開催概要

コンテナ利用はアプリ開発部門には大きなメリットがある一方、データやアプリケーションのコンテナ移行、ステートフルなコンテナの利用、移行後のコンテナ基盤管理には検討すべきポイントが多数あり、適切に検討を進めなければITインフラ管理部門へ新たな業務負荷がかかってしまいます。本セミナーでは、アプリ開発部門、ITインフラ管理部門両側面でのコンテナのエンタープライズ利用を実現する「Red Hat OpenShfit Container Platform」について、導入・運用における勘所、オンプレでOpenShiftを実装するならこの構成!といったHPEソリューションでのてっぱん構成をご紹介します。

開催日: 2018年7月11日(水)
開催時間: 15:00〜17:30(受付開始:14:30)
会場: フクラシア東京ステーション 5階 L会議室
主催: 日本ヒューレット・パッカード株式会社
協賛: レッドハット株式会社
定員: 40名
受講対象者: ITマネージャー、IT戦略に関わる方、コンテナ利用を検討中の方、コンテナ利用に課題を持つ方、コンテナプラットフォームにお悩みの方

プログラム

時間 内容
15:00〜15:05 開会のご挨拶
15:05〜15:50 コンテナ利用を促進するRed Hat OpenShift Platform
Red Hat OpenShiftは、Dockerとkubernetesのエンタープライズ利用を実現するコンテナ・アプリケーション・プラットフォームです。OpenShiftを使用すれば容易に短時間で構築、開発、デプロイを行えます。本セッションでは、OpenShiftの製品概要と活用事例、導入効果をご紹介します。

レッドハット株式会社
テクニカルセールス本部 ミドルウェアソリューションアーキテクト部
シニアソリューションアーキテクト OpenShiftスペシャリスト
須江 信洋 様

15:50〜16:20 エンタープライズKubernetes導入の考え方とポイント
コンテナオーケストレーションの事実上の標準としてKubernetesが注目されていますが、実際にエンタープライズでの導入を行う上では、セキュリティ、ネットワーク、パーシステンス、ライフサイクルなど、考慮しなければならない点は多々あります。OpenShiftとその周辺エコシステムの構成パターンを含む、Kubernetes導入におけるベストプラクティスを紹介します。

日本ヒューレット・パッカード株式会社
Pointnext事業統括 ハイブリッドIT技術本部
Lead Architect
吉瀬 淳一

16:20〜16:35 休憩
16:35〜17:15 エンタープライズでコンテナ利用を支えるHPEソリューション
ITシステム全体の最適化を図るためには、コンテナを利用するプラットフォームも見直しが必要です。
HPEが提供するプラットフォームは従来のハードウェアで課題となっていた可変性を実現し、APIでの管理が可能です。HPE x RedHatソリューションで実現するお客様への付加価値について、デモを交えご紹介します。

日本ヒューレット・パッカード株式会社
ハイブリッドIT事業統括 ラウドプラットフォーム統括本部
クラウドソリューション本部 ソリューション開発部
片山 嘉彦

17:15〜17:30 本日のまとめ、質疑応答

※プログラム、タイトルは、予告なく変更される場合があります。
※ブラウザに古い情報が残っている場合がありますので、最新のセミナー情報は、ブラウザの「更新」ボタンをクリックしてご覧いただくことをおすすめします。

 

お申し込み方法

※今回の受付は終了いたしました。

お申し込みに関する個人情報の取り扱いについて

お申し込み時にいただきました情報については、本セミナーの連絡に使用させていただきます。
また、日本ヒューレット・パッカード株式会社からのご案内(イベント・セミナー、キャンペーン、製品・サービス情報の紹介)と顧客満足度調査にも使用させていただきます。(但し、情報提供を必ずしもお約束するものではありません。)
日本ヒューレット・パッカードは、個人情報につき必要な保護措置を行ったうえで、弊社個人情報保護方針に従いお取り扱いいたします。

 

お問い合わせ:セミナー事務局

お問い合わせ

※本お問い合わせフォームへの広告や迷惑メール等の送信はお断り致します。

ただ今、お問い合わせのメールフォームに不具合が発生しています。
お手数をおかけしますが、下記のEメールアドレスにご連絡ください。
call.hpe@hpe.com

※本お問い合わせフォームへの広告や迷惑メール等の送信はお断り致します。

お問い合わせに関する個人情報の取り扱いについて

ご送信いただきました個人情報は、今回ご送信いただいたご質問に対する回答のご返信の為のみに利用します。
日本ヒューレット・パッカード株式会社は、個人情報につき必要な保護措置を行ったうえで、弊社個人情報保護方針に従いお取り扱いいたします。