Jump to content 日本-日本語
≫ お問い合わせ

OpenVMS CIFS Version 1.2: 移行ガイド

第1章 概要

≫ 

OpenVMS ドキュメント・ライブラリ

タイトル/目次
まえがき
第1章:概要
第2章:移行手順
索引
PDF
OpenVMS ホーム
ここから本文が始まります

この章では、移行処理の概要を説明します。

以下の内容について説明しています。

Advanced Server からOpenVMS CIFS Serverへ,同一ノード内あるいは異なるノード間でのデータの移行を支援するための手順が用意されています。 Advanced Server がメンバーサーバーあるいはプライマリ・ドメインコントローラー(PDC)としてとして構成されていれば,データを移行できます。

Advanced Server メンバーサーバーから OpenVMS CIFS メンバーサーバーへは,次のデータを移行できます。

  • ファイル共有

  • ファイルおよびフォルダー,およびそれらのセキュリティ設定

  • ホストマッピング

  • SAM (Security Accounts Manager) データベースアカウント

Advanced Server PDC から OpenVMS CIFS PDC へは以下のデータを移行できます。

  • ファイル共有

  • ファイルおよびフォルダー,およびそれらのセキュリティ

  • ホストマッピング

PDCの移行に関しては,ユーザーやグループなどのSAMデータベース関係のレポートは生成されません。 SAMデータベースを移行するには,2.2.2 項 「SAMデータベースの移行」で説明する手順に従ってください。

以下のデータは,Advanced ServerからOpenVMS CIFS Serverへ移行できません。

  • アラート名

  • 共有およびファイル監査ポリシー

  • レジストリパラメーター

  • WINSアドレス

  • Advanced Serverで構成されていたクライアントの数

メンバーサーバーからの移行の場合,以下のデータはAdvanced ServerからOpenVMS CIFS Serverへ移行できません。

  • ワークステーションの制限事項の詳細

  • ログオンフラグ(ログインスクリプトの実行,アカウント削除の失敗,アカウントのロックアウト,パスワード変更の失敗,あるいはパスワードの期限切れ,など)  

  • アカウントパスワード

1.1 前提条件

Advanced Serverから OpenVMS CIFS Serverへの移行前に,以下の点を確認する必要があります。

  • OpenVMS CIFS Server Version 1.1 ECO1 (あるいはそれ以降のパッチ) がインストールされていること。 移行キットのインストールについての詳細は,1.2 項 「移行キットのインストール」を参照してください。

  • Advanced ServerシステムにHPE Advanced Server Version 7.3B for OpenVMSがインストールされていること。

    注記: HPE Advanced Server Version7.3B for OpenVMS の最新パッチを適用していることが必要です。 最新パッチについては,HPEカスタマ・サービス・センターにお問い合わせください。
  • PWRK$ROOT ディレクトリにAdvanced Serverのすべての共有と関連データとともにAdvanced Serverデータのバックアップがあること。

  • Advanced Server と OpenVMS CIFS Server がメンバーサーバーとして構成されており,両方が同じドメイン内にある場合に限り,メンバーサーバーの移行を行うことができます。

  • Advanced Server環境とOpenVMS CIFS Server環境で構成が異なる場合,移行はサポートされません。

  • Advanced Server がインストールされているノードにASV_MIGRATION.BCK ファイルをコピーする必要があります。

  • Advanced Server からOpenVMS CIFS Serverへのデータの移行は,第2章で説明する順番で行う必要があります。

  • メンバーサーバーを移行する場合,SAMBA$ROOT:[LIB]SMB.CONF[global]セクションに次のパラメーターが含まれている必要があります。

    • idmap UID および idmap GID パラメーターと有効なエントリー。 idmap UID および idmap GID パラメーターについての詳細は,『OpenVMS CIFS 管理者ガイド』を参照してください。

    • username map パラメーター。 ユーザー名のマッピングについては『OpenVMS CIFS 管理者ガイド』を参照してください。

  • PDCの移行のためのSAMBA$ROOT:[LIB]SMB.CONF の設定については,2.2.2 項 「SAMデータベースの移行」を参照してください。

  • PDCとメンバーサーバーのそれぞれの移行手順は,SAMデータベースの移行に関して違いがある点を除き、同じです。

    PDCとメンバーサーバーの手順の違いについては,第2章に明示してあります。 また,Advanced Serverのバックアップ・ドメインコントローラー(BDC)からOpenVMS CIFS BDCへの移行手順はPDCの移行手順と同じです。 なお,OpenVMS CIFS ServerはAdvanced ServerのBDCと同じドメインのBDCとして構成されていなければなりません。

1.2 移行キットのインストール

ここでは移行キットのインストール手順について説明します。

移行キットのインストール手順は以下のとおりです。

  1. OpenVMS CIFS Server Version 1.1 ECO1 をインストールします。 OpenVMS CIFS Server Version 1.1 ECO1 は次のURLからダウンロードできます。

    http://h50146.www5.hpe.com/products/software/oe/openvms/network/cifs/

    なお,将来最新のパッチがリリースされた場合は以下のURLで公開されます。

    http://h41379.www4.hpe.com/network/cifs_download.html

  2. 下記のURLから OpenVMS CIFS Server Version 1.1 の移行キットのzipファイルをダウンロードします。

    http://h50146.www5.hpe.com/products/software/oe/openvms/network/cifs/

  3. ダウンロードしたファイルを unzip し,以下のファイルをローカルディスクに展開します。

    • ASV_MIGRATION.BCK

    • CIFS_MIGRATION.PDF

    • CIFS_MIGRATION.PS

    • CIFS_MIGRATION.TXT

  4. Advanced Server がインストールされているノードに ASV_MIGRATION.BCKファイルをコピーします。 ASV_MIGRATION.BCK ファイルについては,2.1.1 項 「Advanced Serverデータに関するレポートの生成」を参照してください。

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項
© 2011 Hewlett Packard Enterprise Development LP