日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  システム管理

OpenVMS システム管理

HPE Insight Management


HPE Insight Management による OpenVMS ノードの管理

HPE Insight Management (以前の HP Insight Software) は、 HPE サーバーを効率的に管理および監視するための包括的なソフトウェア製品です。 HPE Insight Management に含まれているいくつかのコンポーネントで OpenVMS ノードの管理をサポートしており、Microsoft Windows が稼動する中央管理サーバーから OpenVMS サーバーを管理することができます。

 

Insight 製品の製品ブランドの変更について

HP Insght Software は、HPE Insight Management に名称が変更されています。 HPE Insight Management への名称変更に伴って製品名が変更されているコンポーネントを以下に示します。 なお、この表に記載されていない製品については、名称は変更されていません。

以前の名称 新しい名称
HP Insight SoftwareHPE Insight Management
HPE Insight DynamicsHPE Matrix Operating Environment
HPE Insight Dynamics - VSEHPE Matrix Operating Environment for Integrity
HP Insight OrchestrationHPE Matrix OE インフラストラクチャオーケストレーション
HP Insight RecoveryHPE Matrix OE リカバリ管理
HP Virtulization ManagerHPE Matrix OE ビジュアライゼーション

 

OpenVMS ノードを管理対象としてサポートする Insight Management コンポーネント

HPE Insight Management に含まれている HPE Matrix OE のコンポーネントのうち、 次のコンポーネントで OpenVMS を管理対象システムとしてサポートしています。 これらのコンポーネントを使用して、 OpenVMS V8.3-1H1 あるいは V8.4 がインストールされた HPE Integrity システムを中央管理サーバー (CMS) から管理できます。 これらのコンポーネントには HPE SIM (System Insight Manager) を利用してアクセスします。 また、Integrity Virtual Machines Manager を使用すると、 OpenVMS V8.4 が稼動する仮想マシン (ゲスト) を中央管理サーバーから管理することができます。

OpenVMS ノードの管理に利用可能なこれらの HPE Insight Management コンポーネントの概要を、以下に示します。

コンポーネント名 概要
HPE Systems Insight Manager (SIM) HPE Systems Insight Manager は、HPE Insight Management の基盤となる製品です。 HPE Systems Insight Manager 自身が持つ管理機能のほか、 中央管理サーバー (CMS) にインストールされた HPE Insight Management の各コンポーネントを利用して、 OpenVMS システムを管理することができます。

SIM についての詳細は、下記を参照してください。
» HPE Systems Insight Manager
Matrix OE ビジュアライゼーション
(以前の Virtulization Manager)
Matrix OE ビジュアライゼーション・ソフトウェアは、 仮想サーバ環境 (VSE) をさまざまなレベルで可視化するためのフレームワークを提供します。 このソフトウェアでは、すべてのシステムおよびワークロードがグラフィカルに表示され、 システム間の階層的な関係とそれらの現在の利用状況も単一の画面に表示されます。 また、システムとワークロードの管理および設定のために、その他の Matrix OE ソフトウェアにアクセスすることも可能になります。
Capacity Advisor HPE Matrix OE に含まれる HPE Insight Capacity Advisor は、 サーバーの能力を分析し、最適化計画を行うためのツールです。 仮想リソースおよび物理リソースに関するさまざまな変数の過去のデータを収集および分析し、 既存のワークロードの集約および負荷分散のための最適化プランを生成します。
Global Workload Manager (gWLM) HPE Global Workload Manager (gWLM) は、インテリジェント・ポリシーエンジンを組み込んだマルチシステム/マルチ OS 対応のワークロード管理機能です。 gWLM は、リソース管理とパーティショニング技術を統合し、 アプリケーション性能とビジネスポリシーに基づいて、 アプリケーションに対してリソースの動的な再割り当てを行い、 これによりサーバーのサービスレベルを維持および監視しながら、 サーバーの利用率を向上させることが可能になります。

Global Workload Manager および OpenVMS 用のエージェントについての詳細は、 下記のページを参照してください。
» gWLM Agent for OpenVMS
Integrity Virtual Machines Manager HPE Integrity Virtual Machines Manager (VM Manager) は、 ブラウザから HPE Integrity Virtual Machines のリソースを管理するための GUI アプリケーションです。 VM Manager を使用して、仮想マシンの作成、構成、評価を行い、 VM ホストのレベルでデータとリソースの監視および評価が可能です。 OpenVMS V8.4 以降、Integrity VM 上のゲスト OS として OpenVMS がサポートされています。

VM Manager は、HPE Matrix OE のコンポーネントとして提供されている他、 単体製品としても提供されています。 Matrix OE のコンポーネントとして提供される場合、 VM Manager は Matrix OE の他のコンポーネントとシームレスに統合されています。 一方、単体製品として提供される場合は VM ホストにインストールされ、 VM ホスト上の HPE SMH (System Management Homepage) でアクセスします。

上記のコンポーネントの他に、HPE Insight Control 電力管理でも OpenVMS をサポートしています。 Insight Control 電力管理のライセンスは OpenVMS V8.4 の BOE に含まれています。


 

管理対象としてサポートするハードウェアおよびソフトウェア要件

上記の各コンポーネントでサポートする管理対象 OpenVMS ノードのハードウェアおよびソフトウェアの要件については、下記のページの一覧表を参照してください。

» Managing OpenVMS node using Insight Software

この一覧表では、以下の要件が示されています。

  • 管理対象ノードとしてサポートされるサーバーモデルと OS バージョン
  • CMS にインストールする Insight ソフトウェアの最小バージョン
  • OpenVMS ノード側で必要となる WBEM Services および WBEM Providers の最小バージョン

OpenVMS に限らず、Insight Management および HP Insight Software の各バージョンでサポートするすべての管理対象ハードウェアや管理対象 OS バージョンについての情報は、 下記のページで公開しているサポートマトリックスを参照してください。

» ProLiant ソフトウェア・マニュアル


 

ダウンロード

下記のページから、HPE Insight Management の DVD ISO イメージがダウンロード可能です。

» HPE Insight Management ダウンロード

 

プライバシー ご利用条件・免責事項