Jump to content 日本-日本語
製品  >  ソフトウェア  >  Linux

Fibre Channelについての技術情報

Open Source & Linux

導入事例

product

ハードウェア
ソフトウェア
サービス & サポート

buy now?

HPE OPEN SERVICES
保守サービス
教育プログラム

support

OS対応表
システム構成図
技術文書
FAQ
ディストリ対応表
サポート & ドライバ
リンク
SDR - 設定方法
FreeBSD
サイトマップ
HPE & Red Hat情報ポータル HPEとRed Hatが実現するオープンなイノベーション
BSD 動作確認レポート等を掲載
コンテンツに進む
revised 10-OCT-2018

Qlogicドライバー関連

 Qlogicドライバー リリースノート
PDF Qlogicドライバー リリースノート 2016年 9月版(local) サイト外リンク(ftp-US)
Qlogic用 HP Fibre Channel Enablement Kit
FILE HP-CNA-FC-hpqlgc-Enablement-Kit-6.0.0.0-4.noarch.rpm 25-SEP-2017
追記
SPP-Ready  当キットは Service Pack for ProLiant(SPP) に対応しており、サイト内リンク2017.07.2サイト内リンク2017.10.1サイト内リンク2018.03.0サイト内リンクRHEL7.5 Supplement Bundle for SPP 2018.03.0サイト内リンク2018.06.0サイト内リンクRHEL6.10 Supplement Bundle for SPP 2018.06.0サイト内リンク2018.09.0に同梱されています。
 当キットでは、Red Hat EL6, Red Hat EL7, SLES11, SLES12及び SLES15で HPE製 Fibrechannelストレージを使用する為の追加のライブラリを提供します。
 ドライバーパラメーター設定及びInitial RAM disk再作成機能は提供されなくなりました。下記 SPOCKサイトにある、HP Storage Array用 Native Device Mapper Multipath リファレンスガイドをご参照の上、手動設定してください(初回ユーザー登録必要)。
 サイト外リンクSPOCKサイト > 「Application Notes 」 > 「Solutions: Linux」

Device Mapper Multipath関連

HP Device Mapper Multipath Enablement Kitについての技術情報ページ

Emulexドライバー関連

 Emulex ホストバスアダプター リリースノート
PDF Emulex ホストバスアダプター リリースノート 2016年 12月版(local) サイト外リンク(ftp-US)
Emulex用 HP Fibre Channel Enablement Kit
FILE HP-CNA-FC-Emulex-Enablement-Kit-11.4.334.2-1.rhel6.x86_64.rpm
HP-CNA-FC-Emulex-Enablement-Kit-11.4.334.2-1.rhel7.x86_64.rpm
HP-CNA-FC-Emulex-Enablement-Kit-11.4.334.2-1.sles11sp3.x86_64.rpm
HP-CNA-FC-Emulex-Enablement-Kit-11.4.334.2-1.sles11sp4.x86_64.rpm
HP-CNA-FC-Emulex-Enablement-Kit-11.4.334.2-1.sles12sp2.x86_64.rpm
HP-CNA-FC-Emulex-Enablement-Kit-11.4.334.2-1.sles12sp3.x86_64.rpm
HP-CNA-FC-Emulex-Enablement-Kit-11.4.334.2-1.sles15sp0.x86_64.rpm
27 SEP 2018
追記
SPP-Ready  当キットは Service Pack for ProLiant(SPP) に対応しており、サイト内リンク2018.09.0に同梱されています。
 当キットでは、Red Hat EL6(x86_64版), Red Hat EL7, SLES11(x86_64版), SLES12及び SLES15で HPE製 Fibrechannelストレージを使用する為の追加のライブラリを提供します。
 注) 当キットをインストールするには、予め libnl rpm(RHEL6,RHEL7,SLES11) 、libnl1 rpm(SLES12) 、libnl3 rpm(SLES15) 、libhbaapi rpm(RHEL6,RHEL7)及びlibHBAAPI2 rpm(SLES11, SLES12, SLES15)をインストールしておく必要があります。
 ドライバーパラメーター設定及びInitial RAM disk再作成機能は提供されなくなりました。下記 SPOCKサイトにある、HP Storage Array用 Native Device Mapper Multipath リファレンスガイドをご参照の上、手動設定してください(初回ユーザー登録必要)。
 サイト外リンクSPOCKサイト > 「Application Notes 」 > 「Solutions: Linux」

Brocadeドライバー関連

 Brocadeホストバスアダプター リリースノート
PDF Brocadeホストバスアダプター リリースノート 2015年 11月版(local) サイト外リンク(ftp-US)
Brocade用 HP Fibre Channel Enablement Kit
FILE HP-FC-Brocade-Enablement-Kit-5.0.0.0-3.x86_64.rpm 06-NOV-2014
追記
SPP-Ready  当キットは Service Pack for ProLiant(SPP) に対応しており、サイト内リンクSPPサプリ 2014.09.0 for RHEL66サイト内リンクSPPサプリ 2014.09.0 for SLES12サイト内リンク2015.04.0サイト内リンク2015.06.0サイト内リンクSPPサプリ2015.06.0 for SLES11/SP4サイト内リンクSPPサプリ2015.06.0 for RHEL67サイト内リンク2015.10.0サイト内リンクSPPサプリ2015.10.0 for RHEL72サイト内リンクSPPサプリ2015.10.0 for SLES12SP1サイト内リンク2016.04.0サイト内リンク2016.10.0サイト内リンクSPPサプリ2016.10.0 for RHEL73サイト内リンクSPPサプリ2016.10.0 for SLES12SP2サイト内リンク2017.04.0サイト内リンクG7.0サイト内リンクG7.1サイト内リンクGen8.0サイト内リンクGen8.1に同梱されています。
 当キットでは、Red Hat EL6(x86_64版), Red Hat EL7, SLES11(x86_64版),及び SLES12でHPE製 Fibrechannelストレージを使用する為の追加のライブラリを提供します。
 ドライバーパラメーター設定及びInitial RAM disk再作成機能は提供されなくなりました。下記 SPOCKサイトにある、HP Storage Array用 Native Device Mapper Multipath リファレンスガイドをご参照の上、手動設定してください(初回ユーザー登録必要)。
 サイト外リンクSPOCKサイト > 「Application Notes 」 > 「Solutions: Linux」

よく聞かれる質問

よく聞かれる質問 FAQ・・・よく聞かれる質問に Fibre Channelに関するものを用意しています。

旧版となった技術文書、ドライバーモジュール

旧版リンク [ProLiant向け]旧版となった技術文書、ドライバーに関してはサイト内リンクこちらをご覧ください。
[Integrity向け]旧版となった技術文書、ドライバーに関してはサイト内リンクこちらをご覧ください。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項