表示することを指定します。

/MULTIPROCESSING

すべての MULTIPROCESSING パラメータ値を表示することを指定します。

/NAMES

すべてのパラメータの名前を表示することを指定します。

/OBSOLETE

廃止されたすべてのパラメータの名前を表示することを指定します。

/PQL

すべての PQL パラメータ値を表示することを指定します。

/RMS

すべての VAX RMS パラメータ値を表示することを指定します。

/SCS

すべての SCS パラメータ値を表示することを指定します。

/SPECIAL

弊社による使用のため予約されているすべてのパラメータ値を表示することを指定します。

/STARTUP

現在の汎用スタートアップ・コマンド・プロシージャの名前を表示することを指定します。

/SYS

すべての SYS パラメータ値を表示することを指定します。

/TTY

すべてのターミナル・パラメータ値を表示することを指定します。

/XMI[=BIindex]

XMI バスの入出力空間に現在マップされているデバイス・アドレスを表示することを指定します。すべてのプロセッサ,アダプタ,VAXBI アダプタ,メモリ・コントローラ,NI などの相互接続デバイスのノード番号,関係番号,総称も表示します。

SHOW/XMI=BIindex コマンドを実行するには,CMEXEC 特権が必要です。


説明

/HEX 修飾子を指定しないかぎり,パラメータ値は 10 進値で表示されます。ASCII 値は,特に指定しないかぎり ASCII 表記で表示されます。

VAX プラットフォームでパラメータ名を短縮した場合,短縮名に一致する最初のパラメータが表示されます。曖昧さのチェックは行われません。 Alpha プラットフォームまたは Integrity プラットフォームでは,短縮名と一致する名前のすべてのパラメータが表示されます。

たとえば,VAX システムで SHOW GBL を実行すると, GBLSECTIONS パラメータのみが表示されます。 GBLPAGFIL パラメータを表示するには, GBLPAGES パラメータと混同されないようにするため,SHOW GBLPAGF と指定する必要があります。 Alpha システムまたは Intrgrity システムでは,同じ SHOW GBL コマンドを入力すると, GBLSECTIONS,GBLPAGES,および GBLPAGFIL が表示されます。

ピリオド (.) を使用すれば,最後の SET パラメータ名または SHOW パラメータ名コマンドで指定したシステム・パラメータを取り出せます。


#1
SYSGEN> SHOW GBLSECTIONS
Parameter Name            Current   Default   Minimum   Maximum Unit  Dynamic 
GBLSECTIONS                   100        40        20        -1 Sections 
 
SYSGEN> SET . 110 
 
SYSGEN> SHOW . 
 
Parameter Name            Current   Default   Minimum   Maximum Unit  Dynamic 
GBLSECTIONS                   110        40        20        -1 Sections 
 

まず GBLSECTIONS パラメータの値を表示し,次にピリオドでパラメータを参照して現在の値を 110 に設定しています。次の SHOW コマンドでも,変更があったことをピリオドで確認しています。

#2
SYSGEN>   SHOW/ACP
 

VAXシステムにおいて,この例のコマンドは次の出力を作成します。

Parameters in use: Active 
Parameter Name             Current   Default   Minimum   Maximum Unit  Dynamic 
ACP_MULTIPLE                     0         1         0         1 Boolean     D 
ACP_SHARE                        1         1         0         1 Boolean 
ACP_MAPCACHE                    52         8         1        -1 Pages       D 
ACP_HDRCACHE                   138       128         2        -1 Pages       D 
ACP_DIRCACHE                   138        80         2        -1 Pages       D 
ACP_DINDXCACHE                  37        25         2        -1 Pages       D 
ACP_WORKSET                      0         0         0        -1 Pages       D 
ACP_FIDCACHE                    64        64         0        -1 File-Ids    D 
ACP_EXTCACHE                    64        64         0        -1 Extents     D 
ACP_EXTLIMIT                   300       300         0      1000 Percent/10  D 
ACP_QUOCACHE                   130        64         0        -1 Users       D 
ACP_SYSACC                       4         8         0        -1 Directories D 
ACP_MAXREAD                     32        32         1        64 Blocks      D 
ACP_WINDOW                       7         7         1        -1 Pointers    D 
ACP_WRITEBACK                    1         1         0         1 Boolean     D 
ACP_DATACHECK                    2         2         0         3 Bit-mask    D 
ACP_BASEPRIO                     8         8         4        31 Priority    D 
ACP_SWAPFLGS                    14        15         0        15 Bit-mask    D 
ACP_XQP_RES                      1         1         0         1 Boolean 
ACP_REBLDSYSD                    0         1         0         1 Boolean 

#3
SYSGEN>   SHOW/ACP/HEX


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項