開催概要

新型コロナウイルスの猛威により、社会の仕組みは大きく変わろうとしています。今こそ企業は変革に向けた取り組みを加速するべきではないでしょうか?クラウドネイティブ技術をベースとしたコンテナ基盤の導入は、サービス開発の高速化やITシステムの柔軟性を向上させ、企業の競争力を高めてくれます。一方、オンプレミス環境においてコンテナ基盤を導入する際の懸念点として、運用業務の煩雑化があります。このセミナーでは、コンテナ基盤を活用するために必要な組織の変革や、インフラおよびミドルウェアレイヤーにおける自動化、そして複雑化した運用のシンプル化に向けた指針をご紹介致します。

開催日: 2020年7月9日(木)
開催時間: 14:00〜16:10
会場: オンラインセミナー
主催: 日本ヒューレット・パッカード株式会社
共催: レッドハット株式会社
受講対象者: IT企画の立案に携わる方、ITシステム部門で開発や運用に携わる方

※日本ヒューレット・パッカード株式会社、レッドハット株式会社の競合となる企業様からのお申込みはお断りさせて頂く場合がございます。ご了承ください。

プログラム

時間 内容
14:00〜14:30 【組織の変革】
IT組織におけるクラウドネイティブへのアプローチ

DevOpsやアジャイル開発を取り入れることでエンドユーザに対する価値を最大化させ、成功を収めることが近年企業にとって重要視されるようになってきました。そこにはコンテナオーケストレーションといった新技術に積極的に挑戦・活用していく姿があります。本セッションでは、そうした時代において、IT組織が対処していくためのアプローチをご紹介します。

日本ヒューレット・パッカード株式会社
WW Pointnext Advisory & Professional Service Hybrid IT Practice
シニアコンサルタント/アーキテクト
磯貝 哲也氏

14:30〜15:00 【OpenShiftによる運用の効率化】
自律的に行われるコンテナ運用の世界

コンテナ基盤を導入したものの、Kubernetes管理は難しいと聞いたことはないでしょうか?OpenShiftでは、Operatorを活用することで自律的なコンテナ運用を目指しています。コンテナ運用が自律化することで、今後どのように既存の運用プロセスが変わるのかをご紹介します。

レッドハット株式会社
テクニカルセールス本部
Cloud Solution Architect / OpenShiftアーキテクト
北山 晋吾氏

15:00〜15:30 【インフラレイヤーの自動化】
「自動化〜コンテナ」まで次世代ITインフラに必要な要素とは

自動化の推進、コンテナの活用はユーザーのビジネス価値を高め、利便性の向上にも繋がる一方で、今までと異なるプラットフォームによる運用方法、データの取り扱い、ネットワークや管理体系の設計等、考えるべきポイントは多岐に渡り、適切に検討を進めていく必要があります。本セッションでは、次世代のIT基盤として必要な要素を整理し、最適なHPEのプラットフォームをご紹介します。

日本ヒューレット・パッカード株式会社
ハイブリッドIT事業統括プロダクトアーキテクト統括本部製品技術本部
サーバーソリューション部ITスペシャリスト
片山 嘉彦氏

15:30〜16:00 【継続的な運用改善とさらなる自動化】
複雑化した運用をシンプルに!運用負担を軽減するために考えるべき3つのこと

コンテナ運用を考える上での課題の1つは自動化が困難な領域のプロセス化です。また既存環境との整合性を含めた運用設計も重要となり、様々なアーキテクチャーの混在する環境では、新しい監視方式を取り入れるなど大きな変化も必要となります。本セッションでは、複雑化が進むIT環境における運用負担の軽減に向けた3つの指針をご紹介します。

日本ヒューレット・パッカード株式会社
Pointnext事業統括OSソリューション推進本部
ソリューションアーキテクト
飛岡 知明氏

16:00〜16:10 QAコーナー/クロージング

※プログラム、タイトルは、予告なく変更される場合があります。
※ブラウザに古い情報が残っている場合がありますので、最新のセミナー情報は、ブラウザの「更新」ボタンをクリックしてご覧いただくことをおすすめします。

 

お申し込み方法

※今回の受付は終了いたしました。

ただ今、お申し込みのメールフォームに不具合が発生しています。
お手数をおかけしますが、時間をあけて再度お試しください。
なお、お急ぎのお申し込みの場合には、下記のお問い合わせに記載のEメールアドレスにご連絡ください。

お申し込みに関する個人情報の取り扱いについて

お申し込み時にいただきました情報については、日本ヒューレット・パッカード株式会社及び、レッドハット株式会社により本セミナーの連絡に使用させていただきます。また、日本ヒューレット・パッカード株式会社及び、レッドハット株式会社からのご案内(イベント・セミナー、キャンペーン、製品・サービス情報の紹介)と顧客満足度調査にも使用させていただきます。(但し、情報提供を必ずしもお約束するものではありません。)
日本ヒューレット・パッカード株式会社及び、レッドハット株式会社は、個人情報につき必要な保護措置を行ったうえで、各社の個人情報保護方針に従いお取り扱いいたします。
日本ヒューレット・パッカード株式会社
レッドハット株式会社

 

お問い合わせ:セミナー事務局

お問い合わせ

※本お問い合わせフォームへの広告や迷惑メール等の送信はお断り致します。

ただ今、お問い合わせのメールフォームに不具合が発生しています。
お手数をおかけしますが、下記のEメールアドレスにご連絡ください。
call.hpe@hpe.com

※本お問い合わせフォームへの広告や迷惑メール等の送信はお断り致します。

お問い合わせに関する個人情報の取り扱いについて

ご送信いただきました個人情報は、今回ご送信いただいたご質問に対する回答のご返信の為のみに利用します。
日本ヒューレット・パッカード株式会社は、個人情報につき必要な保護措置を行ったうえで、弊社個人情報保護方針に従いお取り扱いいたします。