日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


 

OpenVMS ドキュメント
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 部 : 概念と方法
第 1 章:Macro-32コードの移植の準備
第 2 章:MACROコンパイラのプラットフォームごとの動作
第 3 章:ソースに対する推奨される変更と必要な変更
第 4 章:移植したコードの性能改善
第 5 章:MACROの64ビット・アドレッシングのサポート
第 2 部:リファレンス・セクション
付録 A :MACROコンパイラの修飾子
付録 B :専用の指示文
付録 C :MACROコンパイラ・ビルトイン
付録 D :VAXからAlphaまたはI64への移植用のマクロ
付録 E :64ビット・アドレッシング用のマクロ
索引
PDF
OpenVMS ホーム
OpenVMS MACRO コンパイラポーティングおよびユーザーズ・ガイド | HPE 日本(日本ヒューレット・パッカード株式会社)

OpenVMS MACRO コンパイラ
ポーティングおよびユーザーズ・ガイド


目次 索引



C.3 Itanium 命令ビルトイン ( OpenVMS I64 システム向け)

表 C-3 Itanium 命令ビルトイン ( OpenVMS I64システム向け)
ビルトイン オペランド 説明
IA64_BREAK <RQ> 指定したイミディエイト・オペランドを使用してブレーク命令フォルトを生成する。
IA64_GETINDREG <WQ,RQ,RQ> move-from-indirect-register 命令を生成する。第 1 オペランドがデスティネーション,第 2 オペランドがアクセス対象の間接レジスタ・ファイルを指定するリテラル 1,第 3 オペランドがレジスタ・ファイルに対するインデックスとなる。
IA64_GETREG <WQ,RQ> move-from-application-register 命令または move-from-control-register 命令を生成する。第 1 オペランドがデスティネーション,第 2 オペランドが読み込み対象のアプリケーション・レジスタまたは制御レジスタを指定するリテラル 2となる。
IA64_LFETCH
IA64_LFETCH_EXCL
<RQ,RQ> 行プリフェッチ ('LFETCH') 命令または排他的行プリフェッチ ('LFETCH.EXCL') 命令を生成する。第 1 オペランドはプリフェッチするアドレス,第 2 オペランドは reg-base-update-form または imm-base-update-form のどちらかとなる。オペランドがリテラルのゼロの場合は, no-base-update-form が使用される。
IA64_PROBER <WQ,RQ,RQ> probe.r 命令を生成する。第 1 オペランドはデスティネーション,第 2 オペランドはプローブ対象の仮想アドレス,第 3 オペランドは特権レベルとなる。
IA64_PROBEW <WQ,RQ,RQ> probe.w 命令を生成する。第 1 オペランドはデスティネーション,第 2 オペランドはプローブ対象の仮想アドレス,第 3 オペランドは特権レベルとなる。
IA64_RSM <RQ> 指定されたマスクを使用して,リセット・システム・マスク ('RSM') 命令を生成する。
IA64_RUM <RQ> 指定されたマスクを使用して,リセット・ユーザ・マスク ('RUM') 命令を生成する。
IA64_SETREG <RQ,RQ> move-to-application-register 命令または move-to-control-register 命令を生成する。第 1 オペランドは書き込み先のアプリケーション・レジスタまたは制御レジスタを指定するリテラル 2,第 2 オペランドはレジスタに書き込む値となる。
IA64_SRLZD <> serialize data ('SRLZD') 命令を生成する。
IA64_SRLZI <> serialize instruction ('SRLZI') 命令を生成する。
IA64_SSM <RQ> 指定されたマスクを使用して, set system mask ('SSM') 命令を生成する。
IA64_SUM <RQ> 指定されたマスクを使用して set user mask ('SUM') 命令を生成する。
IA64_TAK <WK,RQ> read translation access key ('TAK') 命令を生成する。

1有効な間接レジスタ・ファイルの一覧は,ファイル SYS$LIBRARY:STARLET.MLB のモジュール $IA64REGDEF に接頭辞 IA64_REG$_INDR で格納されています。
2有効なアプリケーション・レジスタと制御レジスタの一覧は,ファイル SYS$LIBRARY:STARLET.MLB のモジュール $IA64REGDEF に接頭辞 IA64_REG$_AR および IA64_REG$_CR で格納されています。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項