At a glance
スケジュールと申し込み 本コースは定期開催はございません。
一社研修にて承ります。
お問い合わせはdl1.cec@hpe.comまで
コースコード H1RX7X
日数(開始時間〜終了時間) 1日間 (10:00〜18:00)
実施方法 ・クラスルーム (本社)
1社研修・オンサイト研修
受講料 別途お見積もり

コースの概要

ITサービスの俊敏さと品質を改善するためにDevOpsを採用または採用を検討している方向けのコースです。
DevOpsの概念や価値観がビジネスにもたらすメリットを、演習によって体験学習します。
シミュレーション形式の演習により、座学ではピンとこない様々なプラクティスを実体験として納得、習得できます。
ベンダーに依存しないトレーニングです。

顧客の成功を牽引するためには、急速に変化していく事業環境に柔軟に対応する身軽さが必要です。サービスプロバイダには、提供するITサービスの価値にこだわるだけでなく、その鮮度を保ち続ける能力が求められているのです。変化についていけない企業は競争力を失います。
事業が抱える旬のニーズを解決する革新的な機能を矢継ぎ早にリリースし、かつ安定的に稼働するためには、事業、開発(Dev)、運用(Ops)のコラボレーションが不可欠です。
それには従来とは異なるアプローチやこれを可能にする文化が必要です。

前提知識

  • 基礎的なITコンピューター環境の知識と経験

主な対象者

  • 上級ITマネジメント、IT開発スタッフ、IT運用スタッフ、IT責任者、経営者、ビジネスプロセスの責任者
  • DevOpsが顧客の成功にどのように貢献できるかを理解したい方
  • DevOpsを採用した組織で、より効果的な運用を求められるITプロフェショナル

コースの目的

  • DevOpsの本質を探究し、体験します
  • DevOpsの文化と推奨される行動の原則を理解します
  • DevOpsがどのようにチームをより効率的かつ効果的にするのに役立つかを実践します
  • 自分の組織でDevOpsの原則を「実装する」方法を体得します
  • DevOpsの導入とその成功要因を理解します

「The Phoenix Project」について

日本語版:「The DevOps 逆転だ! 究極の継続的デリバリ−」
この書籍は、DevOpsの概念やメリットを小説で表現しており、DevOpsのバイブルと見なされています。
受講生はこの小説に登場するパーツ・アンリミテッド社の社員として、各々事業部、開発チーム、運用チームなどの役割を演じます。
財務的な危機状況にあるパーツ・アンリミテッド社を、DevOpsの様々な手法や技法を駆使して、一丸となって立ち直らせることを目標とします。
演習は4つのラウンドで構成され、PDCAサイクルを回しながら段階的にDevOpsの概念を学習できます。

演習で習得できるDevOpsの概念

  • プロセスフロー
  • 見える化
  • カンバン
  • ボトルネック
  • バリューストリームマップ
  • テストの自動化
  • フィードバック
  • コミュニケーション
  • コラボレーション
  • マルチファンクションチーム
  • 計画になかった作業
  • バックログ
  • WIP(仕掛り)の最小化
  • 行燈
  • バッチサイズの削減
  • 迅速なデプロイ(人、プロセス、テクノロジー)
  • 目標と価値に関するビジョンの共有
  • 事業、開発、運用
  • 継続的な学習と実験
  • コーチング
  • チームワーク