開催概要

デジタルデータの生成が爆発的に急増している中で、ワールドワイドのデータ生成量は予測をはるかに超え2025年には163ZBになるという予測も出ています。その内容は自動運転や健康情報モニタリング、スマートグリッド、スマートメータ、HEMSなど、新規分野のデータが増えるペースが速く、またストレージの世界でも「オールフラッシュストレージ」「ソフトウェアデファインドストレージ(SDS)」「ハイパーコンバージドインフラ(HCI)」など、多様な選択肢が登場し、またその選択基準も「信頼性」「パフォーマンス」など様々で、それに呼応するように新たな技術「HVMe」「SCM」なども出てきています。このように市場がにぎわっている中、HPEのストレージがどのように進化していくか、またどんな戦略を取っていくかを、HPE本社 ストレージ製品ヴァイスプレジデントよりご紹介します。また、HPEストレージをご利用のユーザー様より、ストレージ導入プロジェクトに至った経緯や導入後の効果について、「ここでしか聞けない話」をご講演いただきます。

<このイベントで得られること>
・ここでしか聞けないユーザー様講演、次世代IT基盤の変革事例
・IoT、AI、AR/VR、ディープラーニングなどのトレンド活用事例
・CTO、エバンジェリストからの最新ITテクノロジー動向
・オールフラッシュ、ハイパーコンバージドなどの最新ソリューション実機展示

開催日: 2018年10月2日(火)
開催時間: [セッション]15:30〜18:20(受付開始:15:00)
[  懇   親   会  ]18:30〜
※展示コーナーは15:00〜オープンしております。
会場: 東京コンファレンスセンター・品川
主催: 日本ヒューレット・パッカード株式会社
協賛: インテル株式会社
定員: 250名
受講対象者: IT戦略・企画の立案に携わる方、ITインフラの導入・決定に携わるテクノロジスト

プログラム

HPE ストレージフォーラム 2018 案内状ダウンロード(PDF:204KB)

時間 内容
15:30〜15:35 ご挨拶

日本ヒューレット・パッカード株式会社
ハイブリッドIT製品統括本部 統括本部長
本田 昌和

15:35〜16:10 自律型データセンターとインテリジェントストレージ 〜AI活用により自動化されたデータセンターの未来〜  
AI、IoT、ビッグデータという最近のバズワードとも取れる最新テクノロジーを、すでに約10年活用しているHPEストレージ。知能(Intelligent)を搭載したストレージが促進するデータセンターの未来を、最新のイノベーションとともにご紹介します。

Ivan Iannaccone
3PAR Vice President & General Manager
Hewlett Packard Enterprise

16:10〜16:30 アナリティクスとAIを加速 〜エッジ からクラウドまで〜
アナリティクスをもっと高度化して、競争力を産み出したい、データ爆発にともない、人に依存した今の処理では追いつかない、普通のビジネスパーソンにも使いやすいアナリティクスはないのか…。データが経営資源としてますます重要な位置を占めるなか、アナリティクス、AI、そしてそれを支えるデータ基盤には、正しい戦略と正しい投資が求められています。インテルは幅広いエコシステム・パートナーとともに、エッジからクラウドまで、アナリティクスとAIを最適化する取組みを加速させており、その一端を紹介します。

インテル株式会社
シニア・データセンター・アーキテクト
郡司 茂樹 様

16:30〜17:00 【事例講演】NTTぷららプライベートクラウド基盤更改におけるストレージ選定ポイント
サービス基盤にはサービス品質を維持しつつ、多様化するワークロードへの対応が求められます。その基盤の更改においては運用を含めたコスト低減も考慮しなければなりません。
今回は、NTTぷららのISP、ひかりTVの各種サービスシステムが稼働しているプライベートクラウド基盤更改において、オールフラッシュストレージの選定ポイントについて紹介します。

株式会社NTTぷらら
ネットワーク管理部 マネージャ
大橋 峰延 様

17:00〜17:20 休憩 - 製品展示 -
17:20〜17:50 【事例講演】東急建設における仮想基盤導入事例
東急建設では2016年秋にサーバー仮想化の基盤を更新し、そのストレージとしてNimbleStorageを使用しています。2年間運用してみた実際の管理性やパフォーマンスについて紹介します。

東急建設株式会社
経営戦略本部 ICT戦略推進部
システムセンター

センター長 志田 広毅 様
前保 俊洋 様

17:50〜18:20 データの価値がお金よりも高い時代に! デジタルトランスフォーメーション時代に求められるストレージとは?
半導体やネットワークの進化により、今ではコンピュータ技術を使えばアイデア次第で出来ない事はほぼ無いと言われています。
そんな中、今後鍵を握るのは間違いなく"データ"です。そんな大事なデータを支えるストレージ技術も今では千差万別。デジタルトランスフォーメーションに追随し、生き残るためのストレージ戦略とは?誰も教えてくれない貴重なノウハウを綺麗にまとめて大公開します!

日本ヒューレット・パッカード株式会社
データプラットフォーム統括本部
技術本部 本部長
川端 真

18:30〜 懇親会・展示

 : 同時通訳あり
※プログラム、タイトルは、予告なく変更される場合があります。
※ブラウザに古い情報が残っている場合がありますので、最新のセミナー情報は、ブラウザの「更新」ボタンをクリックしてご覧いただくことをおすすめします。

 

お申し込み方法

※今回の受付は終了いたしました。

お申し込みに関する個人情報の取り扱いについて

お申し込み時にいただきました情報については、本セミナーの連絡に使用させていただきます。
また、日本ヒューレット・パッカード株式会社からのご案内(イベント・セミナー、キャンペーン、製品・サービス情報の紹介)と顧客満足度調査にも使用させていただきます。(但し、情報提供を必ずしもお約束するものではありません。)
日本ヒューレット・パッカードは、個人情報につき必要な保護措置を行ったうえで、弊社個人情報保護方針に従いお取り扱いいたします。

 

お問い合わせ:セミナー事務局

お問い合わせ

※本お問い合わせフォームへの広告や迷惑メール等の送信はお断り致します。

ただ今、お問い合わせのメールフォームに不具合が発生しています。
お手数をおかけしますが、下記のEメールアドレスにご連絡ください。
call.hpe@hpe.com

※本お問い合わせフォームへの広告や迷惑メール等の送信はお断り致します。

お問い合わせに関する個人情報の取り扱いについて

ご送信いただきました個人情報は、今回ご送信いただいたご質問に対する回答のご返信の為のみに利用します。
日本ヒューレット・パッカード株式会社は、個人情報につき必要な保護措置を行ったうえで、弊社個人情報保護方針に従いお取り扱いいたします。