Jump to content 日本-日本語
製品  >  ソフトウェア  >  *BSD

SmartArray P408i-a SR Gen10コントローラー

*BSD

did you know?

導入事例
リンク
What's New[BSD]

product

ハードウェア
サービス
全製品価格一覧
PDFカタログ

support

技術文書
FAQ
保証について
非動作レポート

他のPC UNIX系

Linux
サイトマップ
HPE製品にLinuxを導入される方向けに、必要な技術情報をご紹介します。
コンテンツに進む
25-JUN-2018 ,revised 14-SEP-2018
 本ページの内容は限られた評価環境における動作結果、動作させるための情報を報告しているだけであり FreeBSDの全ての動作を保証するものではありません。また、動作確認に関する情報等はあくまでも 動作確認であり、動作の保証をするものではありません。詳細な情報についてはサイト内リンク保証についてをご覧ください。
FreeBSD-tested systems

動作確認済みハードウェア

本機をサポートしているインテルサーバ全般

インストーラにて自動認識・起動可能な *BSD

FreeBSD R10.2 ×*
FreeBSD R10.3 ×*
FreeBSD R11.0 *
FreeBSD R11.1 *
FreeBSD R11.2
OpenBSD R6.3 ×
* Microsemi社提供ドライバ利用時

本機のモードについて

 本機は従来の SmartArrayで利用されていた RAIDモードと HBAモードを同時に利用する事が可能となった Mixedモードとなっておりコントローラ側での設定は不要です。

RAIDモードでの自動リビルドと、ログへの記録について

 FreeBSDの場合、HDD障害時に HDDを修理・交換する事でシステムを稼動させたままの自動リビルドが可能です。また、ディスクの障害、リビルドの発生と終了等は /var/log/messagesに記録されなくなりました。

iLO5の WEB I/F上での状況表示

 本機と本機に接続されたデバイスの状況は iLO5の WEB I/Fから状況を確認する事が可能です。但し、電源断時、POST時にはそれらの状況に遷移する前の状況を表示しています。

Microsemi社提供ドライバについて

 Microsemi社から FreeBSD用 smartpqiドライバとして `smartpqi_freebsd_v1.0.1-239.tgz`が サイト内リンクこちらで提供されています。本ドライバは FreeBSD R11.2未満で必要なものです。以降の記載はこの Microsemi社提供ドライバを利用した際のものとなります。
 HPEはユーザの利便性向上のために、SmartArrayに対して対応表明が行われていない本ドライバの動作が可能か否かを簡易的に確認しました。対応確認したのは ProLiant DL360 Gen10でファームウェアは Service Pack for ProLiant(SPP) 2018.06.0を適用した環境です。本ドライバを利用しての運用は HPEは推奨しません。テスト目的での運用での利用を推奨します。
FreeBSD R10.2用ドライバをロードした後に kernelを起動すると kernel panicが発生し、利用が確認できなかった。本作業は R10.x用に予め RBSUで x2apicを disabledにした環境である。なお、Legacy(BIOS)モードでのみ確認し、 UEFIモードでの動作は未確認
FreeBSD R10.3用ドライバは Can't find kernelが表示されロードできず。敢えて R10.2用ドライバでのロードは可能だったがインストール終了後の再起動で `mountroot>`プロンプトで停止した。ufs:/dev/da0p2を直接指定するも成功せず。なお、Legacy(BIOS)モードでのみ確認し、UEFIモードでの動作は未確認
FreeBSD R11用ドライバは R11.0にて、Release Notes通りの方法で利用が可能。USB-keyの抜き差しのタイミングとしては bootstrap loaderがロードされる以前に USB-keyを装着しておきインストールが終了し再起動後に POST画面に遷移してから USB-keyを外す必要がある。R11.2がリリースされていない 6月 20日時点で #freebsd-update install -r 11.1-RELEASEの実行と再起動後の起動が可能な事も確認した。詳細はサイト内リンクR11.0インストールフローを参照のこと。
FreeBSD R11用ドライバは R11.1にて、R11.0とほぼ同様に利用が可能であった。但し、インストール後の #pkg add smartpqi11x-amd64.txzをすると `no manifest found`となり実行できなかったが、これはドライバのアップデートによるパッケージ管理の面では将来便利だとは思うが現時点の正式サポートではない状況ではパッケージが導入できずとも問題はないと思われる。詳細はサイト内リンクR11.1インストールフローを参照のこと。
ちなみに、FreeBSD R11.2 RC2では smartpqiドライバが実装され且つインストールも可能な事から、実運用は R11.2の RELEASE版からにする事を強く推奨する

本機の機能と特徴

SmartArray P408i-a SR Gen10コントローラー
物理形状 Type-aモジュラー(専用スロット)
PCI-Express Gen3対応、x8レーン
HDDプロトコル 12G SAS、6G SATA
キャッシュ FBWC(Flash Backup Write Cache)
RAIDレベル 0/1/5/6/10/50/60/1 ADM/10 ADM
RAID/HBAモード Mixedモード(同時利用可能)
物理ドライブ 最大 238台
論理ドライブ 最大 64台
 P408i-a SR
infomation 製品に関する詳細はサイト外リンクこちらをご覧ください。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項