日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


 

OpenVMS ドキュメント
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 部:概論
第 1 章:日本語SMG (SMG$)の概要
第 2 章:日本語 SMG の出力操作
第 3 章:日本語 SMG 入力操作
第 4 章:日本語 SMG の高度な機能
第 5 章:フォーリン・ターミナルのサポート
第 6 章:日本語 SMG を使用したプログラム開発
第 7 章:日本語 SMG ルーチンの呼び出しの例
第 2 部:リファレンス・セクション
第 8 章:日本語 SMG リファレンス
コマンド一覧
索引
PDF
OpenVMS ホーム
日本語 OpenVMS | HPE 日本(日本ヒューレット・パッカード株式会社)

日本語 OpenVMS
日本語画面管理ライブラリ 利用者の手引き


目次 索引




Terminate a Subprocess ルーチンは,SMG$CREATE_SUBPROCESS ルーチンを使用して生成したサブプロセスを削除します。

形式

SMG$DELETE_SUBPROCESS display-id


戻り値



OpenVMS 用法 cond_value
データ型 longword (unsigned)
アクセス write only
受け渡し方 by value



引数



display-id

OpenVMS 用法 identifier
データ型 longword (unsigned)
アクセス read only
受け渡し方 by reference


削除するサブプロセスに対応づけられている仮想ディスプレイの識別子。 display-id 引数は,この仮想ディスプレイ識別子を格納した符号なしロングワードのアドレスです。

この引数は SMG$CREATE_VIRTUAL_DISPLAY ルーチンによって与えられます。


説明

SMG$DELETE_SUBPROCESS ルーチンは,SMG$CREATE_SUBPROCESS ルーチンを呼び出すことにより生成されたサブプロセスを削除します。日本語 SMG は独自の終了ハンドラを備えているので,ユーザ独自の終了ハンドラの内部から SMG$DELETE_SUBPROCESS ルーチンを起動しないでください。詳しい説明は, 第 4 章第 4.4 節 を参照してください。

戻される状態値

SS$_NORMAL 正常終了。
SMG$_INVDIS_ID display-id 引数に誤りがあります。
SMG$_NOSUBEXI 削除するプロセスが存在しません。
SS$_xxxx $DELPRC から戻された状態値。
LIB$_xxxx LIB$FREE_VM から戻された状態値。




Delete a Viewport ルーチンは,ペーストされているペーストボードから指定されたビューポートを削除します。

形式

SMG$DELETE_VIEWPORT display-id


戻り値



OpenVMS 用法 cond_value
データ型 longword (unsigned)
アクセス write only
受け渡し方 by value



引数



display-id

OpenVMS 用法 identifier
データ型 longword (unsigned)
アクセス read only
受け渡し方 by reference


削除するビューポートに対応づけられている仮想ディスプレイの識別子。 display-id 引数は,ディスプレイ識別子を格納した符号なしロングワードのアドレスです。


説明

SMG$DELETE_VIEWPORT ルーチンはビューポートを削除します。ビューポートは,それがペーストされているペーストボードから自動的に "アンペースト" されます。しかし,削除されるビューポートに対応づけられている仮想ディスプレイは削除されません。この仮想ディスプレイを表示するには,SMG$PASTE_VIRTUAL_DISPLAY ルーチンを使用して仮想ディスプレイをペーストボードにペーストしなければなりません。この仮想ディスプレイを削除するには,SMG$DELETE_VIRTUAL_DISPLAY ルーチンを使用します。

戻される状態値

SS$_NORMAL 正常終了。
SMG$_INVDIS_ID display-id 引数に誤りがあります。
SMG$_NO_WINASSOC 仮想ディスプレイに対応づけられているビューポートはありません。
SMG$_WRONUMARG 引数の数が誤っています。




Delete Virtual Display ルーチンは仮想ディスプレイを削除します。

形式

SMG$DELETE_VIRTUAL_DISPLAY display-id


戻り値



OpenVMS 用法 cond_value
データ型 longword (unsigned)
アクセス write only
受け渡し方 by value



引数



display-id

OpenVMS 用法 identifier
データ型 longword (unsigned)
アクセス read only
受け渡し方 by reference


削除する仮想ディスプレイを指定します。display-id 引数は,ディスプレイ識別子を格納した符号なしロングワードのアドレスです。

この引数は SMG$CREATE_VIRTUAL_DISPLAY ルーチンによって与えられます。


説明

SMG$DELETE_VIRTUAL_DISPLAY ルーチンは仮想ディスプレイを削除し,その仮想ディスプレイがペーストされているペーストボードから,仮想ディスプレイを削除します。また,仮想ディスプレイに割り当てられているバッファ空間の割り当てを解除します。

戻される状態値

SS$_NORMAL 正常終了。
SMG$_INVDIS_ID display-id 引数に誤りがあります。
SMG$_NOTPASTED 指定された仮想ディスプレイが指定されたペーストボードにペーストされていません。
SMG$_WILUSERMS ペーストボードがビデオ・ターミナルではありません。
SMG$_WRONUMARG 引数の数が誤っています。
その他 LIB$FREE_VM から戻される状態値。 DELPRC から戻される状態値。




Delete Virtual Keyboard ルーチンは仮想キーボードを削除します。

形式

SMG$DELETE_VIRTUAL_KEYBOARD keyboard-id


戻り値



OpenVMS 用法 cond_value
データ型 longword (unsigned)
アクセス write only
受け渡し方 by value



引数



keyboard-id

OpenVMS 用法 identifier
データ型 longword (unsigned)
アクセス read only
受け渡し方 by reference


削除されるキーボード識別子。 keyboard-id 引数は,キーボード識別子を格納した符号なしロングワードのアドレスです。

この引数は SMG$CREATE_VIRTUAL_KEYBOARD ルーチンによって与えられます。


説明

SMG$DELETE_VIRTUAL_KEYBOARD ルーチンは,仮想キーボードを削除します。仮想キーボード作成時に設定されたターミナル属性を以前の値に設定し,キーパッド・モード(数値またはアプリケーション・キーパッド・モード)は最初の状態に設定されます。さらに,チャネルの割り当ても解除されます。

日本語 SMG ルーチンは独自の終了ハンドラを備えているため,ユーザ独自の終了ハンドラからこのルーチンを呼ばないでください。


戻される状態値

SS$_NORMAL 正常終了。
SMG$_INVKBD_ID keyboard-id 引数が誤っています。
SMG$_WRONUMARG 引数の数が誤っています。




Disable Broadcast Trapping ルーチンは,指定された漢字ターミナルに対して,ブロードキャスト・メッセージのトラッピングを禁止します。

形式

SMG$DISABLE_BROADCAST_TRAPPING pasteboard-id


戻り値



OpenVMS 用法 cond_value
データ型 longword (unsigned)
アクセス write only
受け渡し方 by value



引数



pasteboard-id

OpenVMS 用法 identifier
データ型 longword (unsigned)
アクセス read only
受け渡し方 by reference


操作の対象となる漢字ターミナルのペーストボードを指定します。 pasteboard-id 引数は,ペーストボード識別子を格納した符号なしロングワードのアドレスです。

この引数は SMG$CREATE_PASTEBOARD ルーチンによって与えられます。


説明

SMG$DISABLE_BROADCAST_TRAPPING ルーチンは,指定された漢字ターミナルに対して,ブロードキャスト・メッセージのトラッピングを禁止します。 SMG$DISABLE_BROADCAST_TRAPPING ルーチンは,SMG$SET_BROADCAST_TRAPPING ルーチンを使用して設定されたメールボックスの割り当てを解除し,ターミナル属性を再設定します。したがって,ユーザは LIB$SPAWN ルーチンを呼び出すことができるようになります。

SMG$SET_BROADCAST_TRAPPING ルーチンを使用して設定したブロードキャスト・トラッピングを禁止する場合には,このルーチンを使用しなければなりません。

ブロードキャスト・トラッピングを禁止する場合には,漢字ターミナルのキューに登録されたブロードキャスト・メッセージは失われます。SMG$SET_BROADCAST_TRAPPING ルーチンを使用してブロードキャスト・トラッピングを許可した後,イメージが終了する前に,SMG$DISABLE_BROADCAST_TRAPPING ルーチンを使用してブロードキャスト・トラッピングを禁止しなかった場合には,漢字ターミナルにブロードキャストされたメッセージは,イメージが終了するときに失われます。

ブロードキャスト・トラッピングと, 要求されていない入力のトラッピングをどちらも許可した場合には,メールボックスの割り当てを解除するために, SMG$DISABLE_BROADCAST_TRAPPING ルーチンと SMG$DISABLE_UNSOLICITED_INPUT ルーチンの両方を起動しなければなりません。


戻される状態値

SS$_NORMAL 正常終了。
SMG$_WRONUMARG 引数の数が誤っています。
その他 $QIOW から戻される状態値。




Disable Unsolicited Input ルーチンは,要求されていない入力のトラッピングを禁止します。

形式

SMG$DISABLE_UNSOLICITED_INPUT pasteboard-id


戻り値



OpenVMS 用法 cond_value
データ型 longword (unsigned)
アクセス write only
受け渡し方 by value



引数



pasteboard-id

OpenVMS 用法 identifier
データ型 longword (unsigned)
アクセス read only
受け渡し方 by reference


要求されていない入力が禁止されるキーボード(指定されたペーストボードに対応づけられたキーボード)を指定します。pasteboard-id 引数は,ペーストボード識別子を格納した符号なしロングワードのアドレスです。

この引数は SMG$CREATE_PASTEBOARD ルーチンによって与えられます。


説明

SMG$DISABLE_UNSOLICITED_INPUT ルーチンは,指定されたペーストボードに対して,要求されていない入力の AST を禁止します。 SMG$DISABLE_UNSOLICITED_INPUT ルーチンは,SMG$ENABLE_UNSOLICITED_INPUT ルーチンによって設定されたメールボックスの割り当てを解除し,ターミナル属性を再設定します。したがって,ユーザは LIB$SPAWN ルーチンを呼び出すことができるようになります。SMG$ENABLE_UNSOLICITED_INPUT ルーチンを使用して許可した,要求されていない入力のトラッピングを禁止する場合には,このルーチンを使用しなければなりません。

要求されていない入力のトラッピングとブロードキャスト・メッセージのトラッピングの両方を許可した場合には,メールボックスの割り当てを解除するために, SMG$DISABLE_UNSOLICITED_INPUT ルーチンとSMG$DISABLE_BROADCAST_TRAPPING ルーチンの両方を起動しなければなりません。


戻される状態値

SS$_NORMAL 正常終了。
SMG$_INVPAS_ID pasteboard-id 引数に誤りがあります。
SMG$_WRONUMARG 引数の数が誤っています。
その他 $QIOW から戻される状態値。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項