日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


 

OpenVMS ドキュメント
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第1章:ACL エディタ
第2章:会計情報ユーティリティ
第3章:ディスク構造分析ユーティリティ
第4章:監査分析ユーティリティ
第5章:登録ユーティリティ
第6章:AUTOGENコマンド・プロシージャ
第7章:バックアップ・ユーティリティ
第8章:CDDVDユーティリティ
第9章:EFIユーティリティ
第10章:Error Log Viewer
第11章:InfoServer
第12章:インストール・ユーティリティ
第13章:LAN制御プログラム・ユーティリティ
第14章:LAT制御プログラム・ユーティリティ
第15章:ログ・マネージャ制御プログラム・ユーティリティ
第16章:Monitor
第17章:MSAユーティリティ
第18章:Point-to-Point
第19章:PCSI
第20章:SASコントローラ
第21章:SCA Control Programユーティリティ
第22章:Show Clusterユーティリティ
第23章:System Generationユーティリティ
第24章:System Managementユーティリティ
第25章:USB構成ユーティリティ
第26章:XA Gateway Control Programユーティリティ
付録A:ACLエディタのキーパッド編集コマンド
付録B:ACL エディタのカスタマイズ
付録C:プログラマのための会計情報
付録D:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 段階チェック
付録E:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 使用量ファイル
付録F:セキュリティ監査メッセージの形式
付録G:BACKUP 修飾子の組み合わせ方
付録H:MONITOR におけるレコード形式
付録I:OpenVMS I64 シリアル・マルチプレクサのサポート
付録J:SHOW CLUSTER キーパッド・コマンド
付録K:システム・パラメータ
索引
PDF    Vol.1   Vol.2
OpenVMS ホーム

OpenVMS
システム管理ユーティリティ・リファレンス・マニュアル


目次 索引

以下に示すのは SHOW CHANNEL/ECS コマンドの出力例です。

図 21-2 SHOW CHANNEL/ECS の出力例


ECS 状態チャネル ECS メンバーシップ情報

通信のロードバランスを図るため, OpenVMS は複数のインタフェースを使用して他のノードと通信します。しかし,リモート・ノードにリンクしているすべてのインタフェースが常にデータグラムの送信に使用されるわけではありません。 OpenVMS は,VC 内で一連の同等チャネル ECS (Equivalent Channel Set) を管理します。これらのチャネルは,所定の時間おおむね同等の転送品質を持っています。所定のノードへのデータグラムの送信には, ECS 内のチャネルのみが使用されます。 ECS State の欄は X(A,B,C) の形式で情報が表示されます。 X 欄に表示される "Y" (Yes) あるいは "N" (No) は,そのチャネルが ECS にあるかそうでないかを示します。その他の欄には,チャネル性能データから取り出したチャネルの品質が示されます。表示される文字の意味は以下のとおりです。

  • A欄: T は Tight,L は Lossy の略

  • B欄: P,S,I,U は,それぞれ Peer,Superior,Inferior,Ungraded の略

  • C欄: F は Fast,S は Slow の略

ECS についての詳細は,『OpenVMS Cluster システム』の「NISCA 転送プロトコル・チャネル選択と輻輳制御」の項を参照してください。

  注意
OpenVMS Version 8.3 以降,トポロジー変化 (Topology change) のカラムは SHOW CHANNEL/FULL あるいは /5 の実行結果から削除されています。これは,この値はエラーと考えるべきではなく,あるインターコネクトから別のインターコネクトへのフェールオーバーの数だからです。他のインターコネクトへのフェールオーバーが発生すると,バッファサイズは変更されます。このトポロジー変化は,SHOW VC/FULL の出力結果の "Buffer SizeDecr"カラムの下でカウントされます。

次のように /IPCHANNEL 修飾子を使用すると, IP チャネルのデータ要約を表示できます。

$ SHOW CHANNEL <nodename>/IPCHANNEL 

図 21-3 SHOW CHANNEL/IP の出力例


次のように /LANCHANNEL 修飾子を使用すると, LAN チャネルのデータ要約を表示できます。

$ SHOW CHANNEL/LANCHANNEL 

図 21-4 SHOW CHANNEL/LANCHANNEL 出力例




SHOW CIRCUIT

SCA サーキット情報を表示します。各ノード名は,単一のサーキットを一意に識別するために追加のパラメータを指定して,さらに修飾することができます。

形式

SHOW CIRCUIT ノード名


パラメータ



ノード名[,...]

個別のノードへの特定のサーキットを含めます。指定にはワイルドカードを使用できます。

修飾子



/EXCLUDE=(ノード名[/PORT=ポート名[/RSTATION=n]][,...])

あるノードへの特定のサーキットを除外できます。同一のノードに対して複数のサーキットが存在する場合, /PORT および /RSTATION 修飾子を使用すると一意にサーキットを識別できます。

/PORT=ポート名[/RSTATION=n]

同一のノードに対して複数のサーキットが存在する場合, /PORT および /RSTATION 修飾子を使用すると一意にサーキットを識別できます。 /RSTATION 修飾子は,/PORT 修飾子とともにのみ使用できます。

SCACP>SHOW CIRCUIT

ポート PEA0 を経由するノードへのすべてのサーキットを表示します。

 
 Circuit data for CLUIO2 at 07-DEC 11:55:31.80 
 
  Node     Port   Priority       Load                Remote  Remote 
  Name     Name   Cur   Mgt  Class    State     Station  Type 
 -------- -------- ---- ---- -------- --------  -------  -------- 
 LYNX03   PEA0        0    0       10     Open      dc       NI 
 CLUIO1   PEA0        0    0       10     Open      dd       NI 
 PRMMC2   PEA0        0    0       10     Open      de       NI 
 RXBOT1   PIB0        5    0       48     Open       4     RF72 
 RXTOP1   PIB0        5    0       48     Open       1     RF73 
 RXTOP0   PIB0        5    0       48     Open       0     RF73 
 CLUIO1   PIB0        5    0       48     Open       7     N710 
 R4JC3I   PIC0        5    0       48     Open       7     RF73 
 R4HLEK   PIC0        5    0       48     Open       5     RF73 
 R4XEWM   PIC0        5    0       48     Open       3     RF73 
 R4A1FN   PIC0        5    0       48     Open       2     RF73 
 R4XSVE   PIC0        5    0       48     Open       4     RF73 
 R4VLNI   PIC0        5    0       48     Open       1     RF73 

SCACP>SHOW CIRCUIT* /PORT=PEA0

この SHOW CIRCUIT コマンドは,すべてのノードへのすべてのサーキットを表示します。

 Circuit data for CLUIO2 at 07-DEC 12:42:23.03 
 
   Node     Port              Priority    Load    Remote_Port 
   Name     Name     State    Cur  Mgt    Class   Number  Type 
 -------- -------- --------   ---- ---- -------- ------- -------- 
 LYNX03   PEA0       Open      0    0      100      dc       NI 
 CLUIO1   PEA0       Open      0    0       10      dd       NI 
 PRMMC2   PEA0       Open      0    0       10      de       NI 



SHOW IP_INTERFACE

PEdriver デバイス IP インタフェース・データを表示します。各デバイスはシステム上の IP インタフェースで,NISCA 通信に使用可能です。

形式

SHOW IP_INTERFACE IPインタフェース


パラメータ



IPインタフェース名[,...]

1 つあるいは複数の IP インタフェースを指定します。指定にはワイルドカードを使用できます。

  • 除外する IP インタフェースを指定するには,/EXCLUDE 修飾子を使用します。

  • デバイス名の表示には SHOW IP_INTERFACE コマンドを使用します。


修飾子



/ALL

すべての IP インタフェース・データを含めます。

/COUNTERS

PEdriver およびカウンタが維持するデバイス・カウンタ・データを含めます。

/EXCLUDE=(IP_INTERFACES[,...])

指定した IP デバイスを除外します。指定にはワイルドカードを使用できます。

/INTERVAL

/COUNTERS の表示に対して,最後に SHOW コマンドを実行した後で変化したカウンタを表示します。

/n

n 番目のページを表示します。マルチページ表示で特定のページを選択するには,表示したいページの番号を指定します。

/OUTPUT=filespec

出力するファイルを指定します。

/SDA

SDA 形式で表示された IP インタフェース・データを含めます。 1 つの IP インタフェースに対して 1 つの表示にすべてのデータが収集されます。

/SUMMARY

IP インタフェースの要約データを含めます。これは,/ALL,/COUNTERS,/SDA の修飾子が指定されていない場合の省略時の設定です。

SCACP>SHOW IP_INTERFACE/ALL

以下に示すのは, SHOW IP_INTERFACE/ALL コマンドの出力例です。

図 21-5 SHOW IP_INTERFACE/ALL の出力例


SCACP>SHOW IP_INTERFACE/COUNTERS

IP インタフェース・カウンタを表示します。

表 21-3 に IP/LAN デバイス・エラー・データを示します。

表 21-3 IP および LAN デバイス・エラー・データ
データ 説明
Bad SCSSYSTEM ID 不正な SCSSYSTEM ID を含むパケットを受信した。
MC Msgs Directed to TR Layer NISCA トランスポート層に向けのマルチキャスト・パケットの数
Short CC Messages Received NISCA チャネル制御ヘッダを含むには受け取ったパケットの数が不足している。
Short DX Messages Received LAN デバイスに対する NISCA DX ヘッダを含むにはパケット数が不足している
CH Allocation Failures この LAN デバイスで受信したパケットに応答し,チャネル構造体として使用するためにシステムがメモリを割り当てようとして失敗した回数
VC Allocation Failures この LAN あるいは IP デバイスで受信したパケットに応答し, VC 構造体で使用するためにシステムがメモリを割り当てようとして失敗した回数
Wrong Port 間違った NISCA アドレスへ送られたパケット数 (無効なクラスタ・グループ番号)
Port Disabled LAN あるいは IP デバイスが無効になったため破棄されたパケットの数
H/W Transmit Errors ローカル・ハードウェア送信エラーの数
Hello Transmit Errors HELLO 中の送信エラーの数
Last Transmit Error Reason 最後の送信エラーの理由
Time of Last Transmit Error 最後の送信エラーの日時

IP インタフェースに関しては,以下の理由でエラーカウントが増えます。これらのエラーは,いずれかのエラーコードで表示されます。

  • インタフェースがデータを送信できない (SS$_SUSPENDED)

  • リンクが切れた (SS$_LINKDISCON)



SHOW LAN_DEVICE

PEdriver デバイス・データを表示します。それぞれのデバイスは,システム上にあるローカル LAN デバイスであり,NISCA 通信に使用できます。

形式

SHOW LAN_DEVICE LAN デバイス名


パラメータ



LAN デバイス名[,...]

特定の LAN デバイスを含めます。指定にはワイルドカードを使用できます。

/EXCLUDE 修飾子を使用すると,LAN デバイスを除外できます。

SHOW LAN_DEVICE コマンドを使用すると,デバイス名を表示できます。


修飾子



/ALL

全デバイス・データを含めます。

/COUNTERS

PEdriver で保守されるデバイス・カウンタ・データと, LAN ドライバで保守されるカウンタ・データを含めます。

/EXCLUDE=(LAN デバイス名[,...])

特定の LAN デバイスを除外します。指定にはワイルドカードを使用できます。

/INTERVAL

/COUNTERS の表示に対して,最後に SHOW コマンドを実行した後で変化したカウンタを表示します。

/n

n 番目のページを表示します。複数ページ表示で特定のページを選択するには,表示するページの番号を指定します。

/OUTPUT=ファイル指定

指定したファイルを作成し,そこに出力します。

/SDA

SDA 形式で表示された LAN デバイス・データを含めます。 1 つの LAN デバイスに対して 1 つの表示にすべてのデータが収集されます。

/SUMMARY

デバイス要約データを含めます。これは,/ALL,/COUNTERS,/SDA の修飾子が指定されていない場合の省略時の設定です。

#1
SCACP> SHOW LAN_DEVICE/COUNTERS

デバイス・カウンタを表示します。

#2
SCACP> SHOW LAN_DEVICE/COUNTERS/INTERVAL
SCACP> SPAWN WAIT 0:0:10
SCACP> SHOW LAN_DEVICE/COUNTERS/INTERVAL

最初のコマンドは,最後の SHOW コマンド以降に変わったデバイス・カウンタを表示します。 SPAWN コマンドは DCL WAIT コマンドに対して 10 秒の遅延を挿入するように命令します。 2 番目の SHOW コマンドは,10 秒後のカウンタを表示します。

#3
SCACP> SHOW LAN_DEVICE/COUNTERS

以下に示すのは SHOW LAN/ALL コマンドの出力例です。

図 21-6 SHOW LAN/ALL の出力例


LAN エラーの一覧については, 表 21-3 を参照してください。

SHOW PORT

選択した SCA ポートに関する情報を表示します。

形式

SHOW PORT ポート名


パラメータ



ポート名[,...]

特定の SCA ポートについての情報を表示します。指定にはワイルドカードを使用できます。ポート名を指定しないと,ノードのすべてのポートが表示されます。

修飾子



/EXCLUDE=(ポート名[,...])

表示から特定のポート名を除外します。ポート名の指定にはワイルドカードは使用できません。

/OUTPUT=ファイル指定

指定したファイルを作成し,コマンドをそのファイルに出力します。

SCACP> SHOW PORT

次に似た出力が生成されます。

  Port data for CLUIO2 at 06-DEC 15:01:25.82 
 
    Port   Mgt       Msgs       Msgs     Dgrams     Dgrams 
    Name   Prio      Sent       Rcvd       Sent       Rcvd 
    ------ ---- ---------- ---------- ---------- ---------- 
    PEA0     0      64582      92237          0          0 
    PIB0     0      95276     148937          0          0 
    PIA0     0          0          0          0          0 
    PIC0     0      62030     115148          0          0 



SHOW TRACE

PEdriver トレース・データとパラメータを表示します。

  注意
このコマンドは,弊社のサービス担当および OpenVMS Engineering 部門の使用に限定されています。トレース用コマンドとその出力は今後のリリースで変更する可能性があります。


形式

SHOW TRACE ノード名


パラメータ



ノード名[,...]

特定のノードへのチャネルを含めます。指定にはワイルドカードを使用できます。

各ノード名には,オプションの修飾子を使ってローカルやリモートのデバイス名を追加することができます。ローカルとリモートのデバイス名が何も指定されない場合,指定されたノードに関連するすべてのチャネルが含められます。

SHOW CHANNEL コマンドを使用すると,ノード名,およびローカルとリモートのデバイス名を表示できます。


修飾子



/CONTEXT

PEdriver トレース設定とイベント定義のみを表示します。この修飾子が指定されていない場合,トレース・イベント・データが表示されます。

/EVENT=(イベント1[,...])

特定のイベントのトレースを許可します。指定にはワイルドカードを使用できます。省略時の設定は,トレース・バッファ内にあるすべてのイベントです。

SHOW TRACE/CONTEXT コマンドを使用すると,イベント名を表示できます。

/EXCLUDE[=(ノード名[,...])

特定のノードに対するチャネルを除外します。指定にはワイルドカードを使用できます。各ノード名には,オプションの修飾子を使ってローカルやリモートのデバイス名を追加することができます。

ローカルとリモートのデバイス名が何も指定されない場合,指定されたノードに関連するすべてのチャネルが含められます。

/GLOBAL (ノードが指定されない場合の省略時設定)

/NOGLOBAL (ノードが指定された場合の省略時設定)

グローバル・トレース・データが戻されるかどうかを指定します。

/INPUT=ファイル名

指定されたファイルからデータを読み込み,それを表示します。

/LOCAL_DEVICE=(LAN デバイス名[,...])

チャネルのローカル終端を識別する特定の LAN デバイスを含めます。 LAN デバイスの指定にはワイルドカードを使用できます。

SHOW LAN_DEVICE コマンドを使用すると,デバイス名を表示できます。

/OUTPUT=ファイル名

指定したファイルを作成し,そこに出力します。ファイル名の拡張子が .DMP である場合,後で /INPUT 修飾子を使って表示できるように,トレース・データがダンプ・ファイルに書き込まれます。

/REMOTE_DEVICE=(LAN デバイス名[,...])

チャネルのリモート終端を識別する特定の LAN デバイスを含めます。 LAN デバイスの指定にはワイルドカードを使用できます。

SHOW LAN_DEVICE コマンドを使用すると,デバイス名を表示できます。

/SORT

/NOSORT (省略時の設定)

チャネル,VC,トレース・バッファのすべてで順次番号によってソートされたトレース・データを返します。省略時の設定では,トレース・データはチャネルと VC に対して一度に 1 つずつ順に戻され,チャネルと VC 全体では順番になっていません。

#1
SCACP> SHOW TRACE/CONTEXT

トレース設定と定義を表示します。

#2
SCACP> SHOW TRACE/OUTPUT=NODE10.TRC

トレース・データを表示し,指定されたファイルに書き込みます。

SHOW TRACE/CONTEXT コマンドの画面出力例は次のとおりです。

SYS999 Trace Context 31-JAN-2001 10:59:28.25: 
 
  Trace buffer size requested 2048 bytes 
  Trace buffer total allocated 92160 bytes 
  Trace buffer allocations 45 successful 
  Trace buffer allocations 0 failed 
  Current trace sequence number 812286047 
  System cycle counter 404196 cps 
  Stop tracing 0 events after stop event 
 
  Trace  Stop  Default  Event 
  -----  ----  -------  ----- 
  Active          Y     Error 
  Active                Penalize_ch 
  Active                Timer 
  Active                Listen_timr 
  Active                Handsh_timr 
  Active                Size_probe 
  Active                Delay_msmt 
  Active                Verf_vack 
  Active          Y     CC_event 
  Active          Y     CC_state 
  Active          Y     Path_state 
  Active          Y     ECS_state 
  Active                ACK_process 
  Active          Y     Chan_update 
  Active                Rcvd_CC_msg 
  Active                Rcvd_TR_msg 
  Active                Send_TR_msg 
  Active                Xmt_failed 
  Active          Y     VC_state 
  Active                ACK_timeout 
  Active          Y     TMO_listen 
                  Y     No_path 
 
    Channel Selection: 
    Local Dev  Remote Dev  Remote Node Name    Selection 
    ---------  ----------  ----------------    --------- 
    All channels and VCs selected 


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項