At a glance
スケジュールと申し込み Microsoft University Windows OS関連研修コース スケジュール
コースお申込フォーム
コースコード H9Z83S
日数(開始時間〜終了時間) 1日間 (9:30〜16:30)
実施方法 ・クラスルーム (新宿LC)
受講料 ¥60,000(税抜)

コースの概要

本コースでは、Windows Server 2012 R2の「リモートデスクトップサービス」を使ったセッションベースのデスクトップ展開と、仮想マシンベースのデスクトップ展開(VDI: Virtual Desktop Infrastructure)について学習します。

学習目標

  • リモートデスクトップサービスを構成する
  • リモートデスクトップWebアクセスとRemoteAppを構成する
  • VDI環境を構築し、個人用仮想デスクトップを作成する
  • VDI環境を構築し、仮想デスクトッププールを作成する

前提条件

以下のコースを受講済みと同程度の知識
・「Windows Server 2012 のインストールおよび構成 (#23410)」(H4D00S)

または、以下のすべて
・Windows Server 2012システム管理基礎(前編) (H8N48S) 受講済みと同程度の知識
・Hyper-Vの構成と管理 (H0LL6S) 受講済みと同程度の知識
・DHCPサーバーの構成と管理の知識

主な対象者

  • シンクライアントソリューションを提案するSE
  • シンクライアント環境を構築するITエンジニア

コースの説明

1. デスクトップ仮想化ソリューション
・デスクトップ管理の課題
・リッチクライアントの利用
・シンクライアントの利用


2. リモートデスクトップサービスのインストール
・リモートデスクトップサービスの基本構成
・リモートデスクトップサービスのインストール手順
・リモートデスクトップサービスの管理ツール
・リモートデスクトップサービスの可用性と負荷分散
・ユーザープロファイル
・リモートデスクトップクライアント


3. セッションベースのデスクトップ展開(リモートデスクトップ)
・リモートデスクトップサービスの準備
・リモートデスクトップセッションホスト
・リモートデスクトップWebアクセス
・RemoteApp


4. 仮想マシンベースのデスクトップ展開(VDI)
・VDIの準備
・仮想マシンホスト
・クライアントOSの展開
・クライアントOSの管理(個人用仮想デスクトップ)
・クライアントOSの管理(仮想デスクトッププール)
・RemoteApp
・Windows Server 2012 R2の便利な機能


5. その他のリモートデスクトップサービス
・リモートデスクトップゲートウェイ
・リモートデスクトップライセンスサーバー


実習/演習/ デモ内容
Lab1. 演習環境の確認
Lab2. リモートデスクトップサービスのインストール
Lab3. セッションベースのデスクトップ展開
Lab4. 仮想マシンベースのデスクトップ展開
Lab5. リモートデスクトップゲートウェイの構成(オプション)


※本コースはトレノケート株式会社主催コースです。