HPE教育サービスでは、VMware認定コースに加え、HPEオリジナルコースも提供しています
資格取得を目標とされる方はVMware認定コースを、短期間で習得したい方はHPEオリジナルコースが適しています
どのスキルを向上されたいのか、ご希望に合わせてVMware認定コースまたはオリジナルコースを選択することができます

HPE教育サービスで実施するVMware認定コース

各VMware製品の知識習得および資格取得を目的とされる方に適したコースです

コース名 コースコード 日数 受講料(税抜)
VMware vSphere: Install, Configure, Manage [V6.5] H2UX3S 5 ¥430,000
VMware Horizon : Install, Configure, Manage [V7.0] H0DR6S 5 ¥430,000
VMware vSAN: Deploy and Manage [V6.6] H0DR5S 3 ¥260,000

VMware認定コースフロー

VMware vSphere: Install, Configure, Manage [V6.5] VMware Horizon 7: Install, Configure, Manage [V7.0] VMware vSAN: Deploy and Manage [V6.6]

HPE教育サービスで実施するVMware認定コースの特徴

ほぼ毎週開催

VMware vSphere Install, Configure, Mnagerコースは月に約3回開催を予定しています
「すぐ受講したい!」のご希望に応えるスケジュールで開催しています
<コーススケジュール>
http://h50146.www5.hpe.com/services/education/teiki/seihin/SH-IASERVER.html


実機を使用した演習環境

HPE教育サービスで実施する次の3コースは、実機の演習環境を準備しています。

  • VMware vSphere: Install, Configure, Manage [V6.5] ※1人で2台の物理サーバー環境を準備しています
  • VMware Horizon: Install, Configure, Manage [V7.0]

機器は、HP Proliant DL 360 + HP 3PAR StorageServ (FC)を使用しています。

HPE教育サービス VMware vSphere オリジナルコース

各VMware製品の必要な知識を短期間で学習したい方に適したコースです
物理サーバーを1人1台または2台を使用し演習を中心に進めますから、実機での経験がより理解度を深めます


HPE教育サービスでは、2018年からVMware vSphere製品の次の3コースを提供します

基礎編:vSphereに初めて関わる方を対象とします。vSphereの構築/設計や運用を担当されるエンジニアの方、vSphere製品を取り扱うプリセールスの方に最適です

構築編:中〜大規模環境の構築/設計に関わるエンジニアの方に最適です

運用管理編:vSphere仮想基盤の運用管理に関わる方に最適です。またvSphereによるリソース制御を前提に設計されるエンジニアの方にお勧めします

コース名 コースコード 日数 受講料(税抜き) 最小催行人数
VMware vSphere 管理入門
(2018年3月終了)
H0AL5S 1 ¥65,000  
VMware vSphere 基礎編 H8PT3S 2 ¥130,000 2人
VMware vSphere 構築編 H8PT0S 1 ¥70,000 2人
VMware vSphere 運用管理編 H8PT1S 1 ¥70,000 2人

※管理入門コースは、2018年4月以降「基礎編」に変更となります

VMware vSphere オリジナルコースフロー

VMware vSphere 基礎編 VMware vSphere 構築編 VMware vSphere 運用管理編

HPEが提供するvSphere仮想化健康診断サービス

VMware社提供の監視ツール「VMware vRealize Operations (vROps)」を使用し、vSphere仮想基盤の可視化および現状を分析します。
仮想基盤の分析結果と改善方法をお知りになりたい場合はAssessmentサービスをお勧めします。
アセスメントと同時に運用方法の改善を検討されていらっしゃる場合はLive Assessment サービスをお勧めします。
また、実践的な活用方法を習得するためにvRealize Operations (分析編)を提供します

サービス名 サービスコード 料金 提供形式
Assessmentサービス H6LV0X お問い合わせください 報告会 (1時間)
Live Assessmentサービス H6LV1X ¥300,000 ワークショップ (半日)
vRealize Operations Manger (実践活用編) U4241X ¥500,000 1社向けトレーニング(1日)

※Assessmentサービスの料金については、こちらへお問い合わせください。

※vRealize Operations Manger (実践活用編)は、1社向け5名様までの料金です

診断サービスのフロー

Assessmentサービスの特徴

仮想基盤は、キャパシティとパフォーマンスの2つの視点でシステム全体を把握する必要があります。
2つの視点の分析結果から、ハードウェアの更新時など正しいサイジングへ導くことが可能です。
こちらのサービスでは、Wordの報告書を提出します。報告書には分析結果だけではなく簡単な改善方法も提示します。

Live Assessmentサービスの特徴

vRealize Operationsから得た結果を、ワークショップに参加されたみなさんと一緒に分析します!
参加者でディスカッションすることによって、現状把握だけではなく、今後の運用方法を見直す機会にもなります。
また、vRealize Operationsをインストールしたけれども、最適な活用方法がわからないとお困りの方にもお勧めです。
実際の環境を使用しながら、データの分析方法についてレクチャーします。

VMware vRealize Operations Manager 実践活用編の特徴

vvRealize Operations Managerの実践的な活用方法に注力したHPE教育サービスオリジナルコースです
製品の操作説明ではなく実際の分析方法が主な内容です
vSphere仮想基盤の運用に必須のリソースコントロールの知識を理解することから始め、理解度を確認するための分析の課題も実施します

◆コース概要

1. パフォーマンスおよびキャパシティ管理

2. VMware vRealize Operationsのアーキテクチャ

3. VMware vRealize Operationsの画面構成

4. VMware vRealize Operationsを使用した分析@

5. VMware vRealize Operationsを使用した分析A

6. VMware vRealize Operationsを使用した分析B

7. (演習)分析してみましょう!