日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


 

OpenVMSマニュアル
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第1部:新機能
第1章:V8.4の新機能概要
第2章:一般ユーザ機能
第3章:仮想化機能
第4章:性能の強化
第5章:耐障害性およびクラスタ機能
第6章:ストレージ・デバイスとI/Oのサポート
第7章:セキュリティ機能
第8章:システム管理機能
第9章:プログラミング機能
第10章:関連製品の新機能
第2部:英文ドキュメント
第11章:ドキュメントの概要
第12章:ドキュメントの提供形態
第13章:マニュアルの説明
索引
PDF
OpenVMS ホーム

OpenVMS
V8.4 新機能説明書


目次 索引

第 1 部
OpenVMS Version 8.4 の新機能

第 1 章
OpenVMS Version 8.4 の新機能の概要

OpenVMS Version 8.4 は,24時間x365日環境での稼働に必要な最高レベルの可用性,拡張性,フレキシビリティ,性能および安全性を提供します。 HPE は,基本オペレーティングシステムと OpenVMS クラスタ・ソフトウェア環境に継続して新しい技術を追加することによって, OpenVMS の可用性と性能を強化し続けています。 OpenVMS Version 8.4 では HPE の仮想化技術をサポートし, HPE Integrity Virtual Machines (Integrity VM) 上にゲスト・オペレーティング・システムとしてインストールすることができるようになりました。

1.1 新機能の概要

OpenVMS Version 8.4 には,本リリースで新たに提供する新機能の他, OpenVMS Version 8.3-1H1で提供した機能も含まれています。 OpenVMS Version 8.3-1H1 についての詳細は,次の URL にある『OpenVMS Version 8.3-1H1 for Integrity Servers 新機能およびリリース・ノート』を参照してください。

http://h50146.www5.hpe.com/products/software/oe/openvms/os/v83-1h1.html

表 1-1 に OpenVMS Version 8.4 で提供する新機能を要約しています。ここではそれぞれの新機能を,一般ユーザ機能,仮想化機能,性能拡張, I/O サポート,セキュリティ機能,システム管理機能,プログラミング機能,および関連製品の各分野に分類して説明しています。

表 1-1 OpenVMS Version 8.4 新機能の要約
一般ユーザ機能
機能 説明
HPCSS(Code Signing Service) OpenVMS V8.4 でアップデートされるすべてのキットは HPCSS を使用してサインされており,新しい署名ファイル <full kitname>_HPC が作成され,キットとともに提供されています。
DCL コマンドの拡張 DCLコマンドおよび修飾子に以下のような拡張が行なわれています。

  • DELETE コマンドに,親ディレクトリを除くすべてのファイルおよびサブディレクトリを回帰的に削除するための /TREE 修飾子が追加されてます。

  • DCL SET PROCESS コマンドに /KERNEL_THREAD_LIMIT 修飾子が追加されています。

  • SEARCH /STATISTICS 修飾子で新しいキーワード OUTPUT および SYMBOLS が使用できます。

  • SET VOLUME コマンドに /CACHE 修飾子が追加され,新しいキーワード DATA,NODATA,および FLUSH とともに利用することができます。

  • MOUNT/CACHE コマンドに新しいキーワード DATA および NODATA が追加されています。

  • 圧縮形式のセーブセットを作成するための新しい BACKUP/DATA_FORMAT=COMPRESS=[DEFLATE] 修飾子が追加されています。

  • コマンド・プロシージャのコマンド行の入力として最大 16 のパラメータをサポートするように DCL が拡張されています。

F$CUNITS レキシカル関数の新しい変換単位の追加 F$CUNITS レキシカル関数に新しい変換単位 B,KB,MB,GB,および TB が追加されています。
F$GETDVI レキシカル関数の拡張 F$GETDVI が拡張され,新しい項目コード NOCACHE_ON_VOLUME および NOXFCCACHE_ON_VOLUME が追加されています。

また,F$GETDVI は, 2TB 以上のボリュームをサポートするように機能強化されています。

2 TB ボリュームのサポート 次のような拡張が行なわれています。

  • 最大 2 TB のディスク・ボリューム・サイズのサポート

  • 最大2 TB のボリュームをサポートするように OpenVMS BACKUP ユーティリティを拡張

プロセスごとのカーネル・スレッド制限 この新機能により,単一プロセスで作成可能なカーネル・スレッド数を制限することができます。プロセス単位でカーネル・スレッド制限を制御できるように OpenVMS が拡張されています。
データ・キャッシュ (XFC) の動的な切り替え (有効/無効) マウントされているボリュームの XFC キャッシュ属性を動的に修正することができるようになり,ボリュームのディスマウントが不用になりました。
ボリューム・マウント時のXFCの有効/無効の切り替え メタ・データ・キャッシュ (XQP) の状態に関係なくデータ・キャッシュ (XFC) の状態を有効または無効にすることができます。
MALLOC が 4 GBに増加 malloc() API を使用する C アプリケーションで 4 GB のメモリを動的に割り当てることができます。
Mailユーティリティの拡張 Mail ユーティリティに対し以下のような拡張が行なわれています。

  • メール・ヘッダに最大 998 文字を使用することができます。

  • メール転送エントリの制限が,31 文字から 255 文字に増加しています。

高精度時間 最後にシステム時間をアップデートしてから 1 ミリ秒の経過時間を考慮したシステム時間を返す高精度時間 ($GETTIM_PREC) システム・サービスが追加されました。
バッチ・キューの最大数の増加 ジョブ制限が 65535 に増加しています。
仮想化機能
機能 説明
Integrity VM 上のゲスト OS として OpenVMS をサポート Integrity VM 上のゲスト・オペレーティング・システムとして OpenVMS Version 8.4をサポートします。
ID-VSE for OpenVMS OpenVMS Version 8.4 でマルチプラットフォーム製品である ID-VSE (HPE Insight Dynamics - Virtual Server Environment) をサポートします。
性能の強化
機能 説明
RAD (Resource Affinity Domain) のサポート セルベースの Integrity サーバ・システム用の RAD サポート機能が追加されました。
性能の改善 OpenVMS V8.4 では,以下のような性能改善が行なわれています。

  • OpenVMS Integrity サーバにおける例外処理の改善

  • グローバル・セクションの割り当て解除関連の変更

  • Kernel および Exec モードに対する内部モード・セマフォのアップコール

  • システムコールのディスパッチ

  • Pthread スピンロック・アルゴリズムの改善

  • I キャッシュ・フラッシュの削減 (I キャッシュ・フラッシュの回数を減らすためにメモリ管理を変更)

耐災害性およびクラスタ機能
機能 説明
Cluster over Internet Protocol クラスタ通信に IP を使用する機能が OpenVMS Cluster に追加されました。
Volume Shadowing for OpenVMS の機能拡張 次の新機能が追加されました。

  • ホストベースのボリューム・シャドウイング・セットで最大 6 つのディスクをサポートする機能が追加されました。

    以前の 3 つのメンバ・シャドウセットのサポートを拡張し,最大 6 つのシャドウセットをサポートすることにより,マルチサイトの耐災害構成を提供します。

  • HBMM (Host-Based Mini Merge) のための新しい DISMOUNT キーワードが追加され, HBMM に対して 12 のすべてのビットマップが使用されます。

  • ミニコピーとミニマージの高速化

  • SET SHADOW の新しい修飾子

    • /DISABLE=SPLIT_READ_LBNS

    • /ENABLE=SPLIT_READ_LBNS

    • /STALL=WRITES[=nnn]

    • /NOSTALL=WRITES[=nnn]

  • 書き込みビットマップの性能の改善。これによりシャドウイング書き込みがより速くなります。

ストレージ・デバイスと I/O のサポート
機能 説明
8 Gb Fibre Channel アダプタ 8 Gb Fibre Channel PCIe アダプタのサポート
HPE AD317A PCI のサポート HPE AD317A PCI サウンド・カードの制限付きサポート
ストレージ・デバイスおよび I/O コントローラ OpenVMS 8.3-1H1がリリースされた後,いくつかの新しいストレージ・デバイスと I/O コントローラのサポートが追加されています。
セキュリティ機能
機能 説明
HPE SSL の拡張 HPE SSL V1.4 は OpenSSL 0.9.8h をベースにしており, OpenSSL.org からの最新のセキュリティ更新も含んでいます。
LDAP ユーザのグローバル・マッピングおよびローカル・マッピング グローバル・マッピングおよびローカル・マッピングをサポートするように機能拡張されています。
システム管理機能
機能 説明
HPE SIM によるプロビジョニング機能の拡張 HPE SIM による OpenVMS のプロビジョニング機能に関する次の新機能を提供します。

  • OpenVMS Version 8.4 の展開

  • OpenVMS TCP/IP の構成

OpenVMS 用 vKVM 機能 Integrated Lights Out (iLO) をサポートする Integrity サーバおよびBladeSystemにおける Integrated Remote Consoleのサポートが追加されました。
CPU Component Indictment - Dynamic Processor Resilience (DPR) Integrity サーバで CPU コンポーネントのインダイトゥメント機能をサポートします。
Power Management CPU がアイドル状態でない間の使用電力を低減するためにプロセッサの p-state をサポートします。
新しいシステム・パラメータ 以下の新しいパラメータがサポートされます。

  • NISCS_UDP_PKTSZ - ネットワーク通信パスでIP経由のクラスタ通信に使うパケット・サイズをシステム管理者が変更できます。

  • NISCS_USE_UDP - このパラメータは,Cluster over IP 機能を有効にします。 PEDRIVER は,IEEE 802.3 に加えて UDP プロトコルをクラスタ通信に使用します。

  • PAGED_LAL_SIZE - ページ・ダイナミック・プール索引リストで使用する最大サイズをバイト数で設定します。

  • ZERO_LIST_HI - ゼロのページの最大数を設定し,ゼロ・ページ・リストで提供します。

OpenVMS System Analysis Tool の拡張 以下の機能拡張が提供されています。

  • 部分ダンプ・コピー機能がサポートされています。

  • ページがフルの場合でも SET OUTPUT に対して作成された索引ページが切り捨てられなくなりました。ページが追加され,リンクが張られます。

  • SHOW PFN_DATA /SUMMARY が SHOW PFN_DATA /SUMMARY [=list] に拡張されています。

    list には ALL,あるいは, PROCESS,RAD,GLOBAL の 3 つの値のいずれかもしくはその組み合せを指定できます。

  • SHOW POOL /RING_BUFFER および SHOW PROCESS /POOL /RING_BUFFER[=ALL] が拡張され,オプションのフィルタ・アドレス /RING_BUFFER[=n] を指定することができます。

  • SHOW SYMBOL の新しい /BASE_ADDRESS=n 修飾子

  • 新しい SHOW ACPI /NAMESPACE および SHOW ACPI /TABLES コマンドとそれらに対する修飾子およびパラメータ

  • SHOW SPINLOCKS の新しい修飾子 /DEVICE および /MISCELLANEOUS

  • SHOW RESOURCE /CONTENTION の新しい修飾子 /FULL

  • SET CPU の新しい修飾子 /NOLOG

  • SET CPU および SHOW CPUN の新しい修飾子 /PRIMARY

  • SHOW RAD の新しい修飾子 /PXML

InfoServer ユーティリティの拡張 メモリ・ディスクを使用した InfoServer サーバからのブートをサポートします。
プログラミング機能
機能 説明
呼び出し可能メールの拡張 指定したフォルダに直接メッセージを送ることを可能にするメール・インタフェース
HPE C Run-Time Library (C RTL) の拡張 次の機能が拡張されています。

  • Unicode - UNIX 形式のファイル名に対する UTF-8 エンコーディング

  • 性能改善のための strcmp() および memcmp() の拡張

  • C RTL における Open Group のセマフォ制御操作のサポート

  • 新しい DECC$PRINTF_USES_VAX_ROUND 機能スイッチ

Linker ユーティリティの拡張 新しいリンカ修飾子 /CBT および /NOCBT が追加されています。
システム・サービス用の新しい項目コード 以下の新しい項目コードが追加されています。

  • $GETDVI に対する DVI$_NOXFCCACHE_ON_VOLUME および DVI$_XFC_DEPOSING

  • $MOUNT に対する MNT$_DATA および MNT$_NODATA

新しい "send item" コード メールの宛先フォルダを指定するための MAIL$_SEND_RECIP_FOLDER が追加されています。
関連製品の新機能
機能 説明
HPE TCP/IP Services for OpenVMS OpenVMS Version 8.4では TCP/IP Services V5.7がサポートされます。
DECnet-Plus の拡張 TCP/IP SSH サービスを使用したセキュア DECnet/IP 接続がサポートされます。
DECwindows の拡張 オーディオ・アラーム機能 (xBell)がサポートされます。

OpenVMS Version 8.4 のインストレーションを開始する前に,『OpenVMS V8.4 リリース・ノート[翻訳版]』および『OpenVMS V8.4 インストレーション・ガイド[翻訳版]』を参照してください。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項