Jump to content 日本-日本語
≫ お問い合わせ

サービス

コース詳細

HPE教育サービス

キャンペーン情報

キャンペーン一覧

定期コース

全コース一覧
製品別コースフロー
コーススケジュール
取得可能資格一覧
カタログデータシート
コースお申込
受講規定
お取引条件書

おトクな受講権

HPE Training Credits

一社向け研修

一社向け研修サービス

eラーニングソリューション

e-ラーニング・サービス

会場案内

よくあるご質問(FAQ)

認定試験

HPE認定プロフェッショナル・プログラム

パートナー関連サイト

イベント・セミナー情報

HPE education world wide

教育サービスサイトマップ

サイトマップ

本社会場で受講しよう!昼食無料、リフレッシュできます
HPE教育サービス ガイド発行しました
HPE教育サービス紹介動画
Training Credits DirectPlusにてオンライン販売中
コンテンツに進む
コースコード コース名
H9Z98S 基礎から学べる実践SQL
日数   受講料
2日間( 9:30 〜 16:30 ) ¥70,000(税抜)
カテゴリ名  
PostgreSQL/データベース関連研修コース
スケジュール
スケジュール表はこちらから
≫ コースお申込フォームへ
概要
このコースでは、データベースに対してデータの処理要求を行なう際に使用するSQLの書き方を基礎から学習します。SQLは基本構文がシンプルなこともあり、使い始めの敷居は高くありません。しかし、SQLは奥が深く、実際のシステム開発では、簡単なSQLだけでは対応できません。そのため、正しいSQLの知識を身に付けることは非常に重要です。
このコースではSQLの学習を基本的な内容から始め、さらに応用的なSQLの記述までできるように基礎をしっかりと固めます。テキストには図解や表が多用されているため、視覚的に理解しやすくなっています。また、初心者の陥りやすいミスや、上級者向けのパフォーマンスに関するコラムも掲載されています。研修の冒頭では、研修環境と同じ環境を作成する方法も紹介するため、継続して学習を続けることができるようになります。

このコースを修了すると次のことが出来るようになります。
  • WHERE句においてさまざまな条件の指定ができる
  • データのソートを行なう
  • CASE式を使用できる
  • 関数を使用できる
  • GROUP BY句を用いて集計を行なう
  • HAVING句を使用して集計結果を絞り込む
  • 3つ以上のテーブルの結合を行なう
  • 内部結合や外部結合を正しく使い分ける
  • 副問合せを正しく理解し、適切に使用する
  • データの追加、更新、削除を行なう
前提条件
「データベース入門」をご受講、または同等の知識をお持ちの方
対象者
• データベース初心者
• データベースを用いたシステムの開発者
コース内容
  1. 環境構築とデータベース入門の振り返り
    - データベース環境を作ろう
    - RDBMSとSQL
    - 環境作成手順
    - テーブル
    - リレーションシップ
    - SQL Server Management Studio Express
     
  2. 基本的なSELECT文のおさらい
    - この章の位置づけ
    - この章に登場するテーブル
    - SQL文を記述する際の注意点
    - データ検索の基本
    - データの並べ替え
     
  3. SELECT文を更に使いこなす知識
    - SELECT句のさまざまな指定
    - 論理演算子ANDとORの評価の優先順位
    - LIKE演算子におけるエスケープ文字の使用
    - (参考)ORDER BY句に対する列名以外の指定
     
  4. 関数
    - 関数
    - 文字関数
    - 数学関数
    - 日付関数
    - 変換関数
    - 関数のネスト
     
  5. 集計関数とグループ化
    - 集計関数
    - 集計関数とGROUP BY句
     
  6. 複数テーブルからのデータ取得
    - 結合とは
    - 内部結合(INNER JOIN)
    - 外部結合(OUTER JOIN)
    - 自己結合
    - 3つのテーブルの結合
    - 非等価結合
    - 結合文における検索条件の書き方
     
  7. 副問合せ
    - 副問合せを利用するケース
    - 単一行副問合せ
    - 複数行副問合せ
    - エラーになる副問合せはどれでしょう?
    - NOT INを使用した副問合せの注意事項
    - (参考)非相関副問合せと相関副問合せ
    - (参考)FROM句に指定する副問合せ
    - (参考)EXISTS句を使用した相関副問合せ
    - (参考)副問合せの書き換え(EXIST→IN)
    - (参考)副問合せの書き換え(結合)
     
  8. データの追加、更新、削除
    - 行の挿入
    - データの更新
    - データの削除
     
  9. テーブルとインデックスの作成と削除(オプション)
    - テーブル
    - インデックス
※本コースはトレノケート株式会社主催コースです。

このページのトップへ

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項