開催概要

ITによる「働き方改革」の話題が広がるなか、そのITを業務とするIT部門は「連休や週末のメンテナンス作業」や「24時間のシステム監視体制」など、意外にも働き方改革が進んでいない現実があります。
このIT部門の切実な課題に応えるため、グローバルテクノロジーベンダーであるHPEとRed Hatは、オープンソースで大人気の「Ansible」をエンタープライズのシステム運用に活かす新しいソリューションや、仮想化の先を行く先進の「コンテナ」ソリューションを2018年より提供しております。日本国内での導入事例や、オープンソースやコンテナと聞くと敷居が高く感じられる方向けの“かんたん” “シンプル” “リーズナブル”なHPE×Red Hat共同パッケージもあわせてご紹介予定です。
人気のHPE×Red Hatセミナーが初めて福岡に上陸。奮ってご参加ください!

開催日: 2019年1月18日(金)
開催時間: 15:00〜17:30(受付開始:14:30)
会場: JR博多シティ会議室
主催: 日本ヒューレット・パッカード株式会社
協賛: レッドハット株式会社
定員: 30名
受講対象者: ITマネージャー、IT戦略に関わる方、コンテナ利用を検討中の方、ハイブリッドなITリソース活用をご検討の方、IT運用管理業務の効率化を図りたい方、自動化に関心のある方

プログラム

時間 内容
15:00〜 ご挨拶

日本ヒューレット・パッカード株式会社

コンテナとは?インフラを自動化してラクするとは?
〜 IT部門を強力に支援するレッドハットの製品戦略

IT部門が日々の運用業務を効率化して“自身の働き方改革”を実現するにあたり、「コンテナ」「自動化」という新しい方式が広がっています。本セッションでは、この2つのキホンから、IT部門を運用改善を支援する「Red Hat Ansible Automation」やコンテナを実現する「Red Hat OpenShift Container Platform」の製品特長など、国内導入事例を交えてご紹介いたします。

レッドハット株式会社

HPE×Red Hatの自動化・コンテナソリューション
〜 オンプレミスで始める徹底講座

自動化やコンテナは「どこに」採用していけばよいのでしょう?
「どのような」システムを選択するのが理想でしょうか?
これらの2020年代の技術を採用していくにあたって重要なポイントや現実解を徹底的に伝授いたします。
あわせて、オープンソースに不安な方やはじめての導入に最適な「コンテナShiftパック」「あんしんAnsibleパック」もご案内する予定です。

日本ヒューレット・パッカード株式会社

〜17:30 本日のまとめ、質疑応答

※プログラム、タイトルは、予告なく変更される場合があります。
※ブラウザに古い情報が残っている場合がありますので、最新のセミナー情報は、ブラウザの「更新」ボタンをクリックしてご覧いただくことをおすすめします。

 

お申し込み方法

※満員御礼につきお申込みの受付を終了させていただきました。

お申し込みに関する個人情報の取り扱いについて

お申し込み時にいただきました情報については、本セミナーの連絡に使用させていただきます。
また、日本ヒューレット・パッカード株式会社からのご案内(イベント・セミナー、キャンペーン、製品・サービス情報の紹介)と顧客満足度調査にも使用させていただきます。(但し、情報提供を必ずしもお約束するものではありません。)
日本ヒューレット・パッカードは、個人情報につき必要な保護措置を行ったうえで、弊社個人情報保護方針に従いお取り扱いいたします。

 

お問い合わせ:セミナー事務局

お問い合わせ

※本お問い合わせフォームへの広告や迷惑メール等の送信はお断り致します。

ただ今、お問い合わせのメールフォームに不具合が発生しています。
お手数をおかけしますが、下記のEメールアドレスにご連絡ください。
call.hpe@hpe.com

※本お問い合わせフォームへの広告や迷惑メール等の送信はお断り致します。

お問い合わせに関する個人情報の取り扱いについて

ご送信いただきました個人情報は、今回ご送信いただいたご質問に対する回答のご返信の為のみに利用します。
日本ヒューレット・パッカード株式会社は、個人情報につき必要な保護措置を行ったうえで、弊社個人情報保護方針に従いお取り扱いいたします。