Jump to content 日本-日本語
≫ お問い合わせ

サービス

コース詳細

HPE教育サービス

キャンペーン情報

キャンペーン一覧

定期コース

全コース一覧
製品別コースフロー
コーススケジュール
取得可能資格一覧
カタログデータシート
コースお申込
受講規定
お取引条件書

おトクな受講権

HPE Training Credits

一社向け研修

一社向け研修サービス

eラーニングソリューション

e-ラーニング・サービス

会場案内

よくあるご質問(FAQ)

認定試験

HPE認定プロフェッショナル・プログラム

パートナー関連サイト

イベント・セミナー情報

HPE education world wide

教育サービスサイトマップ

サイトマップ

本社会場で受講しよう!昼食無料、リフレッシュできます
HPE教育サービス ガイド発行しました
HPE教育サービス紹介動画
Training Credits DirectPlusにてオンライン販売中
コンテンツに進む
コースコード コース名
U4199S [受講料変更]TACL programming
日数   受講料
4日間( 10:00〜17:00 ) ¥280,000(税抜)
カテゴリ名
NonStop Server研修コース
スケジュール
スケジュール表はこちらから
≫ コースお申込フォームへ
概要
コマンド・インタープリタの拡張コマンド言語であるTACLの使い方と、プログラミング言語としてのコーディング方法を解説します。基礎的な内容に加えて、例外処理を含む高度なコーディング方法を解説します。また、演習を通じてTACLプログラミングに習熟します。

このコースを修了すると次のことが出来るようになります。
  • セグメント・ファイル
  • MACROとROUTINE関数の作成
  • 変数の編集
  • サーバ関数の作成
  • 例外処理を扱う関数の作成
  • デバッグ
前提条件
Concepts and Facilities for NonStop Systems(U4147S)の受講終了およびプログラミングの経験があること
対象者
NonStop Server上で運用/管理(または設計/開発)を担当される方
コース内容
  1. TACLの機能概要
  2. TACLの変数
  3. ディレクトリとセグメント
  4. 変数の編集
  5. MACRO関数の書き方(この中ではTACLの組み込み関数の使用例を説明)
  6. デバッグ機能
  7. ROUTINE関数の書き方
  8. 構造体の使い方
  9. Inline処理
  10. サーバ・ファイルの関数の書き方
  11. 例外処理の扱い方

このページのトップへ

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項