At a glance
スケジュールと申し込み クラウド研修コース
コースお申込フォーム
コースコード H6C68S
日数(開始時間〜終了時間) 3日間 (本社10:00〜18:00)
実施方法 ・クラスルーム (本社)
1社研修・オンサイト研修
受講料 210,000円(税抜)

コースの特徴

  • 日本語のテキストを使用
  • 一人3台の実習環境を使用
  • Open Stack®のアーキテクチャから機能まで理解できる
  • 最初の試験に不合格でも合格するまで無料で再受験ができます。
<お客様の声>
  • 基礎コースということでしたが、予想以上に色々な観点から教えてもらうことができ、かつ演習も盛り沢山で非常に満足しました。
  • とても分かりやすい解説と適切なサポートをいただけました。ありがとうございました。
  • 講師の方のスキルが高く、体系的な理解に役立った。
  • 運用を行う上で必要な基礎知識を得ることができた。

コースの概要

このコースは、OpenStack®を使ったクラウド・サービスを設定し、管理し、操作する管理者とユーザーに必要な技術を学んでいただきます。
アーキテクチャの概念から学んでいきますので、さまざまなOpenStack®の機能の理解を深めることができます。
演習では、一人3台の実習環境を使いながら OpenStack®の各機能の使用方法を学ぶことができます 。

【認定証のPDF提供】
2018年1月より、認定試験合格後に発行される認定証はPDFでのご提供となります。
認定証は試験機関のWebサイトよりダウンロードできます。

主な対象者

  • OpenStack®環境を計画、管理するシステム管理者、エンジニア、コンサルタント

前提知識

演習を行う上で、Linuxの基礎知識が必要です。またクラウドの概要を理解している必要があります。
もし上記の経験の少ない方はまずは以下のコースの受講をお勧め致します。

  • UNIX / Linux ユーザ基礎(51489S)
  • Linuxシステム管理(HL035S)
  • クラウドコンピューティングの基礎<含EXIN認定試験>(HK922S)

コースの目的

このコースを受講すると以下のことができるようになります。

  • OpenStack®の主要な特徴の理解
  • OpenStack®のアーキテクチャを説明
  • OpenStack®環境の構成
  • OpenStack®環境を使用したIaaS環境の管理

コースの説明

このコースでは以下のトピックを扱います: (内容は変更となる場合がございます)

1. コース概要
  • コースの内容と目的
2. OpenStack®の紹介
  • OpenStack®の概要
    a. OpenStack®の利点
    b. OpenStack®の機能
    c. OpenStack®の歴史と今後の計画
  • HPEとOpenStack®の関係
  • OpenStack®アーキテクチャー
  • OpenStack®サービスAPI(アプリケーションプログラミングインターフェイス)
  • OpenStack®のインストールと構成
3. OpenStack®管理ツール
  • OpenStack®管理ツールの概要
    a. RESTクライアント
    b. cURL
    c. OpenStack® CLIクライアント
    d. OpenStack®ダッシュボード(Horizon)
  • OpenStack®管理ツールの概要
  • 演習
    a. RESTクライアントを使用する
    b. cURLを使用する
    c. OpenStack® CLIクライアントを使用する
    d. OpenStack®ダッシュボード(Horizon)を使用する
    e. データベースに保存されているOpenStack®情報の確認
4. Keystone(統合認証機能)
  • Keystoneの概要
    a. アイデンティティの管理
    b. サービスの管理
    c. 認証/権限付与のプロセス
    d. 各種用語の説明
  • Keystoneのアーキテクチャ
    a. 内部コンポーネント
    b. バックエンド
    c. 構成ファイル
    d. API v2とv3の違い
  • Keystoneの管理
    a. ユーザー、テナント、ロールの管理
    b. CLIを使った管理
    c. Horizonダッシュボードを使った管理
  • Keystoneのトラブルシューティング
  • 演習
    a. CLIを使ったKeystoneの設定
    b. ダッシュボードを使ったKeystoneの設定
    c. サービス・カタログとAPIアクセスの確認
5. Glance(仮想マシンイメージの管理)
  • Glanceの概要
    a. Glanceの機能
    b. Glanceで使用例
  • Glanceのアーキテクチャ
    a. 内部コンポーネント
    b. バックエンド
    c. フォーマット
    d. 構成ファイル
  • Glanceイメージ
    a. 事前に構築されたイメージ
    b. カスタムイメージの作成方法
    c. イメージの要件
    d. Cloud-init
  • Glanceの管理
    a. イメージの管理
    b. Glanceによるイメージの作成と設定
    c. CLIを使用したGlanceの操作
    d. ダッシュボードを使用したGlanceの操作
  • Glanceのトラブルシューティング
  • 演習
    a. CLIを使ったイメージの管理
    b. ダッシュボードを使ったイメージの管理
6. Nova(インスタンスの作成、管理)
  • Novaの概要
    a. Novaの機能
    b. Novaの用語
  • Novaのアーキテクチャ
    a. 内部コンポーネント
    b. サポート対象のハイパーバイザー
    c. 構成ファイル
    d.インスタンス作成までの内部
  • OpenStack®環境の分離
    a. リージョン
    b. アベイラビリティゾーン
    c. ホストアグリゲート
  • Novaの管理
    a.インスタンスの作成
    b. セキュリティグループ
    c. キーペア
    d. 固有のデータの確認
    e. インスタンスの管理
  • Nova Scheduler
    a. スケジューリングとは
    b. Nova Schedulerの機能
  • Novaのトラブルシューティング
  • 演習
    a. Novaの設定
    b. Novaを使用したインスタンスの作成と管理
7. Neutron(ネットワーク管理)
  • Neutronの概要
    a. Nova-networkとNeutronの違い
    b. Neutronの機能
    c. フローティングIP
    d. その他用語
  • Neutronアーキテクチャと使用例
    a. Neutronのコンポーネント
    b. 構成例
    c. VLAN
    d. オーバーレイネットワーク
    e. GRE
    f. VXLAN
    g. Network namespace
    h. Open vSwitch
    i. 構成ファイル
  • Neutronの管理
    a. ネットワークの作成
    b. サブネットの作成
    c. ポートの作成
    d. 各種ネットワークとインスタンスの関係
  • Neutronのトラブルシューティング
  • 演習
    a. Neutron設定の確認
    b. Neutronネットワークの作成
    c. インスタンスのネットワーク設定の確認
8. Cinder(ブロック・ストレージ)
  • Cinderの概要
    a. エフェメラルストレージと永続的ストレージの違い
    b. Cinderの機能
    c. Cinderとその他ストレージ機能との違い
    d. その他用語
  • Cinderのアーキテクチャ
    a. Cinderのコンポーネント
    b. Cinderのサービス
    c. 構成ファイル
    d. バックエンド構成
  • Cinderの管理
    a. ボリューム作成
    b. ボリュームのアタッチ
    c. ボリュームの削除
    d. ボリュームからのブートボリュームの作成
    e. スナップショット
  • Cinderのトラブルシューティング
  • 演習
    a. Cinderによるボリューム管理
    b. CLIでのボリュームの作成と追加
9. Swift(オブジェクトストレージ)
  • Swiftの概要
    a. オブジェクトストレージとは
    b. Swiftの機能
    c. アカウント、コンテナ、オブジェクト
    d. その他の用語
  • Swiftのアーキテクチャ
    a. Swiftのコンポーネント
    b. リング
    c. コンシステンシープロセス
  • Swiftの管理
    a. コンテナの作成と管理
    b. オブジェクトの作成と管理
  • Swiftのトラブルシューティング
  • 演習
    a. Swift設定の確認
    b. アカウントとセキュリティの管理
    c. コンテナ、オブジェクトの作成と管理(CRUDオペレーション)
10. Ceilometer(メータリング)
  • Ceilometerの概要
    a. Ceilometerの機能
    b. ユースケース
    c. その他の用語
  • Ceilometerのアーキテクチャ
    a. Ceilometerのコンポーネント
    b. 構成ファイル
    c. データの保存
    d. アラーム
  • Ceilometerの管理
  • Ceilometerのトラブルシューティング
  • 演習
    a. Ceilometerの設定の検査
    b. 測定データの収集
11. Heat(オーケストレーション)
  • Heatの概要
    a. Heatの機能
    b. 用語
  • Heatのアーキテクチャ
    a. Heatのコンポーネント
    b. Heat テンプレート
  • Heatの管理
    a. テンプレートの作成
    b. スタックの作成
    c. スタックの確認
  • Heatトラブルシューティング
  • 演習
    a. Heatサービスの開始と設定
    b. テンプレートの作成
    c. スタック作成と確認
12. その他のOpenStack®プロジェクト
  • Askara (ネットワークオーケストレーション)
  • Barbican (鍵管理)
  • Designate (DNS-as-a-Service)
  • Ironic (ベアメタルプロビジョニング)
  • Manila (共有ファイルサービス)
  • Sahara (データ処理)
  • Trove (Database-as-a-Service)
  • Zaqar (マルチテナントクラウドメッセージング)
13. OpenStack®設計計画 ・ハードウェアの検討事項
  • サービスの分離と配置